連合佐賀

【参院選さが2022】連合佐賀が総決起集会

佐賀県内最大の労働団体「連合佐賀」(井手雅彦会長、178組合、約3万5千人)は4日、佐賀市で夏の参院選に向けた総決起集会を開いた。各産別の幹部ら約150人が出席。

女性のための電話労働相談 6月7,8日に連合佐賀

労働団体の連合佐賀は7、8の両日、「女性のための労働相談ホットライン」を開設する。

<参院選さが2022>連合佐賀が立民・小野氏に推薦通知

連合佐賀(井手雅彦会長)は20日、夏の参院選佐賀選挙区(改選数1)に立候補を予定している立憲民主党新人の小野司氏(45)=唐津市和多田=に推薦決定通知書を渡した。

連合佐賀の井手会長、任期途中で辞任へ 10月にも後任決定無料鍵

佐賀県内最大の労働団体連合佐賀(178組合、約3万5千人)の井手雅彦会長(56)が6月26日付で辞任する見通しであることが分かった。

<参院選さが2022>小野氏を推薦 連合佐賀が決定

今夏の参院選を巡り、県内最大の労働団体・連合佐賀(井手雅彦会長、178組合、約3万5千人)は12日、執行委員会を開き、佐賀選挙区(改選数1)で立憲民主党公認候補に内定している新人の小野司氏(45)=唐津市和多田=の…

<参院選さが2022>立民、国民、連合佐賀が3者協議、小野氏支援を確認

今夏の参院選を巡り、立憲民主と国民民主の両党の県連と、佐賀県内最大の労働団体・連合佐賀の3者による政治活動連携会議が11日、佐賀市であった。

<参院選さが2022>立民、小野氏を公認 連合佐賀に推薦願提出

立憲民主党は10日、東京都内で常任幹事会を開き、次期参院選佐賀選挙区(改選数1)の公認候補に新人の小野司氏(45)=唐津市和多田=を内定した。

連合佐賀「人への投資」訴え 3年ぶりメーデー集会

佐賀県最大の労働団体「連合佐賀」(178組合、3万5千人)の第93回県中央メーデーが29日、佐賀市のアバンセであった。新型コロナウイルス禍の3年目で初めて集会を開催した。

連合佐賀、3年ぶりメーデー集会 4月29日、アバンセ

佐賀県内最大の労働団体「連合佐賀」(井手雅彦会長)は第93回メーデーに伴う集会を、規模を縮小して29日に佐賀市のアバンセで実施する。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2年連続で中止しており、開催は3年ぶりとなる。

連合佐賀が県に中小企業支援要請 春闘の一環

連合佐賀(井手雅彦会長)は18日、春闘の一環で佐賀県に、新型コロナウイルス下の中小企業事業支援や医療従事者らエッセンシャルワーカーの処遇改善などを要請した。

賃上げへ「勝負の年」 連合佐賀、中央総決起集会

佐賀県内最大の労働団体、連合佐賀(井手雅彦会長)は2日、佐賀市の自治労会館で中央総決起集会を開いた。春闘の本格化に合わせ、産別労組の代表ら26人が、賃金引き上げや働き方の改善を求めていくことを確認した。

連合佐賀が労働相談 24日と25日、ホットライン

連合佐賀は24、25の両日、労働相談ホットライン=フリーダイヤル(0120)154052=を開設する。「STOP! 雇用不安」と題し、雇用や労働環境の悩みに応じる。

来年度予算編成で連合佐賀と県交渉 事業者支援など18項目

連合佐賀(井手雅彦会長)は19日、2022年度の県予算編成に向けて要求していた政策や制度に関し、県側と交渉した。新型コロナウイルスの影響を受けている産業分野や健康福祉分野などについて県の2部1局と意見を交わした。

井手会長を再任、連合佐賀定期大会

佐賀県内最大の労働団体「連合佐賀」(178組合、約3万5千人)は16日、佐賀市内で第17回定期大会を開き、井手雅彦会長を再任した。組織強化や多様性が尊重される社会の実現などを目指す今後2年間の運動方針も承認した。

<佐賀市長選>連合佐賀、古賀氏を推薦

連合佐賀は7日、任期満了に伴う10月の佐賀市長選で、立候補を予定している前市地域振興部長の古賀臣介氏(58)を推薦することを決めた。連合佐賀が県内の首長選挙で推薦決定をするのは初めて。

連合佐賀、知事に政策要求 雇用支援など12分野

連合佐賀(井手雅彦会長)は6日、2022年度の県予算編成に向けた政策・制度要求書を山口祥義知事に提出した。新型コロナウイルスの影響を踏まえた雇用支援など12分野25項目84事項を盛り込んだ。

働く女性の悩み、電話で相談対応 9日まで連合佐賀

連合佐賀は8日、働く女性を対象にした無料の電話相談を始めた。アドバイザーら6人が、パワハラなど職場での悩みを受け付けている。9日まで。 6月の「男女平等月間」に合わせた取り組みの一環で、全国一斉に実施。

春闘賃上げ平均妥結額4608円 連合佐賀4月末集計、地場は2643円有料鍵

2021年春闘の賃上げ交渉に関して、連合佐賀(井手雅彦会長)は4月末までの妥結状況をまとめた。

産業や教育分野、佐賀県の政策で交渉 連合佐賀、来年度予算編成で

連合佐賀(井手雅彦会長)は20日、2021年度の県予算編成に向けて要求していた政策や制度に関し、県側と交渉した。新型コロナウイルスの影響を受けている産業や教育分野などについて、五つの部や教育委員会と意見を交わした。

連合佐賀、立民支援を確認 原口、大串衆院議員が決意表明

佐賀県内最大の労働団体「連合佐賀」は17日、佐賀市で地方委員会を開き、次期衆院選に向け、推薦を決定している立憲民主党県連代表の原口一博衆院議員(佐賀1区)と県連最高顧問の大串博志衆院議員(佐賀2区)を支援する方針な…
イチオシ記事