諫早湾干拓問題
国営諫早湾干拓・潮受け堤防に関連したニュースや、連載、特集をまとめています。

諫早湾干拓訴訟25日判決 国、干拓地被害恐れ非開門 100億円基金で解決模索

諫早湾干拓事業で国は、潮受け堤防の排水門を開ければ海水が流入し、既に営農が行われている干拓農地に被害が出る恐れがあるなどとして「非開門」の姿勢を明確にしてきた。

「過去にない大凶作」有明海のノリの色落ち「特別な支援を」 衆院農水委で佐賀県関係国会議員

自民・古川康氏と立民・大串博志氏
佐賀県西南部の有明海で赤潮によるノリの色落ち被害が広がっている問題で、佐賀県関係の与野党議員2人が15日、衆院農林水産委員会で質問に立ち、「過去にない大凶作」として漁業者への特別な支援を政府に求めた。

<諫早湾干拓問題>山口知事と金子農相 意見交換詳報有料鍵

知事「有明海再生への道筋を」 農相「開門前提で話し合えない」
金子原二郎農林水産相が5日、佐賀県を訪れ、山口祥義知事や県有明海漁協の幹部らと意見を交わした。

「意見交換何だったのか」 金子農相引退 佐賀入り2日後表明

「おかしな話。あの場はいったい何だったのか」-。金子原二郎農相(77)が政界引退を表明した7日、佐賀県内の漁業関係者は不快感を示した。

知事「諫早干拓開門調査を」 金子農相来佐で意見交換有料鍵

金子原二郎農林水産相が5日、佐賀県を訪れ、藤津郡太良町で山口祥義知事や県有明海漁協幹部と、有明海の漁業不振を巡って意見交換した。

「諫早開門」巡り火花 山口知事 国の姿勢改めて批判 金子農相 長崎側の思い色濃く有料鍵

佐賀県のトップと長崎県の元トップの感情がぶつかり合った。金子原二郎農林水産相が出席し、ノリの不作や不漁が深刻さを増している佐賀県西南部の藤津郡太良町で5日に開かれた意見交換会。

農相「非開門、歴代大臣が踏襲」 諫早湾干拓開門問題で見解

3月5日に佐賀県知事らと意見交換
国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門を巡り、金子原二郎農林水産相は4日の閣議後会見で、開門せずに基金による和解を目指すとした2017年の大臣談話に触れ「歴代の大臣が踏襲して現在に至っている。

<県政展望・諫早湾開門問題>差し戻し審、3月に判決有料鍵

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門命令確定判決の効力を争う請求異議訴訟差し戻し控訴審で、開門を求める漁業者側と国の和解協議は実現しなかった。

諫早干拓開門訴訟、和解協議ならず 佐賀県知事、国の対応批判

「着地点見いだせない」
国営諫早湾干拓事業の開門確定判決の効力を争う請求異議訴訟の差し戻し控訴審が結審した1日、佐賀県の山口祥義知事は「国が『裁判での決着しかない』と言うのであれば、国自らの判断で開門が確定した2010年の判決は何だったの…

<諫早訴訟結審>「声上げ続けるほかない」 漁業者、話し合いでの解決訴え

諫早湾干拓事業の開門問題を巡って国と漁業者の和解は実現することはなく、福岡高裁での審理が終結した。漁業者側は「責任をとるべきなのに国は逃げ回るばかり」と批判した。

諫早湾干拓訴訟差し戻し控訴審、1日結審 和解協議入り断念、年度内判決へ

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の効力を争う請求異議訴訟の差し戻し控訴審の第7回口頭弁論が12月1日、福岡高裁(岩木宰裁判長)で開かれる。

<諫早湾干拓事業>金子農相が来佐、「基金で和解」維持有料鍵

弁護団と意見交換
国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題を巡り、金子原二郎農林水産相が20日、佐賀、長崎両県を訪れた。

<諫早湾干拓事業>有明海再生「開門しかない」 農相来佐 漁業者、窮状訴え有料鍵

「豊穣の海だった有明海の回復には開門しかない」-。

<諫早湾干拓事業>「開門調査含め原因究明を」 佐賀県知事、農相に有明海再生で提案有料鍵

金子農相就任後、初の面会
佐賀県の山口祥義知事は18日、農林水産省で金子原二郎農相と面会し、国営諫早湾干拓事業(長崎県)に関し「開門調査を含む有明海の環境変化の原因究明」などを求める提案書を提出した。

佐賀県知事と農相、18日面会へ 予算要望に合わせ農水省で有料鍵

佐賀県の山口祥義知事と金子原二郎農林水産相が18日に東京・霞が関の農水省で面会する方向で調整していることが、関係者への取材で分かった。

農相「知事に会いたい」 諫早湾干拓視察 佐賀訪問も面会予定なし

国営諫早湾干拓事業(長崎県)に関し、月内に佐賀県などを訪問する日程で調整している金子原二郎農林水産相は12日の閣議後会見で、山口祥義佐賀県知事との面会が予定されていないことについて「(訪問日程を)現在、調整している…

金子農相、20日に佐賀入り 諫早視察、山口知事とは会わず

10月に就任した金子原二郎農林水産相が20日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題を巡り、佐賀、長崎両県を訪れる方向で調整していることが関係者への取材で分かった。

「何一つ動かなかった」 諫早訴訟協議打ち切り 佐賀県内関係者、落胆の声有料鍵

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題を巡る訴訟の差し戻し控訴審で27日、和解に向けた漁業者側と国側の協議が打ち切りになった。

諫早訴訟、和解への協議打ち切り 福岡高裁 12月結審、年度内判決も

国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の効力について争う請求異議訴訟差し戻し控訴審の進行協議が27日、福岡高裁(岩木宰裁判長)であった。

【速報】諫早湾干拓事業訴訟、和解に向けた協議打ち切り 福岡高裁、12月に結審へ

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の効力を巡る請求異議訴訟の差し戻し審の進行協議が27日、福岡高裁(岩木宰裁判長)であった。
イチオシ記事