国民民主

<参院選さが2022>国民民主佐賀県連、立民・小野氏を推薦せず

国民民主党佐賀県連は13日、常任幹事会を開き、今夏の参院選佐賀選挙区(改選数1)に立憲民主党公認で出馬を予定している新人の小野司氏(45)=唐津市=を推薦しないことを確認した。

<参院選さが2022>小野氏を推薦 連合佐賀が決定

今夏の参院選を巡り、県内最大の労働団体・連合佐賀(井手雅彦会長、178組合、約3万5千人)は12日、執行委員会を開き、佐賀選挙区(改選数1)で立憲民主党公認候補に内定している新人の小野司氏(45)=唐津市和多田=の…

<参院選さが2022>立民、国民、連合佐賀が3者協議、小野氏支援を確認

今夏の参院選を巡り、立憲民主と国民民主の両党の県連と、佐賀県内最大の労働団体・連合佐賀の3者による政治活動連携会議が11日、佐賀市であった。

夏の参院選候補擁立「あと一歩」 立民佐賀県連・原口一博代表

夏の参院選佐賀選挙区(改選1)を巡り、立憲民主党佐賀県連の原口一博代表(衆院佐賀1区)は23日、「あと一歩。できるだけ早くしないといけないと思っている」と候補擁立が難航している現状を説明した。

<新幹線長崎ルート>国民県連、与党検討委の姿勢批判

国民民主党県連は25日、佐賀市で常任幹事会を開いた。

<来援語録>真面目な人が報われる国に 国民民主・古川代表代行

参院選さが2019
国民民主党の古川元久代表代行は12日、参院選佐賀選挙区で党公認の犬塚直史ただし候補(64)の応援で神埼市を訪れ、演説した。「佐賀から令和の時代の新しい政治を立て直そう」と呼び掛けた。

<来援語録>新しい政治は佐賀が原動力 国民民主・泉政調会長

参院選さが2019
国民民主党の泉健太政調会長は11日、党公認で参院選佐賀選挙区に出馬した犬塚直史(ただし)候補(64)の応援で武雄市を訪れ、街頭演説や決起大会でマイクを握った。

<来援語録>家計を温めて経済好循環を 国民・玉木代表

<参院選さが2019>
国民民主党の玉木雄一郎代表は6日、参院選佐賀選挙区に党公認で出馬した犬塚直史候補(64)の応援で佐賀市を訪れ、演説した。「佐賀は(2017年の)衆院選小選挙区で1、2区ともに野党が勝った。

<参院選さが>国会閉会、選挙戦へ 山下氏「やり残しある」/犬塚氏「改革の先頭に」

通常国会が26日に閉会し、与野党は7月4日公示、21日投開票の参院選に向けて事実上の選挙戦に入った。

<決戦前夜 参院選さが政党事情>(下)野党 「統一候補」大同団結なるか有料鍵

「悲願」をかなえた市民団体幹部は喜びを隠さなかった。参院選で野党候補の一本化を目指していた「市民連合さが」が15日に佐賀市で開いた共同記者会見。

<参院選さが2019>国民民主・犬塚氏が事務所開き

7月4日公示、21日投開票が有力視される参院選佐賀選挙区(改選数1)に国民民主党公認で立候補を予定している元職の犬塚直史(ただし)氏(64)の事務所開きが22日、佐賀市内であった。

構図固まり前哨戦 犬塚氏、佐賀入り街演 山下氏、自然体を強調

2019さが参院選
7月4日公示が有力視される参院選で、与野党一騎打ちの構図が固まった佐賀選挙区(改選数1)。

<参院選さが2019>犬塚氏の擁立固まる 国民民主

国民民主党が夏の参院選佐賀選挙区(改選数1)に、元参院議員の犬塚直史(ただし)氏(64)を擁立する方針を固めたことが3日、分かった。7日にも都内で出馬会見を開く見通し。

「佐賀から政治変える」 国民民主・玉木代表が来援

29日に告示される佐賀県議選を前に、国民民主党の玉木雄一郎代表が21日、佐賀県を訪れた。

参院選候補者選定 原口代表言及せず 国民民主県連

夏の参院選の佐賀選挙区(改選1)を巡り、国民民主党佐賀県連代表の原口一博衆院議員(佐賀1区)は9日、候補者選定の状況について「微妙な時期になっているので答えにくい」として言及を避けた。

国民民主党も自主投票に 鳥栖市長選

2月10日に告示される鳥栖市長選で、国民民主党県連は自主投票にすることを決め、推薦願が出ていた新人の槙原聖二氏(54)へ30日に伝えた。

知事選告示まで1カ月 対抗馬、構図定まらず有料鍵

佐賀県知事選の告示まで29日であと1カ月。

国民民主、知事選「白紙」

現職のオスプレイ受諾で
国民民主党佐賀県連は8日、常任幹事会を開き、任期満了に伴う知事選(11月29日告示)への対応を協議した。
イチオシ記事