月刊サガン鳥栖

<月刊サガン鳥栖2月号>2月の見どころ 24日、新潟と開幕戦 ホームで白星発進を有料鍵

サガン鳥栖は24日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムでアルビレックス新潟と対戦する。ホームで迎える今季の開幕戦。昨季は大敗を喫しているだけに、今季こそは白星でスタートを切りたい。 新潟とは昨季1勝1分け。

<月刊サガン鳥栖2月号>沖縄キャンプリポート 細かい戦術の落とし込み本格化有料鍵

サガン鳥栖は沖縄キャンプ序盤、フィジカルの強化に重点を置き、トレーニングマッチも2試合消化した。1日のオフをはさみ、細かい戦術の落とし込みが本格化している。ここまでのキャンプの様子を写真で振り返る。   。

<月刊サガン鳥栖2月号>1試合でも多く勝利を 今季、上位争いへ #71 GK朴一圭に聞く有料鍵

サッカー・J1サガン鳥栖は1月25日から沖縄県読谷村でシーズン開幕に向けたキャンプを行っている。今季、鳥栖でのキャンプが4度目になるGK朴一圭(パク・イルギュ)は、これまでにない新たな気持ちで練習に臨んでいる。

<月刊サガン鳥栖12月号>正確クロスのスーパーサブ チームトップタイ、4アシスト 11月MVP・横山歩夢 #32有料鍵

サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第33節を終え、通算成績9勝11分け13敗(勝ち点38)と、最終戦を前に13位につけている。

<月刊サガン鳥栖12月号>PK対決やダンス 感謝を込めて 12月9日、ファン感謝祭開催

サガン鳥栖は9日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで「サガン鳥栖2023ファン感謝祭」を開催する。川井健太監督や選手たちが、一年間応援してくれたサポーターたちにさまざまイベントを通じ、感謝を伝える。

<月刊サガン鳥栖12月号>11月の振り返り 長沼が2桁得点 リーグ戦1分け1敗有料鍵

11月はリーグ戦2試合を戦った。いずれも残留争いの渦中にいるクラブとの対戦。約1カ月半ぶりのホーム戦となった横浜C戦は堀米勇輝のゴールで一時同点に追いついたが、その後2失点し1―3で敗戦。

<月刊サガン鳥栖12月号>早坂良太のサガンEYE 見事にはまった選手交代 第33節・鳥栖2-2柏

第33節は柏レイソルとアウェーでの試合でした。第32節同様に残留争いをしているチームとの対戦になりました。 黄錫鎬(ファン・ソッコ)選手が欠場する中、今節は原田亘選手が代わりにセンターバックを務めました。

<月刊サガン鳥栖12月号>早坂良太のサガンEYE 「勝負の神様は細部に宿る」 第32節・鳥栖1-3横浜C

第32節はホームで横浜FCとの試合になりました。残留が確定した鳥栖に対し、横浜Cはまだ残留争いをしています。

<月刊サガン鳥栖11月号>11月の見どころ 残留争いチームとの対戦 来季を見据えた戦いも有料鍵

リーグ戦も残り3試合。11月はそのうち2試合が行われる。いずれの相手も残留争い真っただ中のチームで、生き残りを懸けた激しい展開が予想される。 11日のホーム戦では、現在最下位の横浜FCを迎え撃つ。

<月刊サガン鳥栖11月号>攻守に奮闘、ガッツあふれるサイドバック 10月MVP、原田亘有料鍵

サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第31節を終えて、9勝10分け12敗(勝ち点37)の12位で、9月から順位の変動はなかった。新潟、名古屋と戦い、いずれも1-1の引き分け。今季3試合を残してJ1残留を決めた。

<月刊サガン鳥栖11月号>早坂良太のサガンEYE 持っているものを最大限に 第31節・鳥栖1-1名古屋

第31節は名古屋グランパスとアウェーでの試合になりました。ここ最近センターバックを務めていた黄錫鎬(ファン・ソッコ)選手の代わりに、本職ではない福田晃斗選手が代わりに入る形で試合は始まりました。

<月刊サガン鳥栖11月号>早坂良太のサガンEYE スタイルの変化恐れず 第30節・鳥栖1-1新潟

第30節はアウェーでアルビレックス新潟戦でした。両チームともGKを使いながら、ゴール前からボールをつないでいくスタイルですので、どちらが主導権を握れるかが勝敗の鍵になります。

<月刊サガン鳥栖11月号>10月の振り返り 2試合ドローも、名古屋戦で残留決める有料鍵

10月は3週間の中断期間の後、リーグ戦2試合を戦った。新潟戦は前半終了間際にPKで失点した直後、原田亘のクロスを小野裕二が頭で合わせ、同点に追いついた。

<月刊サガン鳥栖11月号>11日の横浜FC戦でホッケーシャツ配布 3選手「来場を」

11日に鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われる横浜FC戦では、先着1万7000人にホッケーシャツをイメージした記念ユニホームが配布される。

<月刊サガン鳥栖10月号>10月の見どころ 難敵から好相性のチームまで 終盤戦へ重要な4試合

第29節を最後に、リーグ戦は一時中断。鳥栖は約3週間、公式戦がない期間が続き、10月は下旬にアウェーで2試合を戦う。 中断明けの初戦は新潟と対戦。鳥栖よりも一つ上の順位で勝ち点も1しか変わらない。

<月刊サガン鳥栖10月号>9月の振り返り 京都戦、逆転勝ち リーグ戦を1勝1分け2敗有料鍵

9月はリーグ戦4試合を戦った。初戦の広島戦は相手の堅守に攻撃を封じられ0―2で完敗。横浜M戦は試合終盤に先制したが直後に追いつかれそのまま引き分け、FC東京戦は2―0から後半に試合をひっくり返された。

<月刊サガン鳥栖10月号>結果出し続けるチーム得点王 二桁ゴールに王手!! 9月MVP 長沼洋一 #24有料鍵

サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第29節を終えて、9勝8分け12敗(勝ち点35)の12位で9月の戦いを終えた。4試合を戦い、1勝1分け2敗だった。

<月刊サガン鳥栖10月号>早坂良太のサガンEYE 劇的勝利声援が活力に 第29節・鳥栖3-2京都

第29節はホームで京都サンガとの試合になりました。2カ月半勝利がなく、なんとかホームで勝ちの欲しい鳥栖ですが、残留争いをしている京都との試合は激しくなることが予想されました。

<月刊サガン鳥栖10月号>早坂良太のサガンEYE 4年間無敗相性良くても 第28節・鳥栖2―3F東京

第28節はアウェーでFC東京との試合になりましたが、FC東京戦は8試合負けなしですので、勝ち点3を持って帰りたいところでした。

<月刊サガン鳥栖9月号>9月の見どころ 難敵から好相性のチームまで 終盤戦へ重要な4試合有料鍵

リーグ戦は残り9試合。9月はそのうち4試合が行われる。 前半の2試合は、今季ここまで勝てていない2チームとの対戦。広島は前回対戦で強固な守備陣の前にシュート3本に抑え込まれた。
イチオシ記事
動画