国策と地方
原発政策 「核のごみ」行き場は
玄海原発再稼働 同意権拡大議論進まず
原発と暮らすということ(7)<下> 物言えぬ雰囲気
原発と暮らすということ(7)<上> 再稼働と玄海町
教訓は生かされているか(8)再生エネルギー 再稼働で普及阻害懸念
教訓は生かされているか(7)地元同意権 範囲拡大議論、県内は低調
教訓は生かされているか(6)使用済み核燃料 先見えぬ再処理サイクル
教訓は生かされているか(5)被ばく医療 体制、人材づくり道半ば
教訓は生かされているか(4)避難道路 完成まで長い道のり
教訓は生かされているか(3)離島避難 荒天リスク、諦めも
教訓は生かされているか(2)安全対策 終わりなき巨額投資
教訓は生かされているか(1)脱安全神話 県の検証規制委頼み
国策と地方 衆院選(1)原発再稼働
玄海原発再稼働へ(5)市民団体の声
玄海原発再稼働へ(4)周辺の民意
玄海原発再稼働へ(3)県議会の意思 知事判断の露払い懸念
玄海原発再稼働へ(2)九電の意識改革
玄海原発再稼働へ(1)知事、ジレンマ抱え最終決断 説明40分苦悩にじませ
論点は(6)使用済み核燃料 貯蔵プール5年で満杯
論点は(5)避難計画 30キロ圏「屋内退避」に疑問