減便

松浦鉄道、13本減便へ 9月ダイヤ改正 コロナ、燃料高で有料鍵

伊万里市、西松浦郡有田町などを結ぶ第三セクターの松浦鉄道(本社・佐世保市)は29日、9月23日からのダイヤ改正を発表した。

ANA佐賀―羽田便、6月は平日4往復に 週末は5往復運航

全日空(ANA)は10日、1日5往復10便の運航を計画していた佐賀空港発着の羽田便について、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、6月1日から30日までの平日(月~木)を4往復8便に減便すると発表した。

佐賀空港発着の羽田線、再び減便 27日から1日3~5便

全日空(ANA)は24日、新型コロナウイルス感染拡大以前の1日5往復に復便している佐賀空港発着の羽田便について、再び減便すると発表した。1月27日から2月末まで1日3~5往復になる。

肥前鹿島駅「交流の場に」 周辺整備テーマにシンポジウム

知事や市長ら意見交換
鹿島市のJR肥前鹿島駅の周辺整備とまちづくりを考えるシンポジウム(佐賀県主催)が7日、市生涯学習センターで開かれた。駅は、来年秋の九州新幹線長崎ルート暫定開業で特急が大幅に減便になる。

<新型コロナ>佐賀-成田線、10月以降も減便 春秋航空日本

春秋航空日本は17日、新型コロナウイルスの影響で減便している佐賀空港発着の成田便について、10月1日~12月28日は日曜だけの週1往復を運航すると発表した。減便前の水準は1日1往復。(円田浩二)。

<新型コロナ>佐賀-羽田線、10月は3往復

全日空(ANA)は9日、新型コロナウイルスの影響で減便している佐賀空港発着の羽田便について、10月も減便すると発表した。通常の便数は1日当たり5往復だが、各日とも3往復になる。(円田浩二)。

<新型コロナ>西鉄高速バス、福岡―佐賀線など減便 緊急事態宣言で

西日本鉄道(福岡市)は18日、福岡県を対象にした新型コロナウイルスの緊急事態宣言が20日から発令されることに伴い、西鉄グループが運行する高速バスの一部路線を減便すると発表した。

<新型コロナ>佐賀―羽田線、9月も減便

全日空(ANA)は12日、新型コロナウイルスの影響で減便している佐賀空港発着の羽田便について、9月も減便すると発表した。通常の便数は1日当たり5往復だが、2往復~3往復半になる。(円田浩二)。

<新型コロナ>佐賀-羽田便、8月下旬も減便

全日空(ANA)は27日、新型コロナウイルスの影響で減便している佐賀空港発着の羽田便について、8月23日から31日まで、1日当たり2往復を運航すると発表した。

<新型コロナ>西鉄高速バス、平日減便 福岡―佐賀、6月7日から

西日本鉄道(福岡市)は28日、福岡県を対象にした新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長に伴い、西鉄グループが運行する高速バスの一部路線をさらに減便すると発表した。

<新型コロナ>福岡-佐賀を土日祝14便減便 西鉄高速バス、5月15日から

新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受け、西日本鉄道(福岡市)は10日、西鉄グループが運行する高速バスについて一部の路線で減便すると発表した。

<新型コロナ>GW明けさらに佐賀―羽田、減便 ANA

全日空(ANA)は、新型コロナウイルスの影響で減便している佐賀空港発着の羽田便について、大型連休明けの5月6日~31日はさらに便数を減らし、1日当たり2~3往復を運航すると発表した。

<新型コロナ>羽田便、4月も減便 佐賀空港発着

全日空(ANA)は、新型コロナウイルスの影響で減便している佐賀空港発着の羽田便について、4月1日~28日も引き続き減便すると発表した。同1日~27日は1日当たり2往復を運航し、28日のみ2往復半となる。(円田浩二)。

成田、羽田便は減便 佐賀空港発着

春秋航空日本は12日、新型コロナウイルスの影響で減便している佐賀空港発着の成田便について、3月20日以降も一部を除き、10月末まで日曜のみの週1往復の運航を継続すると発表した。

西鉄高速バス減便 佐賀県内は福岡-佐賀と福岡空港-佐賀の2路線

新型コロナ特措法に基づき緊急事態宣言の対象地域が福岡県などに拡大したことを受け、西日本鉄道(福岡市)は15日、西鉄グループの高速バスの一部運行について運休、減便すると発表した。

沿線自治体「減便仕方ない」 JR九州は臨時列車への転換促進も示唆有料鍵

JR九州が18日に発表した来春のダイヤ改正で、佐賀県内の基幹路線である長崎線は特急4本が削減されるが、このうち3本は臨時列車として存続することになった。

<地域と交通・第3章「事業者」>(5)JR九州 企業論理、揺らぐ公共性

さが未来路
赤ペンで新聞記事に線を引いた。〈ローカル線を一企業だけで維持していくのは大変。地元の皆さんと知恵を出し合いたい〉。

<新型コロナ>佐賀-成田便、減便6月30日まで

春秋航空日本は8日、佐賀空港発着の成田便について、日曜日だけの週1往復に減らしている現在の運航スケジュールを6月30日まで続けると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う措置。

<地域と交通・コロナ禍の現場>(4)“視界不良”の佐賀空港 出張需要激減、高まる危機感有料鍵

“震源地”の中国とを結ぶ直通便がある。佐賀市川副町の佐賀空港は、県内でも早い段階から新型コロナウイルスの影響が及んだ。

〈新型コロナ〉全日空が運休期間延長 佐賀空港発着の羽田便

全日空(ANA)は28日、佐賀空港発着の羽田便を1日1往復に減らす措置を、5月31日まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要減などを理由としている。
イチオシ記事