飲食店

記者日記 2年間で2度有料鍵

「保険にも入って備えているけど、何より浸水しないことが一番」。武雄市北方町で飲食店を開店する男性の口調は切実だった。店は2年の間に2度の浸水被害に遭った場所。選んだ理由を「やっぱり地元に店を出したかった。

佐賀など13県「まん延防止」解除 「乾杯」久しぶりに 県内、飲食や旅館“再出発”

新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が7日、佐賀など13県で解除された。

佐賀県内「まん延防止」6日まで 飲食店「客足戻るのか」 不安の中、通常営業へ有料鍵

佐賀県全域に適用されている新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が、6日までで解除となる。

<新型コロナ>佐賀県、時短要請など維持 3月6日まで「まん延防止」延長受け

政府は18日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、適用中のまん延防止等重点措置のうち、佐賀など17道府県の延長と、沖縄など5県の解除を決めた。

<新型コロナ>まん延防止延長へ 「第5波より厳しい」 佐賀県内飲食店、人出少なく休業も

「第5波の時より厳しい」「延長は仕方ない」…。佐賀県がまん延防止等重点措置の適用期限延長を国に申請した16日、県内の飲食店からは現状を憂う声が漏れた。

鳥栖市役所でテイクアウト販売 市内の飲食店応援

新型コロナウイルスで影響を受けている飲食店を支援しようと、鳥栖市は市役所1階市民コーナーをテイクアウト販売のため市内の飲食店に無償で貸し出した。平日の午後4~6時、出店者が日替わりで弁当などを販売する。

<新型コロナ>人まばら…「やれることを」 まん延防止時短、佐賀県内の表情は

新型コロナウイルスの感染再拡大で佐賀県に「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受け、県が飲食店に要請した営業時間短縮が27日、始まった。対象は県内全域で期間は2月20日までの25日間。

<新型コロナ>佐賀県内飲食店27日から時短 まん延防止、感染初の400人超有料鍵

新型コロナウイルスの感染拡大で佐賀県に「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受け、県は26日、具体的な要請内容を発表した。対象は県内全域で、期間は27日から2月20日までの25日間。

<新型コロナ>「現地認証チーム」発足 佐賀県が飲食店対応で態勢強化 「まん延防止」で申請急増

新型コロナウイルス対策の基準を満たした飲食店を認証する制度で、佐賀県は職員らが店舗に出向いて認証する「現地認証チーム」を発足させた。

飲食店支援で配達代行 多久市商工会青年部が試行

新型コロナウイルスの感染急拡大で厳しい経営環境にある多久市の飲食店を応援しようと、市商工会青年部(江里口翼部長)は登録店の料理を配達するサービスに取り組んでいる。

和風、洋風、韓国風など 恵方巻き商戦多彩に 佐賀県内のスーパー、飲食店

今年は「プチ贅沢」PR
2月3日の節分の日に向けて、佐賀県内のスーパーや飲食店では「恵方巻き」商戦が熱を帯びてきている。

<新型コロナ>まん延防止措置「少しでもダメージ減らしたい」早めの休業選んだ店も

佐賀県が「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請した24日、県内の飲食店からは、協力金の上乗せなど県の支援を評価しつつも、厳しい現状を憂う声が漏れた。

<新型コロナ>佐賀県、認証店に協力金上乗せ まん延防止、政府に要請

佐賀県は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請した。対象は県内全域、期間は27日からを想定し、飲食店には営業時間短縮を要請する。

<新型コロナ>飲食店のダメージ緩和策検討 佐賀県、まん延防止の時短要請で

24日に措置内容発表
佐賀県の山口祥義知事は21日、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」に伴う飲食店の営業時間短縮要請に関し、国の方針に沿った対応を基本としつつも「飲食店へのダメージを少しでも食い止める形を考えている」と述べ、協…

<新型コロナ>「仕方ない」「光見えたのに」県、まん延防止要請へ 飲食店、旅館は落胆

「仕方ない」「やっと光が見えてきたのに」-。

<新型コロナ>嬉野市、休業・時短協力求める 飲食店などに1月23日まで 協力金を給付

嬉野市は14日、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向にあるとして、人の流れを抑制するため、市内の飲食店と運転代行事業者に、休業や午後8時までの営業時間短縮の協力を求めることを決めた。

<新型コロナ>有田町での飲食、14日から1割引き

西松浦郡有田町と有田観光協会は11日、コロナ下の町内の飲食店支援と消費喚起策として、14日から飲食店の利用料金を1割引きするキャンペーンを実施すると発表した。

唐津のKARAE、飲食テナント募集 12月10日まで 内装費1000万円を補助

唐津市のまちづくり会社「いきいき唐津」は、運営する同市京町の複合商業施設「KARAE」の飲食店テナントを10日まで募集している。内装費1千万円を支援する。

【動画】お茶「ふくみ飲み」健康宣言 嬉野市、飲食前の習慣提案

うれしの茶の産地の嬉野市は、飲食前にお茶を口に含んで10秒ほど行き渡らせてから飲む「ふくみ飲み」を新たなライフスタイルとして提案する「お茶で健康宣言」を行った。

昼の愛敬通りにぎわいを 7日に「さが青空はしご」

新型コロナウイルスの感染拡大で苦境が続く佐賀市の繁華街「愛敬通り」のにぎわいにつなげようと、飲食店主らが7日、「さが青空はしご2021」と銘打った催しを開く。通りを歩行者天国にし、キッチンカーなどが出店。
イチオシ記事