県議会

災害時の不明者氏名公表 佐賀県が対応例示 救助への影響など勘案

佐賀県は23日、災害時などの行方不明者の氏名公表に関し、最近の全国的な事例に基づき、仮に県内で発生した場合の対応を例示した。

<新幹線長崎ルート>「フル規格の利点提示が先」 佐賀県議会一般質問 県、国との協議に関し見解

6月定例佐賀県議会は16日、一般質問2日目の質疑があった。

6月佐賀県議会開会、山口知事「知的財産の啓発を」 園芸ブランド不正流出受け

6月定例佐賀県議会は9日開会し、県は原油価格・物価高騰対策などを盛り込んだ43億6254万円の一般会計補正予算案など27議案を提出した。

「誤ったメッセージになりかねない」 佐賀県庁喫煙所設置で県医師会が県議会に反対陳情有料鍵

佐賀県議会が全会一致で採択した県庁敷地内に喫煙所の再設置を求める請願を巡り、県医師会は6日、県の禁煙継続を推進し、応援するよう求める陳情書を、県議会の藤木卓一郎議長宛てに提出した。

佐賀県庁の敷地内に喫煙所求める請願、山口祥義知事は否定的見解「設置は慎重に」

佐賀県議会が全会一致で採択した県庁敷地内に喫煙所の設置を求める請願を巡り、山口祥義知事は19日の定例会見で「県庁の取り組みが社会の先例になることも多く、受け止められ方を考えると慎重にならざるを得ない」と設置に否定的…

県議会委員会 構成現行通り 臨時佐賀県議会開会

副議長の選出や委員会構成を決める佐賀県議会の臨時議会が19日、開会した。本会議後の議会運営委員会では、四つの常任委員会と三つの特別委員会について現行通りとすることを決めた。

佐賀県議会閉会、当初予算など36議案可決 県議定数減へ条例改正

2月定例佐賀県議会は最終日の18日、過去最大規模となる5710億5800万円の2022年度一般会計当初予算案や、23年春の県議選から伊万里市選挙区の議席数を現行の3から2に減らし、全体の定数を38から37に削減する…

有明海西南部ノリ不作、救済求める意見書可決へ 佐賀県議会

佐賀県西南部の有明海のノリ不作を受け、県議会は17日、政府や国会に対し、有明海特措法22条に基づき漁業者への救済措置を求める意見書を、開会中の定例会に提出する方針を固めた。

<新幹線長崎ルート>低速フリーゲージ「意義見いだせない」 国交省、佐賀県議会特別委で見解

佐賀県議会新幹線問題対策等特別委員会(木原奉文委員長、12人)が16日に開かれ、九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉の整備方式見直しを巡り、国土交通省鉄道局幹線鉄道課の川島雄一郎課長らが参考人招致された。

<オスプレイ>自治会長らの面会「応じる」佐賀県議会特別委で九州防衛局長

佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を審議する佐賀県議会の特別委員会は15日、九州防衛局の伊藤哲也局長らを参考人招致し、計画の進捗状況などを尋ねた。

<新型コロナ>保健所職員10人、時間外100時間超 感染急拡大の1月、最長127時間

佐賀県「負担減に取り組む」
佐賀県議会の新型コロナウイルス感染症対策等特別委員会(中倉政義委員長、11人)は15日、質疑が行われた。

生活困窮世帯に学習支援 佐賀県、22年度から10町で実施

佐賀県議会は8日、文教厚生常任委員会の質疑があった。県は2022年度から新たに、県内10町の生活困窮世帯を対象にした学習支援事業を始める方針を示した。学びの機会を保障し、貧困の連鎖に歯止めをかける狙いがある。

きょうの県議会(3月9日)有料鍵

=常任委員会= 総務 (1)中本正一議員(公明)(2)徳光清孝議員(県民ネット)(3)西久保弘克議員(自民) 文教厚生 (1)木村雄一議員(公明)(2)宮原真一議員(自民) 農林水産商工 (1)武藤明美議員(共産)…

きょうの佐賀県議会(3月8日)

=常任委員会= 総務 現地視察 文教厚生 質疑(1)池田正恭議員(自民)(2)藤崎輝樹議員(県民ネット) 農林水産商工 現地視察 地域交流・県土整備 現地視察

<新幹線長崎ルート>佐賀知事「申し出あれば会いたい」 国交相、JR九州社長、長崎知事・・・次々代わる関係トップらと

佐賀県議会一般質問で
佐賀県の山口祥義知事は3日、九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉の整備方式を巡り、関係者のトップである斉藤鉄夫国土交通相、与党プロジェクトチーム(PT)の額賀福志郎座長、JR九州次期社長の古宮洋二氏、長崎県の大石賢…

<記者席>決議の責任有料鍵

ロシアによるウクライナ侵攻から約1週間。佐賀県議会は一般質問最終日の3日、即時撤退を求める抗議の決議案を全会一致で可決した。こうした決議は県内の市議会をはじめ、全国の地方議会で広がりつつある。

ロシアのウクライナ侵攻、佐賀県議会が抗議決議 全会一致で可決

佐賀県議会は3日の本会議で、ロシアによるウクライナ侵攻に抗議する決議を全会一致で可決した。ロシアの行動は国際法の深刻な違反で、国連憲章にも反しているとし、即時の攻撃停止と部隊の撤退を求めた。

きょうの県議会(3月3日)

=一般質問= 稲富正敏議員(自民・鄙の会)(1)県東部地域における高規格道路の整備(2)九州新幹線西九州ルート(3)財政運営 桃崎祐介議員(自民)(1)唐津プロジェクトの推進(2)農林業の振興(3)洋上風力発電事業…

<佐賀県議会一般質問>吉野ケ里遺跡5月から発掘再開 10年ぶり、作業常時公開

佐賀県議会は2日、一般質問2日目の質疑があった。山口祥義知事は国指定特別史跡の吉野ケ里遺跡(神埼市郡)の一角にある日吉神社の移転に伴い、約10年ぶりに再開する発掘調査について5月から始める考えを示した。

<記者席>使用済み核燃料の行方有料鍵

「国の核燃料サイクルの中核施設に位置付けられているものなので、大幅な遅れはわれわれも強い問題意識を持っている」。佐賀県議会の一般質問初日。
イチオシ記事