天山酒造

<佐賀のお酒>「天山 しぼりたて 生」小城市・天山酒造

720ミリリットル・1408円
先月出た新酒で、とても評判が良く、リピーターやまとめて買っていかれる方も多いです。ほのかにバナナ系統のさわやかな香りです。アルコール度数はなんと19度。しかし、度数を感じさせず滑らかで、味もしっかり感じます。

華やかな香り、新鮮な味わい 純米大吟醸酒「元旦届け」 天山酒造(小城市)

天山酒造(小城市)は純米大吟醸酒「元旦届け」の予約販売を始めた。契約栽培の「山田錦」や地元の名水を使い、華やかな香りと新鮮な味わいが特徴。720ミリリットル、保冷ケース入りで、4000円(送料、税込み)。

女性が選んだナンバーワンの日本酒は? 「天山」が最高賞 、「光栄菊」特別賞、「光武」銀賞有料鍵

日本酒の品評会「Japan Women’s SAKE Award 第1回美酒コンクール2023」
香りと味わいを軸に審査する日本酒の品評会「Japan Women’s SAKE Award 第1回美酒コンクール2023」の最高賞「美酒オブザイヤー」に、天山酒造の「天山 純米 全麴仕込み 20年熟成」が輝いた。

<佐賀のお酒>「七田 生酛 純米吟醸」小城市・天山酒造(720ミリリットル、2118円)

今はフルーティーでフレッシュな味わいを求める人が多いですが、これは昔ながらの作り方で、コクとうま味が味わえるクラシカルな酒。栓を開けると、マスカットのような芳醇(ほうじゅん)な香り。

全米日本酒歓評会 天山酒造(小城市)の「七田 純米大吟醸Parfait」が準グランプリ有料鍵

8月末に米国・ハワイ州ホノルル市で開かれた第23回全米日本酒歓評会の大吟醸A部門で、天山酒造(小城市)の「七田 純米大吟醸Parfait(パルフェ)」が準グランプリ(3位)に輝いた。

<佐賀のお酒>天山酒造 「七田 Assemblage 純米 OYA75」 出荷量が少ないのでお早めに

「七田Assemblage純米OYA75」 小城市・天山酒造(720ミリリットル、1375円) アッサンブラージュとはフランス語で混ぜ合わせるという意味。雄町・山田穂・愛山の各酒米をブレンドしたお酒です。

<佐賀のお酒>「七田 夏純」

FRIDAY TREND
「七田 夏純」小城市・天山酒造(720ミリリットル、1,733円) 暑い夏にキンキンに冷やしてサクッと楽しめるお酒です。

<イベント>天山酒造 初夏の蔵開き2023 5月20日、小城市

小城市小城町の天山酒造は、蔵開き限定酒「残雪天山」や限定コラボ食品を販売し、500円で日本酒の飲み比べが楽しめる「kensuky’s Bar」も開催する。

【動画】天山酒造(小城市)の伝統の「甑倒し」、4年ぶり 酒だる載せたみこし駆け抜け

小城市小城町の天山酒造は27日、新酒の仕込みを無事に終えた事を祝い、清水観音を参拝する伝統の「甑(こしき)倒し」を4年ぶりに行った。

東京・六本木で「佐賀の酒」PR 4月30日まで 4蔵出展、魅力再発見へ

全国から厳選された100の酒蔵と予約困難なレストランが共演する日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK2023」が、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで開かれている。

<佐賀のお酒>佐賀大学のお酒「悠々知酔 琳(りん)」天山酒造

山田酒店の山田晃史店主に聞きました。佐賀大学のお酒「悠々知酔 琳(りん)」天山酒造(500ミリリットル、1650円) 佐賀大農学部で研究されたリンゴ酸高生産酵母が使われています。

佐賀大学オリジナル日本酒「悠々知酔」完成 独特のとろみと甘み、爽やかな酸味 天山酒造(小城市)が協力

佐賀大オリジナル日本酒「悠々知酔」の新酒の披露会が15日、製造に協力した小城市の天山酒造であった。酒造りに携わった学生らが香りや味を確認し、完成を喜んだ。佐賀市内の酒店や同大生協などで販売されている。

<佐賀のお酒>「岩の蔵 純米吟醸 しぼりたて生 無濾ろ過」

山田酒店の山田晃史店主から聞きました。「岩の蔵 純米吟醸 しぼりたて生 無濾ろ過」天山酒造(720ミリリットル、1898円) 根強いファンが多い「岩の蔵」の新酒が発売されました。

酒蔵改修、酒造りの歴史伝える 天山酒造

天山酒造(小城市小城町、七田謙介社長)は、かつて酒造りの場だった「大正蔵」の一部を改修した。高さ2メートル超の木製の仕込み樽(たる)24個が整然と並び、昔の酒造りの雰囲気を伝えている。

<佐賀のお酒>「天山 山廃(やまはい)純米」天山酒造

しめなわ酒店の新ヶ江一守店主に聞きました。「天山 山廃(やまはい)純米」天山酒造(720ミリリットル、1485円) お米のふくらみを感じる素朴な味わいと熟成した香りが特徴。

切れのいい新酒に 天山酒造(小城市)、初しぼり

小城市小城町岩蔵の天山酒造で22日、新酒の初しぼりの神事があった。関係者が試飲して出来を確かめ、七田謙介社長(51)は「米のうまみを生かし、フルーティーで切れのいい酒ができた」と手応えを語った。

<佐賀のお酒>「七田 純米大吟醸 Parfait(パルフェ)」天山酒造

720ml、16,500円
しめなわ酒店の新ヶ江一守店主に聞きました。

<佐賀のお酒>「七田 七割五分磨き 山田穂 ひやおろし」天山酒造

山田酒店の山田晃史店主に聞きました。

<佐賀のお酒>「七田 純米 扁平精米」天山酒造

山田酒店の山田晃史店主に聞きました。「七田 純米 扁平精米」天山酒造(720ミリリットル、1650円) 通常とは異なる磨き方で、米を平たい形に精米しました。山田錦を使用した、珍しい造りのお酒です。

<佐賀のお酒>「七田 Assemblage―アッサンブラージュ―」天山酒造

山田酒店の山田晃史店主に聞きました。 「七田 Assemblage―アッサンブラージュ―」天山酒造(一升瓶 2530円、720ミリリットル 1210円)  「アッサンブラージュ」はフランス語でブレンドを意味します。
イチオシ記事
動画