弁護士

女性の権利、弁護士が助言 6月25日、電話窓口開設

佐賀県弁護士会と日本弁護士連合会は25日午前10時から、「女性の権利ホットライン」として、ドメスティックバイオレンス(DV・家庭内暴力)や、セクシュアルハラスメントなどさまざまな問題に関して電話相談を受け付ける。

<なるほど!さが法律相談>無資格者による手続き代行、法的紛争相談 報酬目的で行うことは違法です

Q.大雨で自宅が被災し、その修繕を行おうと考えています。建物に掛けていた保険契約から保険金がでるようで、リフォーム業者から、修繕に加え保険金請求手続きを代行すると言われました。

<災害支援インフォメーション>法律電話相談 佐賀県弁護士会、無料相談

佐賀2021大雨
佐賀県弁護士会は大雨災害に関する法律の電話相談を無料で実施する。電話0952(24)3411で対応する。 【事前予約制】 月・水・金曜14時半~16時半(第2、4月曜を除く)、木曜10~12時。相談時間は30分程度。

佐賀市長選、7人が準備 前回は無投票

立候補予定者説明会、市議選は定数36に44人
10月10日告示、17日投開票の佐賀市長選と市議選の立候補予定者説明会が4日に開かれ、市長選に新人7陣営、市議選(定数36)に44陣営が出席した。

8士業が無料相談会 相続、法人設立…連携し助言

県専門士業団体連絡協議会の各専門士が集い、連携して対応する無料相談会が7月31日、佐賀市の県弁護士会館であった。8士業11人の相談員が、遺産相続や法人設立の手続きなど11件の悩み相談に当たった。

裁判員裁判で社会と関わる心構え学ぶ 佐賀西高で同校OBの弁護士講演

佐賀市の佐賀西高(青木勝彦校長、796人)で16日、主権者教育講演会があった。同校出身の井寺修一弁護士(県弁護士会所属)が、市民が刑事裁判に参加する裁判員裁判の制度などを解説し、社会と関わる心構えを伝えた。

坂井氏、佐賀市長選出馬へ 元国交省官僚、意向固める

任期満了に伴い10月に実施される佐賀市長選に、弁護士で元国土交通省官僚の坂井英隆氏(41)が立候補する意向を固めたことが9日、関係者への取材で分かった。国交省を1日付で退職しており、今後、正式に表明する見通し。

<なるほど!さが法律相談>多額の負債、事業続けるには有料鍵

「民事再生」手続きの道も
Q 多額の負債のため経営が苦しくて困っています。破産はせずに事業を続けたいのですが、良い方法はないでしょうか。 A 民事再生という手続きがあります。

<人プロフィル>佐賀県弁護士会会長に就任した安永恵子さん有料鍵

公益的活動広報に注力
107人が所属する佐賀県弁護士会のかじ取り役を担う。女性が家事事件を任されるなど、弁護士業務が男女で固定化しがちな現状があるといい「性別で担当する事件を分けないように、男女共同参画の推進に取り組む」と意気込む。

佐賀県弁護士会会長に安永氏 県内初の女性会長

佐賀県弁護士会は6日、会長に安永恵子氏(47)=佐賀市=が就任したと発表した。県弁護士会では初めての女性会長となる。富永洋一前会長の任期満了に伴うもので、就任は1日付、任期は1年になる。 安永氏は青山学院大法学部卒。

<なるほど!さが法律相談>弁護士への離婚相談 「転ばぬ先の杖」として早めに有料鍵

Q:現在,妻と子ども2人と一緒に暮らしていますが,離婚を考えています。 まだ妻に話はできていません。

県公安委、新委員長に安永氏

佐賀県警は30日、県公安委員会委員長の任期満了に伴い、同委員で弁護士の安永恵子氏(46)=佐賀市=が新委員長に就任すると発表した。委員3人の互選で選任された。任期は8月1日から1年。 安永氏は青山学院大卒。

<なるほど!さが法律相談>債権法改正・消滅時効

期間の長さ変更に注意
Q 2020年4月に民法が改正され、契約等の基本ルールが変更されると聞きました。具体的に生活にはどのような影響がありますか。  A 消滅時効に関するルールが大きく変わります。

女性教員の労働課題指摘「生活時間大事に」 佐賀市で労働者研究集会

東京弁護士会弁護士が課題提示
女性教育労働者研究集会が23日、佐賀市の佐賀県教育会館で始まった。

「LGBT理解深めて」 佐賀大で弁護士講義

同性婚訴訟弁護団
同性同士の結婚を認めるよう求めている福岡地裁の訴訟をテーマにした講義が19日、佐賀市の佐賀大学で開かれた。

犯罪被害者の法律相談、無料に 県が支援制度

九州初、弁護士会と連携
佐賀県は新年度から犯罪に巻き込まれた被害者が弁護士から無料で法律相談を受けられる支援制度を創設する方針を決めた。
イチオシ記事