脚光のキセキ

<脚光のキセキ>躍動の夏有料鍵

7月24日から競技が始まった全国高校総合体育大会「四国総体2022」も終盤戦に差し掛かっている。

<脚光のキセキ>最後の夏、最高の舞台に有料鍵

全国高校総合体育大会が24日、サッカーとバドミントンを皮切りに四国で開幕する。大会を前に学校を回り、目標や選手たちの大会に懸ける思いを聞いた。多くの3年生にとって最後の“大舞台”。

<脚光のキセキ>一人でも多くの声に有料鍵

ちょうど10年前。高校球児として甲子園を目指して戦った最後の夏に、取材を受けたことを覚えている。今年は初めて大会を取材する側に回った。

<脚光のキセキ>辞めて気付く バレーボール元日本代表の新鍋理沙さん有料鍵

「バレーをやってきて良かったと、引退してから感じている」。全日本学童軟式野球佐賀県大会決勝で始球式を務めたバレーボール女子元日本代表の新鍋理沙さん(久光スプリングス)は、懸命に白球を追う選手を見ながら口にした。

<脚光のキセキ>九州で強くなる有料鍵

「九州で上手になるのは難しい。だけど、ここで強くなりたいんです」。スポーツクライミング・ボルダリングの大河内芹香選手(西九州大出身、佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)はそう言った。

<脚光のキセキ>勝者のメンタリティ サガン鳥栖・朴一圭有料鍵

前半に3失点して敗れた磐田戦後、サガン鳥栖のGK朴一圭(パク・イルギュ)は「苦しいときこそ、自分たちのサッカーをやり続けることを共有できれば、前半大崩れすることはなかった」と冷静に分析した。

<脚光のキセキ>「求めるもの」 トヨタ紡織九州レットトルネード有料鍵

トヨタ紡織九州レットトルネードの練習場に何度か足を運んでいるが、初めて訪れたときに驚いことがある。練習開始と同時に、全選手が2チームに分かれ、ボールを蹴り始めた。

<脚光のキセキ>夢は実現するためにある有料鍵

佐賀北高元監督の百﨑敏克さん
新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の全国選手権と地区大会が中止となった2020年。「子どもたちに今伝えたいこと」と題し、07年の夏の甲子園を制した佐賀北元監督の百﨑敏克さん(当時副部長)を取材した。

<脚光のキセキ>指導者の言葉有料鍵

4日に幕を閉じた佐賀県高校総体。コートの外では力を出し切った選手たちに寄りそう指導者の姿も印象に残った。教え子たちの躍動を誇りに思い、これから先の人生の糧にしてほしい。そんな思いが言葉の端々から感じられた。

<脚光のキセキ>最高のボレーを求めて有料鍵

県高校総体のテニス男子団体。優勝した佐賀商の取材をしようと近づくと、こちらをじっと見つめる選手が一人いた。主将の伊藤旭飛選手。手招きをすると「やった」と、すぐに取材が始まった。

<脚光のキセキ>マネジャーの夏舞台有料鍵

「マネジャーやってきて良かった?」-。佐賀北陸上部の生方華蓮さんと百崎凜々愛さんは「はい」と笑顔でうなずいた。「これから生きていく上で、支える側がいないと成り立たないものもある」。

<脚光のキセキ>それぞれの思いを胸に有料鍵

第60回佐賀県高校総合体育大会が27日に開幕する。

<脚光のキセキ>愛された理由 佐賀バルーナーズ主将・石谷聡有料鍵

バスケットボール男子・Bリーグ(2部)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)で、今季主将を務めた石谷聡選手が現役を引退すると発表した。チーム最年長の36歳。「100%できていたことが99、98%になり、もどかしさがあった」。

<脚光のキセキ>佐賀への思い有料鍵

パリ五輪を目指すハードル選手が、再び「佐賀」を背負って戦う覚悟を決めた。佐賀県のアスリート支援「SSPハガクレアスリート」に認定された紫村仁美さん(鳥栖市出身)。

<脚光のキセキ>石井優希の涙の理由有料鍵

優勝を勝ち取ったわけでも、敗退が決まったわけでもない。そんな中でベテランが涙を流していた。「あれが素直な感情」。バレーボール女子・Vリーグ1部の久光スプリングス(鳥栖市)の石井優希選手は、涙の理由を教えてくれた。

<脚光のキセキ>反省より振り返り

スポーツ・コラム
「『反省』だと悪いところしか出てこない。だから、反省ではなく振り返って気付かせることが大切」。4月から戸上電機製作所陸上競技部のコーチになった飛松誠さんの言葉だ。自分のプレーを振り返り、見つめ直す。

<脚光のキセキ>噛みしめたゴール

スポーツ・コラム
ゴールを決めた後の喜びと安堵(あんど)感が入り交じった表情が印象的だった。23日のルヴァンカップ1次リーグの京都戦。

<脚光のキセキ>指揮官の本音

スポーツ・コラム
「プレーオフ(PO)進出は最低限の結果。内心、ほっとした」-。20日のホーム・奈良戦で勝利を収め、PO進出を勝ち取った後の取材で、佐賀バルーナーズの宮永雄太ヘッドコーチ(HC)が本音を語った。

<脚光のキセキ>礼に始まり、礼に終わる

スポーツ・コラム
高校野球九州大会に挑む東明館高の練習を取材した。 駐車場から歩いてグラウンドに向かうと、まだ距離があるのに、練習中の球児たちがこちらを向いて動きを止めた。3秒ほどの静寂の後、声をそろえてあいさつし、深々と頭を下げた。

<脚光のキセキ>後輩への伝え方

スポーツ・コラム
「多くを語るのではなく、姿勢を見て気付いてもらうことが大事。自分で気付かなければ人は変わらない」。7年ぶりに復帰し、2度目の主将に就任したサガン鳥栖の藤田直之選手に、後輩を指導する中で気をつけていることを聞いた。
イチオシ記事