牛津町

牛津芦刈PRへ案内所 小城市観光協会、セリオに開設 スタッフ増員、まち歩き企画も

小城市観光協会は、牛津町の商業施設「セリオ」に観光案内所を開設した。小城町の本所に続く拠点で、有明海に面した芦刈町を含む市南部地域の観光振興に力を入れる。 1階のテナントに「牛津案内所」を構えた。

歴史映画「牛津から九州を統一した男」4月10日に牛津公民館で上映会

小城市 南北朝時代の室町幕府の武将が主人公
小城市牛津町を舞台に市民有志が手掛けた歴史映画「牛津から九州を統一した男」の上映会が10日、同町の牛津公民館で開かれる。南北朝時代の室町幕府の武将で、牛津などを拠点に九州を平定した今川了俊と弟の仲秋が主人公。

【動画】「映画でまちおこし」 牛津歴史映画、撮影終了

室町幕府の武将題材
小城市牛津町の歴史を題材にした市民有志による映画の撮影が終了した。南北朝時代の室町幕府の武将で、牛津などを拠点に九州を統制したとされる今川了俊と弟の仲秋が主人公。

商店街にクリスマスツリー登場 小城市牛津町でイルミネーション

小城市牛津町の商店街でイルミネーションが点灯している。JR牛津駅から牛津高まで約700メートルの街路樹に電飾が施され、今年は新たにクリスマスツリーやハートの形をした特製のモニュメントも登場した。来年1月15日まで。

【動画】牛津の歴史映画、撮影始まる

小城市民有志、今川兄弟描く
小城市牛津町の歴史を題材にした市民有志による映画の撮影が始まった。南北朝時代の室町幕府の武将で、牛津町などを拠点に九州を統制したとされる今川了俊と弟の仲秋が主人公。

他者の痛み分かる感性を 映画監督の土井敏邦さん、地元牛津で講演

紛争、被災者取材の経験語る
小城市牛津町出身のジャーナリストで映画監督の土井敏邦さん(68)の講演会が14日、地元の牛津公民館であった。

小城市、サッカー場建設へ 牛津総合公園周辺に新設

小城市は、佐賀県サッカー協会の提案を受けて検討していたサッカー場を牛津町に整備することを決めた。

<10市10町の仕事(9)>小城市 子育て、牛津活性化に重点有料鍵

2020年度予算
小城市が総合計画に掲げる「住みたいまち」の実現に向け、子育て支援や牛津町の都市再生整備に予算を重点的に配分した。

住民主体でまちづくり 「オール小城」の映画制作・田中正照さん有料鍵

令和に生きる(44)
佐賀県小城市小城町を舞台にした歴史映画の上映会が1月中旬、劇中に登場する牛尾山近くの公民館で開かれた。集まったのは30人ほどだったが「あの人が出とる」「私も映った」。

遺族提供ピアノ、住民たちが演奏 牛津の交流施設

小城市牛津町の交流施設で2日、ピアノのミニコンサートが開かれた。2年前に急逝した女性の遺族から贈られたピアノで、住民たちが感謝を込めて温かい音色を響かせた。

「ピアノ、地域に役立てて」所有者の遺族が提供 2月2日、演奏会でお披露目

牛津の交流施設に
佐賀県小城市牛津町の空き店舗を活用した交流施設に、1台のアップライトピアノが設置された。

豪雨災害乗り越え元気を 牛津町で産業まつり

80の出店並ぶ
小城市牛津町で10日、産業まつりが開かれた。8月末の豪雨災害を乗り越えて元気を取り戻そうと、市商工会が例年通り企画した。軒を連ねた出店に大勢の客が集い、浸水被害を受けた商店街が活気づいた。

<佐賀豪雨1カ月>奪われた日常、暮らし再考 被災地のいま

佐賀県内を中心に大きな被害をもたらした記録的な大雨から28日で1カ月となる。家屋への被害は5000棟を超え、農林水産や公共土木などの被害額は325億円超と平成以降、2番目の規模となった。

天井絵馬画家や生徒入魂 牛津町の乙宮社で「再生」協力

大名行列、小城藩の杏葉紋など 20年完成予定
高校美術部の生徒や画家が、小城市牛津町にある乙宮社の天井絵馬を手掛けている。氏子団体「奉賛会」(小石岩雄会長)が企画して呼び掛け、来年1月の完成を目指す。

小城市予算案、3.9%増216億円

牛津市街地開発に注力
小城市は6日、2018年度一般会計当初予算案を発表した。前年度当初比3・9%増となる総額216億1207万4千円。まちづくり整備や子育て支援を重視している。7日開会の定例議会に提案する。
イチオシ記事