西九州大

西九州大でDXなど講座、受講者募集 8~9月、自治体職員向け

西九州大は自治体職員を主な対象とした公開講座「地域再生のためのデータサイエンス講座」と「フリーソフトによるDX講座」を8月と9月に開く。受講生を募集している。

ウクライナの平和、ヒマワリに願い込め 西九州大生が栽培 園芸療法実習の一環で

西九州大の学生がロシアの侵攻を受けるウクライナを支援しようと植えたヒマワリが、見頃を迎えている。

追突事故に気をつけるニャー 西九州大で交通安全イベント

サガブループロジェクトの一環で開催
佐賀県の交通安全キャラクター「マニャー」が事故防止を訴えるキックオフイベントが4日、神埼市の西九州大神埼キャンパスで開かれ、学生に安全運転や追突事故に注意することなどを促した。

<ボルダリング>「ジャパンカップ制し再び世界へ」W杯6位・大河内芹香に聞く

スポーツクライミングの大河内芹香(24)=佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟=が、6月10~12日にイタリア・ブリクセンであったボルダリングのワールドカップ(W杯)で自身最高の6位に入った。

地域に感謝、学校や病院などに花束贈る 小城ルーテルこども園

小城市の小城ルーテルこども園の園児たちが8日、近くの学校や病院など約40カ所に花束を届けた。キリスト教の「花の日」(6月の第2日曜)にちなんだ行事で、お世話になっている人たちに感謝の気持ちを伝えた。

<新型コロナ>西九州大、神埼市と連携のワクチン3回目接種 周知強化も利用伸び悩み

若年層での新型コロナウイルスワクチンの3回目接種推進を目的に、政府が進める大学と立地自治体との連携の一環で、西九州大の学生と職員計42人が28日、神埼市の集団接種会場で接種を受けた。

中国の大学と学術交流協定 西九州大 交換留学や教職員の相互派遣

西九州大と同大短大部は13日、中国の貴州民族大と学術交流協定を結んだ。交換留学生の受け入れや教職員の相互派遣を進め、健康福祉など専門分野を中心に研究や教育の充実につなげる。

「ソサエティー5・0」時代の栄養学とは 西九州大、佐賀市で学術講演会

医療ビッグデータ、AIなど紹介
西九州大は7日、大学院栄養学専攻博士課程の開設を記念した学術講演会を佐賀市のアバンセで開いた。

車いすテニス国別対抗・女子 日本初優勝、大谷選手(西九州大出身)が貢献

ポルトガルで8日(現地時間)まで開かれた車いすテニス国別対抗戦「The 2022 BNP Paribas World Team Cupポルトガル大会」の女子団体決勝で、日本がオランダを2―0で破り、日本勢女子として…

放課後児童クラブ開所 西九州大佐賀キャンパスに

西九州大佐賀キャンパス(佐賀市神園)の健康福祉・生涯学習センター内に放課後児童クラブ「さんこう児童クラブ」が新設され、16日に開所式が行われた。

西九州大・短大部、佐賀市で入学式 「成人」の希望と責任 胸に

西九州大(久木野憲司学長)と西九州大短大部(福元裕二学長)の入学式が7日、佐賀市文化会館で開かれた。大学、大学院、短大部合わせて662人が入学。

SSP選手の食事で連携 西九州大、佐賀新聞ライフマネジメント

スポーツ選手の育成や裾野拡大を目指す佐賀県の「SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想」に関連し、県と西九州大、佐賀新聞ライフマネジメントが覚書を交わした。

西九州大、短大部が卒業式 646人、感謝胸に未来へ第一歩

西九州大と同大短大部の卒業式が18日、佐賀市文化会館で行われた。大学・大学院の490人と短大の156人の卒業生が、それぞれの未来へ向けて第一歩を踏み出した。

「非認知能力」と幼児教育解説 オンライン講演、西九州大など

幼児教育で注目されている「非認知能力」について、関西外国語大の篠原郁子教授(発達心理学)が佐賀県内の幼稚園教諭らに説明するオンライン講演会が20日、開かれた。

教員養成へプロジェクト 西九州大と佐賀県教委が初会合

西九州大と佐賀県教育委員会の連携・協力協議会の初会合が15日、佐賀市で開かれた。「特別支援教育に強い教員養成」の調査・研究など教育課題に関する四つのプロジェクトに新年度から取り組むことを確認した。

シニア向け健康教養講座、受講生募集 西九州大

佐賀市神園の西九州大・同大短大部の健康福祉・生涯学習センターは、シニア向けに開講する「エルダーカレッジ」と「生きがいづくり教室」の新年度の受講生を募集している。

西九州大・同大短大部と木村情報技術が連携協定 AIやシステム開発で

西九州大と同大短大部は、佐賀市のIT企業の木村情報技術と連携協定を結んだ。本年度からデータ活用を学ぶ新科目「データサイエンス」を導入していて、人工知能(AI)に関する講義や学生向けサービスの充実などを図る。

光ったよ泥団子 西九州大短大部(佐賀市)でワークショップ

カラフルで光る泥団子を作るワークショップが23日、佐賀市の西九州大短大部であった。小学生とその家族の計15人が参加し、色を塗って磨く工程を繰り返しながら完成させた。

佐賀県と西九州大、SSP構想推進で連携協定 栄養研究の特性生かす

スポーツ選手の育成や裾野拡大を目指す佐賀県の「SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想」推進に関して、県と西九州大(久木野憲司学長)は21日、連携協定を結んだ。

大谷桃子選手、佐賀市長に報告 東京パラリンピック女子ダブルス銅メダル

市表彰特別賞も受賞
車いすテニスの大谷桃子選手(26)が16日、東京パラリンピックでの女子ダブルス銅メダル獲得を、坂井英隆佐賀市長と堤正之市議会議長に報告した。
イチオシ記事