活用

大町、江北町長が六角川、カヌーで“散歩” 川の活用方法や治水考察

有明海の干満を利用してオールをこがずに川を往復する“六角川カヌー散歩”を12日、流域の水川一哉大町町長と山田恭輔江北町長が体験した。月の引力が生み出す自然の力を体感し、イベントや観光への活用、流域治水などを考えた。

久保妙子さん(吉野ヶ里町)遺跡に寄付 吉野ケ里遺跡保存に活用

吉野ヶ里町の久保妙子さん(88)が佐賀県へ多額の寄付をし、県から感謝状が贈られた。

空き家活用気軽に話そう 所有者や利用希望者 4月7日から大手口ビルで

移住支援に取り組む唐津市のNPO法人「唐津Switch」は4月から、空き家の所有者や活用者、移住希望者が空き家について気軽に意見交換できる場を市内の大手口センタービル3階に設ける。

<一般質問ピックアップ>多久市 小中生の端末活用「指導法統一化が課題」

多久市議会の一般質問は16、17日に開かれ、全ての小中学生へのタブレット端末配備や農業者の高齢化対策などについて議員7人が質問した。

<小城市議選>コロナ感染予防で集会中止も 有権者「訴え届ける工夫を」

13日に投開票される小城市議選は、現職16人と新人6人の22人が20議席を争っている。新型コロナウイルスの感染予防で集会を控える動きが見られる中、インターネットを活用して浸透を図る候補者もいる。

多久市のドローン活用のまちづくり、東明館高生学ぶ

小型無人機ドローンを活用した多久市のまちづくりの取り組みを学ぼうと、東明館高(基山町)の1年生73人が9日、同市を訪れた。

【動画】除草に「ヤギ」レンタル半年 高架下、傾斜地でモグモグ

<ニュースフォローアップ>九電、JR…大手企業活用
耕作放棄地や庭の除草のため、武雄市若木町の農園「ファーム孫六」(原口浩信さん経営)がヤギの貸し出しを始めた。草をはむヤギの習性を生かしたレンタル制度で、料金は1匹1日100円で3万円の年間契約もある。

DX推進で行政サービス向上を 多久市、佐賀大理工学部が連携協定

デジタル技術を活用して行政サービスの向上を図ろうと、多久市と佐賀大理工学部は19日、連携協定を結んだ。

【動画】95年間保存の名器、独シードマイヤー製ピアノに脚光 佐賀・有田小

絵本作成、周年事業に活用
佐賀県有田町の有田小学校(松本成浩校長)でかつて使用され、今も校内に保管されている約95年前の貴重なピアノを再び活用する動きが広がっている。

<NIE>城南中(佐賀市)、朝会に記事活用 チャレンジの大切さ学ぶ

佐賀市の城南中で9日、新聞を活用した教育を進めるNIE(教育に新聞を)を取り入れた全校朝会があった。

江戸期の感染症丹念に解読 多久古文書学校・活動展有料鍵

コロナ禍に通じる内容注目 多久市郷土資料館、27日まで
多久古文書学校の活動を紹介する展覧会が多久市郷土資料館で開かれている。

記事を教材に動物愛護考える 大野原小 道徳授業で新聞活用

嬉野市嬉野町の大野原小中(神﨑浩之校長)で11月25日、新聞記事を教材の一つにした道徳授業が行われた。小学1、2年生8人が物語を入り口にして動物を飼うことを考え、さらに虐待などの記事を通して動物愛護の考えを深めた。

「旧青木邸」「小路庵」 活用策提案募る 有田町

企画コンテストで報奨金
有田町は所有する「旧青木邸」「小路庵」の活用を検討するため、企画コンテストを開く。観光のまちづくりや移住定住につながる施設などに生かすアイデアと、改修や運営の具体的提案を募る。

<記者日記>やってみる有料鍵

小型無人機ドローンをまちづくりに生かそうと、多久市の市民有志が動き出した。空撮で市のPR動画を作れないか、食品や薬を運べないか-。実用化の課題は多いが、合言葉は「やってみる」。

ドローンで新サービス実現へ 多久市まちづくり協議会

買い物支援など 企業と連携し実証実験
多久市の商工業者や区長などで構成する任意団体「多久市まちづくり協議会」(約30人)は、買い物支援などの地域ニーズに対応するため、小型無人機ドローンを活用した取り組みを始める。

笑顔とやさしさあふれる牛津町 児童考案パネル設置

佐賀銀行の私募債活用 天山環境開発工業が贈る
小城市牛津町の天山環境開発工業(山本康徳社長)と佐賀銀行は13日、同町の牛津小にパネルを贈った。

三養基高生が机、いす寄贈

地元庁舎に 文化祭収益金活用
みやき町の三養基高(久保山文典校長)は27日、同町中原庁舎に、養基祭(文化祭)の収益金で購入した机12台、いす24脚(18万円相当)を贈呈した。同町は庁舎1階のコミュニティーホールに設置し、町民に利用してもらう。

佐銀とオプティム、合弁会社設立へ 

AI、IoT活用し商品
佐賀銀行(佐賀市、坂井秀明頭取)とソフトウェア開発のオプティム(佐賀市、菅谷俊二社長)は26日、今年夏の設立を目指して合弁会社を立ち上げると発表した。

<一般質問ピックアップ>唐津市 観光課に名護屋城跡活用部署

唐津市議会の一般質問(後半)は23、24の両日、議員9人が洋上風力発電などで質問した。 【洋上風力発電】唐津市沿岸では複数の洋上風力発電の導入計画がある。

廃磁器の浄化材 活用探る研修会 有田町で先行事例学ぶ

製品にならなかったり、古くなって廃棄したりする磁器のごみについて、浄化剤への活用を探る研修会が2月末、西松浦郡有田町で開かれた。
  • 1
  • 2
イチオシ記事
動画