太良町

<ティータイム>伊藤園 中四国・九州地域営業本部長の品川長久氏 うれしの茶を全国に広げたい 有料鍵

地域密着の営業方針を掲げる伊藤園。お茶で健康をサポートする事業を嬉野市と行い、100%うれしの茶の茶葉商品も開発し販売している。中四国・九州地域営業本部長の品川長久氏(57)は「地域のお茶を伸ばしていく。

太良町のカキ業者、漁協と和解 自身が望む養殖継続へ 佐賀地裁

有明海のカキ養殖を巡り、太良町の漁業者の男性が佐賀県有明海漁協大浦支所(同町)のカキ業者会から除名されたとして、県漁協に対し損害賠償などを求めた訴訟は25日、佐賀地裁(三井教匡・神尾元樹裁判官)で和解が成立した。

<議会だより>太良町 9月20日有料鍵

太良町の定例議会は20日、7593万円の本年度一般会計補正予算案など13議案と報告4件、諮問3件、議会広報編集委員会の設置に関する議員発議、地方財政の充実強化を求める意見書を可決し、閉会した。(山口源貴)。

<唐津市で豚熱>養豚農家「負担大きいが早く終えたい」 ワクチン接種開始有料鍵

19日から佐賀県内で始まった豚熱(CSF)のワクチン接種。養豚農家らは「一回打てばひとまず安心できる」と感染リスクの低減を期待し、通常業務と並行しての作業にも「負担は大きいが、なるべく早く終えたい」と接種を進めた。

<ソフトボール・全日本総合女子選手権>ビックカメラ高崎とトヨタレッドテリアーズが同位優勝

第75回全日本総合女子ソフトボール選手権大会最終日は19日、太良町B&G海洋センター運動広場で準々決勝と準決勝があった。

<ソフトボール・全日本総合女子選手権>トヨタレッドテリアーズ、ビックカメラ高崎ビークイーンなど8強

第75回全日本総合女子ソフトボール選手権大会第2日が18日、太良町B&G海洋センター運動広場と白石町総合運動場で2回戦8試合があった。

<九州地区高校野球佐賀大会>太良、佐賀北、三養基が3回戦進出 

第153回九州地区高校野球佐賀大会は16日、伊万里市の国見台野球場などで開幕した。初日は1回戦3試合と2回戦3試合が行われ、太良と佐賀北、三養基が3回戦に進んだ。 第2日は17日、同球場などで2回戦6試合が行われる。

<ソフトボール・全日本総合女子選手権>太良町と白石町で開幕 ひらまつ病院SAGA ALL STARSは初戦で敗れる

第75回全日本総合女子ソフトボール選手権大会が16日、太良町B&G海洋センター運動広場と白石町総合運動場で開幕した。佐賀県勢はひらまつ病院SAGA ALL STARSが1回戦でシオノギレインボーストークス兵庫と対戦。

<ソフトボール・全日本総合女子選手権>日本一懸け32チームが太良、白石町で激突 9月16日~ 藤田倭(佐賀女子高出身)ら所属のビックカメラ高崎など出場

第75回全日本総合女子ソフトボール選手権大会が16~18日、太良町B&G海洋センター運動広場と白石町総合運動場で開かれる。実業団や大学など全国から32チームが出場し、日本一の称号を懸け熱戦を繰り広げる。

<議会だより>太良町 9月1日有料鍵

太良町の定例議会は1日開会。7593万円の本年度一般会計補正予算案など13議案と報告4件、諮問3件を一括上程した。日程は次の通り。

有明海再生関連に17億6500万円 「和解基金」は計上見送り 農林水産省2024年度概算要求有料鍵

農林水産省は31日、2024年度予算の概算要求を公表した。有明海再生関連事業として本年度と同額の17億6500万円を計上した。

<市町予算>太良町 8月31日有料鍵

太良町は8月31日、1日開会の定例議会に提出する本年度一般会計補正予算案を発表した。補正額は7593万円で、補正後の総額は前年同期比5・7%減の81億2040万円。

<唐津市で豚熱発生>「感染経路、早く特定を」 佐賀県内農家、広がり懸念有料鍵

「いつ発生してもおかしくないと思っていた」。唐津市で豚熱(CSF)の感染が確認され、佐賀県内の養豚農家らに衝撃が広がった。「これ以上感染が広がらなければいいが」。

コノシロ、禁漁による資源管理で漁獲量最大5倍に 産卵期の親守り、高級幼魚増やす有料鍵

佐賀県有明水産振興センターが検証
小ぶりのサイズが「江戸前ずし」の高級ネタとして知られるコノシロの漁獲量が減る中、禁漁による資源管理で漁獲が増える効果があることを、佐賀県有明水産振興センターが突き止めた。

<議会だより>杵藤地区広域市町村圏組合 8月25日有料鍵

杵藤地区広域市町村圏組合議会は25日、報告1件と8985万円を追加する本年度一般会計補正予算など9議案を可決。白石町議会議長の片渕栄二郎氏を議長に、江北町議会議長の井上敏文氏を副議長に選出して閉会した。(澤登滋)。

<みんなのスポーツ>スポーツ吹矢

◇第14回スポーツウエルネス吹矢県大会(6月18日・ケーブルワン・スポーツパーク)【個人戦】10メートル (1)井上盛男(江北)188点(2)南里修次(武雄)186点(3)辻田利律子(白石)180点(4)中原通秀(…

栄養豊かな「モリンガ」特産に 県西部の生産者グループ、加工販売も

農薬や化学肥料を使わない有機農法を実践する生産者のグループ「自然社中」が、健康食材として注目される植物モリンガの栽培に取り組んでいる。メンバー10人が育てて茶葉や粉末、錠剤に加工して販売。

<議会だより>太良町 8月15日有料鍵

太良町議会(定数11)は14日、改選後初の臨時議会を開き、議長に江口孝二氏(73)=4期、栄町、写真右=、副議長に川下武則氏(68)=6期、道越、同左=を選出し、閉会した。いずれも新任で、任期は4年。

佐賀県内の海水浴場、全て「適した水質」 佐賀県が10カ所水質調査

相賀の浜(唐津市)は4年連続「AA」評価
佐賀県は14日、県内の海水浴場10カ所の水質調査結果を「全ての地点において海水浴に適した水質だった」と発表した。 調査は7月19日に実施し、汚れの度合いや透明度、油膜の有無など5項目を調べた。

SDGs推進で鹿島、太良が共同事業体構築へ 森林の温室効果ガス吸収量販売など 環境保全と産業振興両立

地域のSDGs(持続可能な開発目標)推進に向けて、鹿島市と藤津郡太良町は9日、コンソーシアム(共同事業体)構築事業に取り組むと発表した。
イチオシ記事
動画