実証実験

【動画】JR白石駅を元気に 高校生発案の「QRコード付きウォールアート」駅舎彩る

駅ににぎわいを生み出して元気にするアイデアとして高校生が考えた「QRコード付きウォールアート」を掲示する実証実験が21日、白石町のJR肥前白石駅で始まった。発案した高校生が駅舎に7種の絵を飾った。

厳木の「きれいな水」で過疎地域活性化へ 唐津市で実証事業報告会

七山は2拠点居住、定住者増加戦略
唐津市は21日、市内の過疎地域の課題解決に向け、民間アドバイザーを起用して取り組んだ地域活性化実証事業の報告会を開いた。

SAGAアリーナ来場者を中心部へ誘導 佐賀市唐人の駐車場で無料実験 12月の佐賀バルーナーズ戦で

SAGAアリーナ(佐賀市日の出)の来場者を市中心部へ誘導し街の活性化につなげようと、佐賀市は、バスケットボール男子・Bリーグ1部の佐賀バルーナーズの試合観戦者を対象に、中心部にある駐車場の料金を無料化する実証実験を…

土砂災害予兆検知の実証実験 実用化へ課題を共有 佐賀市大和町で説明会

佐賀市大和町松梅地区で実施されている土砂災害の予兆を早期検知する地中埋没センサーの実証試験に関して、プロジェクトを進める佐賀県と佐賀大農学部の宮本英揮准教授らによる説明会が15日夜、地元の松梅公民館で開かれた。

自動運転車両の実証実験始まる 嬉野市、新幹線駅と温泉街結ぶ 佐賀県内初有料鍵

最新の技術を用いた自動運転車両の実証実験が25日、嬉野市で始まった。

生成AI活用へ職員研修 鹿島市、9月末まで実証実験

文章や画像を自動で生み出す生成AI(人工知能)の導入に向け、鹿島市は13日、全職員を対象にした活用研修を始めた。自治体用のアプリを使い、会議の文字起こしや要約、画像生成などを体験。

賞味期限迫ると自動で値引き DX化で食品ロス削減へ 唐津市まいづるで実証実験有料鍵

フードロス削減に向けて、賞味期限が迫ると自動的に価格を下げる実証実験が、唐津市のまいづる百貨店(木下修一社長)のスーパーで2月末まで行われている。

子育てにAI活用 「育児楽しめた」9割超 「夫婦セミナー」求める声も佐賀市とアマゾン提携実験有料鍵

音声を使った人工知能(AI)サービスを子育てに活用する実験を行っていた佐賀市とインターネット通販大手アマゾンジャパンが、結果を発表した。AI活用で「育児を楽しめた」との回答は9割を超えた。

6人乗り電動車で観光振興 鹿島市、干潟ルート見据え実証実験

脱炭素社会に向け「ゼロカーボンシティ宣言」をした鹿島市はこのほど、二酸化炭素を出さない電動車(グリーンスローモビリティー)の実証実験を始めた。

しゃくなげ湖で水上スキー 嘉瀬川ダムの利活用で実証実験

エンジン付きのボートなどの利用を禁止してきた富士しゃくなげ湖(富士町)で26日、水上スポーツの実証実験が行われた。福岡市の福岡大水上スキー部の学生たちが技を練習し、水面の感触を確かめた。

記者日記 スマートモビリティ有料鍵

基山町で約1カ月間、スマートモビリティの実証実験が実施されている。新しい公共交通の在り方や可能性を探る取り組みで、交通弱者の外出支援や地域経済の活性化につながるか検証が進められている。

持続可能な地域交通に 基山町 スマートモビリティ実証開始

持続可能な公共交通サービスを目指す「スマートモビリティチャレンジ実証実験」が8日、基山町内で始まった。同町役場前で開いた出発式には関係者約40人が参加。テープカットを行い、有意義な実験になるよう期待した。

有田町とIT企業、連携協定を締結 養鶏管理システム開発

西松浦郡有田町とAI(人工知能)によるITシステム研究開発を手掛ける「それいけシステムコンサルティング」(本社・東京)は2日、連携協定を結んだ。

【動画】水上レジャーの拠点に 嘉瀬川ダム(佐賀市)で実証実験

観光資源の可能性探る
遊覧船、水上オートバイ…。佐賀市富士町の嘉瀬川ダムでレジャーや遊びを楽しむ水上アクティビティーの実証実験が行われている。体験者の感想を聞きながら、佐賀県内最大規模となる巨大な「水がめ」の観光資源の可能性を探る。

佐賀県、電子契約を実証実験 コスト、安全性検証 年度内に本格導入へ有料鍵

佐賀県は、民間業者との契約書類をオンラインでやりとりする「電子契約」の実証実験を始める。書類や印鑑、郵送といった紙による現在の契約と比較し、効率性やコスト、安全性を検証する。

スタートアップ企業と佐賀県内4社 協業の成果を報告

新しいビジネスを展開している全国のスタートアップ企業と県内企業の協業を進めようと、佐賀県が中心となって取り組んでいるプログラムの成果報告会が、オンラインで開かれた。

「予約制トイレ」横浜市で実証実験 佐賀市のベンチャー企業が開発有料鍵

佐賀市のベンチャー企業「Duchamp(デュシャン)」代表の佐藤卓哉さん(25)が、IoT(モノのインターネット)を活用し、トイレを予約して使えるシステムの開発を進めている。

ドローンで新サービス実現へ 多久市まちづくり協議会

買い物支援など 企業と連携し実証実験
多久市の商工業者や区長などで構成する任意団体「多久市まちづくり協議会」(約30人)は、買い物支援などの地域ニーズに対応するため、小型無人機ドローンを活用した取り組みを始める。

林業にドローン活用 県試験場、技術開発へ 抑草剤散布で下刈り軽減 有料鍵

下刈りは、スギやヒノキなどの苗木の周囲に覆いかぶさる雑草を除く作業。草が伸びる夏場、強い日差しの中で行う重労働だ。植えた苗が大きくなるまで5年ほどは作業が必要という。

ドローン違法飛行防げ 小城市、企業と実証実験へ有料鍵

佐賀県小城市は11日、小型無人機ドローンの飛行に関する実証実験を10月下旬から市内で始めると発表した。
  • 1
  • 2
イチオシ記事
動画