高校

部活動、入試、授業進度を熱心に質問 佐賀、唐津で高校進学相談会

55校が2会場で
佐賀県内の高校の魅力を発信して進学につなげようと、県教育委員会による「高校進学相談会」が19日、佐賀市と唐津市の2会場で開かれた。両会場で55校が出展。中学3年生らが熱心に質問し、学校生活を思い描いた。

高校の特色や魅力発信 オンラインで進学説明会

県内5地区で相談会も
佐賀県内の高校の魅力をオンラインで発信する進学説明会「SAGAハイスクールウェビナー」(県教育委員会主催)が2日、始まった。多くの高校の情報を知ってもらう目的で初めて実施した。

伊万里実高生が販売会 隔週開催、花やお菓子人気 Aコープいまり店

伊万里実業高農林キャンパスの生徒が10日、伊万里市立花町のAコープいまり店で販売実習を行った。学校のPRも兼ねて2020年度から取り組み、授業で手がけた花や野菜、菓子などを市価より安く売っている。

<ハンドボール>佐賀清和A制す(高校男子)

佐賀県春季選手権
第11回トヨタ紡織九州杯佐賀県春季総合ハンドボール選手権大会は23、24日、神埼市の神埼清明高校体育館などで高校男女と中学男女があり、高校の部は男子が佐賀清和A、女子は佐賀女子が制した。

佐賀県強化拠点校指定 県内中高41校 佐賀東で指定証交付

2024年に佐賀県で開催される国民スポーツ大会(国スポ)に向け、県は県内の中学、高校計41校を本年度の強化拠点校として指定した。佐賀市の佐賀東高では14日、山口祥義知事が生徒たちに指定証を手渡した。

スポーツ短信 佐賀市高校生弓道大会

◇佐賀市高校生弓道大会(3月27日・佐賀市立弓道場) 【男子】団体 (1)致遠館A(光山、平野、武内)(2)佐賀西B(3)致遠館E▽個人 (1)小林雅典(龍谷)(2)光山慈音(致遠館)(3)松本悠希(同) 【女子】…

佐賀県内の建設業、製造業など28社 佐賀工高生に魅力PR

県内企業の魅力を紹介し進路選択に役立ててもらおうと、佐賀工高(佐賀市)が、1、2年生と保護者を対象に「県内企業紹介会」を開いた。建設業や製造業など28社の採用担当者が業務内容や自社の魅力をアピールした。

ラグビー佐賀工、準決勝進出 全国高校選抜大会

全国高校選抜大会は28日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園などであり、佐賀県勢はラグビーの佐賀工が準々決勝で国学院栃木を20―19で制し、ベスト4進出を決めた。

選手ひとこと ビームピストル男子60発4位の井口聡太(北陵) 

ビームピストル男子60発4位の井口聡太(北陵) 3位を争っていたので悔しさが残るが、初めての全国を楽しめた。引き金を引く時にきれいに迷わず引けた。次は必ず表彰台に上る。

石井、日本一へ照準

○…ビームピストル女子60発で石井天菜(飛鳥未来)が、1年生ながら初の全国3位に輝いた。石井は「決勝では姿勢を真っすぐ保て、ゆっくり落ち着いて撃つことができた」と声を弾ませた。

ビームピストル石井(飛鳥未来)3位 全国高校選抜大会

全国高校選抜大会は26日、三重県営ライフル射撃場などであり、佐賀県勢はビームピストル女子60発の石井天菜(飛鳥未来)が3位入賞を果たした。

ハンド男子佐賀清和、3回戦へ 全国高校選抜大会

全国高校選抜大会は25日、愛知県のスカイホール豊田などであり、佐賀県勢はハンドボール男子の佐賀清和が2回戦で湯沢(秋田)を31―26で下し、3回戦に駒を進めた。同女子の佐賀清和は2回戦で敗れた。

ソフトボール佐賀女子、全国選抜2連覇を報告

全国高校女子ソフトボール選抜大会で2連覇を果たした佐賀女子高ソフトボール部が23日、佐賀に戻り、同校で優勝報告会を行った。生徒や教職員ら約70人が拍手で出迎え、喜びを新たにした。

<全国高校選抜>佐賀女子・ソフトボール 「ベンチ含め全員ヒーロー」有料鍵

ハイライト
「ベンチを含めた全員がヒーロー」―。ソフトボール女子は佐賀女子が2連覇を達成。昨夏の全国高校総体の悔しさを糧に、厳しい練習を一丸となって乗り越えた自信と力の勝利だった。 決勝の相手は昨夏の女王・山梨学院。

龍谷など3回戦へ 九州地区高校野球佐賀大会

第150回九州地区高校野球佐賀大会第2日は22日、佐賀市のさがみどりの森球場で2回戦3試合があり、龍谷、佐賀学園、東明館が3回戦へ進んだ。 第3日は23日、同球場などで2回戦5試合が行われる。

<全国高校選抜大会>佐賀東準V なぎなた女子団体 攻め強気に躍進有料鍵

なぎなた女子団体は佐賀東が昨年から一つ順位を上げ、準優勝を果たした。ポイントゲッターの中堅・内田優が、初戦から強気の攻めで2本勝ちを量産、チームの躍進を支えた。 準決勝は昨年と同じく川辺(鹿児島)との対戦。

<全国高校選抜大会・柔道>選手ひとこと有料鍵

底上げしたい 柔道男子個人66キロ級3位の大坪奨武(佐賀工) 組み負けた時にかわそうとしたが、相手は1本に決め切る技術があった。ウエイトや階段ダッシュなどに妥協せず取り組んできたが、まだ足りない。

<全国高校選抜・新体操男子団体>神埼清明・川内主将 総体見据え「精度上げたい」有料鍵

重圧をはねのけ、悲願の2連覇を成し遂げた。新体操男子団体の神埼清明は、構成、実施の両演技で最高点を出して頂点に立った。ほっとした表情を浮かべながらも「納得はいっていない」と川内珠羅(じゅら)主将。

佐賀女子、涙の17位 全国高校選抜新体操

○…新体操女子団体の佐賀女子は、18・70で17位。全員が悔し涙で目元を赤くした。チームリーダーの松本愛美は「練習の演技を本番に出し切れなかった。力不足。

神埼清明、圧巻2連覇 全国高校選抜新体操

全国高校選抜大会は19日、熊本市総合体育館などであり、佐賀県勢は新体操男子団体の神埼清明が、チーム初の2連覇を果たし、4度目の日本一に輝いた。
イチオシ記事