早坂良太

<早坂良太のサガンEYE>一つ一つのプレーの最適解を 第23節 鳥栖3―3清水有料鍵

2週間ぶりの試合は、アウェーでの清水エスパルス戦になります。準備する時間はありましたので、どんな試合の入り方をするのか注目です。

<早坂良太のサガンEYE>勝ち点の積み上げは大切 第22節・鳥栖2―2横浜M有料鍵

今節は首位の横浜Mをホームに迎えての試合になります。リーグ戦は2連敗中ですので、今節で勝利という結果を残して良い流れを取り戻したいところです。

<早坂良太のサガンEYE>チームの力試されるとき 第21節・鳥栖0―1柏有料鍵

水曜日に開催予定だった川崎戦が、新型コロナ陽性判定により延期になってしまったので、1週間ぶりの試合になります。

<早坂良太のサガンEYE>もったいない失点 反省と切り替えを 第19節・鳥栖0―2神戸有料鍵

今節はホームでヴィッセル神戸を迎えての試合です。メンバーを前節から5人変更し、ホームでの連勝を目指します。神戸は今シーズンあまり良い結果を残すことができておらず、シーズン内で2回目の監督交代後の初試合です。

<早坂良太のサガンEYE>次節もアグレッシブに 第18節・鳥栖5―0FC東京有料鍵

今節はホームでFC東京を迎えての試合になります。FC東京は攻撃で個の力で打開できる選手がいますので、そこのケアをしながら、いかに自分たちのサッカーの形をつくれるかが鍵になります。

<早坂良太のサガンEYE>選手間でコミュニケーションを 第17節・鳥栖1―3磐田有料鍵

リーグ中断明け、久しぶりの試合はアウェーでのジュビロ磐田戦になります。スタートはいつもの3バックの形では無く4バックで試合に挑みます。試合は意外な形で動きます。

<早坂良太のサガンEYE>セットプレーが大きな武器に 第16節・鳥栖2-1G大阪有料鍵

今節は中3日でG大阪をホームに迎えての連戦です。メンバーを2人変更して試合に挑みます。選手それぞれで試合に向けた調整方法は異なりますが、連戦の方が調子が良いという選手もいます。

<早坂良太のサガンEYE>勝ち点1を前向きに 第15節・鳥栖4ー4鹿島有料鍵

今節はアウェイでの鹿島戦です。メンバーを2人変更して中3日での連戦に挑みました。 試合は入りから鹿島の圧力に押し込まれる場面が多く、何度かピンチを迎えます。

<早坂良太のサガンEYE>目指すサッカーの継続を 第14節・鳥栖0―0川﨑有料鍵

今節はホームで川崎フロンターレとの試合です。両チームともボールを保持しながらゴールを目指すことをチームのスタイルとしていますので、そこでどちらが主導権を握れるかが試合の鍵になります。

<早坂良太のサガンEYE>後手の対応で失点 次節は切り替えを 第13節鳥栖0―4神戸有料鍵

13節はアウェイでのヴィッセル神戸戦です。メンバーを3名変更して試合に挑みました。ヴィッセル神戸はまだリーグ戦で勝利がありません。

<早坂良太のサガンEYE>アウェーで勝ち点3 次節も期待 鳥栖1―0F東京有料鍵

今節はアウェイでのFC東京戦です。前節から4人メンバーを変更し試合に挑みました。 FC東京は激しいプレスをかけてきますので、いかにサガン鳥栖がプレスを回避してボールをゴール前まで運べるかが鍵になると思われます。

<早坂良太のサガンEYE>悪い流れで負けないのが強いチーム 第11節・鳥栖1―1C大阪有料鍵

今節(3日)はホームでのセレッソ大阪戦でした。前線のメンバーが3人変わっているので攻撃でどんなバリエーションを生み出すのか注目しました。 試合は入りからサガン鳥栖が圧力を高め主導権を握ります。

<早坂良太のサガンEYE>勝利につながる選択肢を 第10節・サガン鳥栖4―1柏レイソル有料鍵

今節は約2週間ぶりのリーグ戦です。前節のリーグ戦からメンバーを2人変更して、雨が降る中でのアウェイの試合に挑みました。

<早坂良太のサガンEYE>前向きに捉え切り替えを 第9節 鳥栖0―0清水有料鍵

第9節はホームに清水エスパルスを迎えての試合になります。サガン鳥栖は前節からメンバーを1人変更して試合に挑みます。連敗は避けたいので、ホームで勝利が欲しいところです。

<早坂良太のサガンEYE>思い通りのサッカーできず 鳥栖1―3京都有料鍵

第8節はJ1の舞台では初対戦となる京都サンガとアウェーでの試合です。サガン鳥栖は第7節からメンバーを2人変更して挑みます。

<早坂良太のサガンEYE>チームの“スタイル” 第6節鳥栖0―0福岡 有料鍵

今節はアビスパ福岡との九州ダービーです。ダービーは歴史ある特別な試合です。

<早坂良太のサガンEYE>悪コンディションの中での戦い方有料鍵

今節はアウェーで横浜F・マリノスとの試合です。雨が降る中での試合となり、ピッチ状態はボールが水たまりで止まるほどの悪コンディションです。

<早坂良太のサガンEYE>強み引き出すプレーの選択有料鍵

ホームに浦和レッズを迎えての試合。両チームともボールを保持しながらゲームをコントロールすることを目指しているので、主導権争いが激しくなることが予想されます。

<早坂良太のサガンEYE>セットプレー中の駆け引き有料鍵

第3節・鳥栖1―1名古屋
今節はアウェー・名古屋グランパス戦です。試合は開始すぐに意外な形で動きます。相手コーナーキックのニアへの鋭いボールをクリアするためにDFが頭で触ったところ、そのボールが自陣のゴールに吸い込まれてしまいます。

<早坂良太のサガンEYE>うまくいかない時にどう戦うか 第2節・鳥栖1-1湘南有料鍵

2022年度のホーム開幕戦。サガン鳥栖はキックオフで攻撃方向を入れ替えることを選択します。狙いは太陽の日差しがプレーに影響することを考慮した選択だと思います。
  • 1
  • 2
イチオシ記事