有田陶器市

〈有田陶片物語〉陶山神社 明治期以降、多くの奉納品 まるで野外博物館

3年ぶりの陶器市も、122万人の人出とともに無事閉幕し、また有田の町に静けさが戻ってきた。

<高校生記者>「陶器市アルバイト」レポート 有田陶器市3年ぶりに開催!

有田工業高
3年ぶりに開催された有田陶器市。新型コロナウイルス感染症の流行後、初めての規制のないゴールデンウイークとあって、県内外から122万人もの多くの人たちが有田の地を訪れました。

<ベンチマーク>リアルとオンラインの両立有料鍵

3年ぶりに開かれた「有田陶器市」を開幕日に取材した。アリタセラ(有田焼卸団地)で見たのは、福引抽選器を何度も回す夫婦。聞けば70回。1万円分の買い物で1回なので、70万円分だ。

<カメラスケッチ>トンネル抜けて近道 有田駅西側の地下道

駅前からわずかな距離だが、薄暗い地下道の空気はひんやりと涼しく、水の流れる音だけが聞こえる。先を歩く女性が、トンネルを抜けて白く輝いた。 佐賀県有田町のJR・松浦鉄道有田駅西側に、れんが造りの古い地下道がある。

有田陶器市122万人来場 コロナ前の水準、予想上回り閉幕

西松浦郡有田町で3年ぶりに開かれた第118回有田陶器市は5日、閉幕した。

<有田陶片物語>有田陶器市 陶磁器品評会の協賛事業が起源

有田の春の風物詩と言えば、何といっても陶器市。一昨年と昨年は、コロナ禍でやむなく中止となったが、開催が見送られたのは、戦中・戦後の昭和17(1942)年から同22(1947)年以来のことである。

〈有田陶器市写真特集〉待ちわびた陶都の祭典、にぎやかに

第118回有田陶器市が4月29日から5日まで、有田町で開かれている。新型コロナウイルス禍による2度の取りやめを経て、市が立つのは3年ぶり。ずらりと並ぶ焼き物店。通りを行き交う買い物客。

<5月のこよみ>美しい新緑の季節、イベント多彩

きょうから5月。今年のゴールデンウイークは曜日の並びが良く、長い連休を満喫している人たちも多い。佐賀県内では各地で焼き物のイベントが開催されていて、観光スポットもにぎわっている。

<有田陶器市>ウクライナ支援で「匠の蔵」グラス 国旗の青、黄色鮮やか

売り上げ全額を寄付
ロシアの侵攻を受けるウクライナの人々を支援しようと、有田焼卸団地協同組合(山本幸三理事長、22組合員)が、同国の国旗の色を使った有田焼を製作、29日から限定販売を始めた。

久々の有田陶器市「待ってた」 器を手にあふれる喜び

春の陶都に久々のにぎわいが戻った。「お待ちしていました」「やっと来られてうれしい」。マスク越しに対面でやり取りを楽しむ光景が広がった。

有田陶器市、3年ぶりに開幕 あいにくの雨も初日からにぎわう

大型連休恒例の「第118回有田陶器市」(有田商工会議所主催)が29日、西松浦郡有田町で始まった。新型コロナウイルスの影響による延期や中止を挟んで3年ぶりの開催。

蔵出しの宝を探そう 3年ぶりの有田陶器市 4月29日から

全国から焼き物ファンが集まる「第118回有田陶器市」(有田商工会議所主催)が29日から5月5日まで、有田町で開かれる。新型コロナウイルスの影響による延期や中止を挟んで3年ぶりの開催。

有田陶器市3年ぶり開催へ 「町に活気取り戻す」 低迷の窯業界、期待

全国から焼き物ファンが訪れる有田陶器市(西松浦郡有田町)の3年ぶりの開催が31日、決まった。「町に活気を取り戻したい」。

有田陶器市、3年ぶり開催へ 4月29日~5月5日

「Web有田陶器市」も実施
ゴールデンウイークに開かれる全国有数の焼き物市「有田陶器市」(西松浦郡有田町)を主催する有田商工会議所は31日、今年の開催を決定した。

有田陶器市の臨時列車を運行 JR九州発表

JR九州は15日、全国有数の焼き物市「有田陶器市」の開催に合わせ、4月29日から5月5日までの7日間、臨時の特急と快速、普通列車を運行すると発表した。1日当たり17本、期間中延べ119本を走らせ、来場を促す。

<記者が見た市町この一年・2021>有田町 陶器市、2年連続で中止

ゴールデンウイークに開かれる全国有数の焼き物市「有田陶器市」が、新型コロナウイルスの影響を受け2年連続で中止となった。いったんは開催を決めたが、感染拡大で苦渋の決断をした。

秋の有田陶磁器まつり期間拡大 10月9日から、お値打ち品販売

西松浦郡有田町の「秋の有田陶磁器まつり」(有田観光協会主催)が10月9日から、例年より期間を拡大して開かれる。

<一般質問ピックアップ>有田町

秋に陶器市代替イベント検討
有田町議会の一般質問は1~3日、有田陶器市の代替イベントなどについて12議員が質問した。

山内町の12窯が「窯元市」 新作やお買い得品並ぶ

陶器市中止 発表の場求め
武雄市山内町の窯元で29日、窯元市が始まった。新型コロナウイルス感染予防で有田陶器市が中止になり、出店できなくなった12の窯元が新作を発表し、お買い得品を並べている。多くは5月5日までで、5月末まで開くところもある。

<GW、焼き物県「佐賀」堪能>Web有田陶器市 1万8000点出品、内容充実

昨年に続きオンライン販売
ゴールデンウイーク恒例の有田陶器市(西松浦郡有田町)は、新型コロナウイルスの影響で2年連続して中止となったが、昨年に続きオンライン販売の「Web有田陶器市」(有田商工会議所主催)を29日~5月5日に開く。
イチオシ記事