新幹線

<新幹線 長崎ルート>全線フル規格「1日も早く」 促進佐賀県民会議が総会有料鍵

九州新幹線長崎ルートの全線フル規格化を求める「フル促進佐賀県民会議」(小原健史会長)の第2回総会が28日、嬉野市商工会塩田本所で開かれた。嬉野・武雄の商工・観光関係者ら約40人が参加。

新幹線武雄温泉駅 観光交流センター 名前は「武雄 旅 書店」有料鍵

開業日9月23日オープン、物販、カフェ、情報発信も
武雄市は28日、西九州新幹線開業にあわせて武雄温泉駅構内に建設中の観光交流センターを「武雄 旅 書店」とし、新幹線開業日の9月23日にオープンすると発表した。

武雄、嬉野市長まちづくり、観光戦略語る 西九州新幹線開業に向け

嬉野市でパネル討論
西九州新幹線(武雄温泉-長崎)開業に向けて県西部地域のこれからを考えるパネルディスカッションが17日、嬉野市の大正屋で開かれた。武雄と嬉野の両市長が登壇し、新幹線を活用したまちづくりの方向性、観光戦略を語った。

<こんにちは>嬉野市副市長の早瀬宏範さん 新幹線開業向け奔走有料鍵

旧嬉野町のときから都市計画などハード面でのまちづくりに携わってきた。4月から副市長を務め、西九州新幹線の嬉野温泉駅の開業を見据えて「市民の長年の夢がかない、嬉野の新しい一歩が始まる。身が引き締まる思い」と語る。

<鉄路の行方第3章 国鉄・JRから離れて(4)>経営分離から18年・肥薩おれんじ鉄道有料鍵

人口減少加速にあえぐ沿線 観光列車に望みつなぐ
改札をくぐると、高級ホテルのロビーのような瀟洒(しょうしゃ)な待合室が乗客を出迎える。熊本、鹿児島両県にまたがって第三セクターが運行する「肥薩おれんじ鉄道」の阿久根駅(鹿児島県阿久根市)。

6月佐賀県議会開会、山口知事「知的財産の啓発を」 園芸ブランド不正流出受け

6月定例佐賀県議会は9日開会し、県は原油価格・物価高騰対策などを盛り込んだ43億6254万円の一般会計補正予算案など27議案を提出した。

<鉄路の行方 第3章 国鉄・JRから離れて(3)>「公有民営化」上下分離・若桜鉄道(鳥取県)有料鍵

経営難回避で町が事業者に 鉄道維持住民の熱意が鍵
観光列車を高校生が普段使いしている。鳥取県東部の谷間を走る若桜(わかさ)鉄道。多様な柄の布地を使ったテーブル席やソファ席が車内を彩る。「きれいでしょ。掃除も行き届いているのよ」。

<鉄路の行方 第3章 国鉄・JRから離れて(2)>最長の並行在来線・青い森鉄道(青森県)有料鍵

生活路線 県費で支える 線路使用料減免、収支の「調整弁」
華々しく新幹線駅が開業した日、駅内では「もうひとつの開業式」が執り行われた。2002年12月1日、八戸駅(青森県)。

<鉄路の行方 第3章 国鉄・JRから離れて(1)>もう一つの“開業”準備粛々 佐賀、長崎両県 並行在来線担う新組織有料鍵

“窮余の策”JR運行 23年期限付き、沿線市町負担なし
5月11日午前10時過ぎ。西九州新幹線(武雄温泉-長崎)を走る新車両「かもめ」が、試験走行で佐賀県内に入った。新駅の嬉野温泉駅近くでは大勢の市民が手旗を振り、新幹線開業を先取りしたような歓迎ムードに包まれた。

<新幹線長崎ルート>博多-長崎、1日22往復程度 9月開業の新幹線・リレー特急

9月23日に開業する西九州新幹線(武雄温泉-長崎)に関して、JR九州が博多―長崎間を走行する新幹線「かもめ」と特急「リレーかもめ」の本数を1日22往復程度にする方向で調整していることが2日、関係者への取材で分かった。

<新幹線長崎ルート>博多ー長崎 1日22往復程度

9月開業の新幹線・リレー特急
9月23日に開業する西九州新幹線(武雄温泉-長崎)に関して、JR九州が博多―長崎間を走行する新幹線「かもめ」と特急「リレーかもめ」の本数を1日22往復程度にする方向で調整していることが2日、関係者への取材で分かった。

鳥栖―肥前山口、特急利用2倍超 JR九州、GW前年比

JR九州が9日発表した4月28日~5月8日のゴールデンウイーク(GW)期間の九州新幹線利用者数は、博多―熊本が前年同期比で1・89倍の25万4千人となった。熊本―鹿児島中央は1・73倍の12万4千人。

大阪で観光PRイベント 嬉野市、武雄市、有田町 新幹線開業見据え

九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)の9月の開業に向け、嬉野市など佐賀県西部の3市町がこのほど、大阪市のJR大阪駅で観光PRイベント「ありったけのうれしいを。」を2日間にわたって開催した。

<10市10町の仕事>(4)武雄市 新幹線駅に観光交流センター 有料鍵

2022年度予算点検
武雄市の一般会計当初予算は前年度比9・2%減の244億7217万円となった。

新幹線開業半年前の武雄市 ハブ都市構想 具体化を急げ

九州新幹線長崎ルート武雄温泉-長崎(西九州新幹線)は開業日が9月23日に決まった。半年後には白いボディーに赤いラインが鮮やかなN700S「かもめ」が武雄・嬉野を走る。

<新幹線長崎ルート>新幹線開業まで半年 沿線の武雄、嬉野準備 かもめ試験走行、5月連休明けに

九州新幹線長崎ルート武雄温泉-長崎(西九州新幹線)の開業まで、23日であと半年。運行ダイヤなど見通せない部分があるものの、9月23日の開業に向け、沿線自治体の武雄市や嬉野市は準備を進めている。

公示地価、佐賀県内は全用途で上昇 2年ぶり、コロナ禍の影響緩和有料鍵

国土交通省が22日発表した2022年の佐賀県内の公示地価(1月1日時点)は、平均変動率で住宅地が前年比0・9%、商業地が0・3%、工業地が6・9%上がり、2年ぶりに全ての用途で上昇した。

唐津市のJR浜崎駅に観光案内所を新設 新幹線開通の観光キャンペーンに合わせ 当初予算に計上

唐津市は2022年度、JR筑肥線浜崎駅に観光案内所を新設する。周辺は市などが約16億円をかけて整備し、秋の九州新幹線長崎ルート武雄温泉-長崎(西九州新幹線)の開業に伴う周遊キャンペーンに合わせ、観光機能の強化を図る。

嬉野市当初予算、温泉駅関連追加 7億5000万円超を増額

嬉野市は4日、2022年度一般会計当初予算案の肉付けとなる補正予算案を開会中の市議会に提案した。7億5045万2千円を増額し、総額は184億7345万2千円。前年度当初予算比で0・8%減となった。

<新幹線長崎ルート>佐賀知事「申し出あれば会いたい」 国交相、JR九州社長、長崎知事・・・次々代わる関係トップらと

佐賀県議会一般質問で
佐賀県の山口祥義知事は3日、九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉の整備方式を巡り、関係者のトップである斉藤鉄夫国土交通相、与党プロジェクトチーム(PT)の額賀福志郎座長、JR九州次期社長の古宮洋二氏、長崎県の大石賢…
イチオシ記事