収穫

実りの“夏”映える黄金 七夕コシヒカリ収穫始まる 白石町

白石町で栽培されている超早場米「七夕コシヒカリ」の刈り取りが29日、白石平野で始まった。天候にも恵まれて出来は上々。8月4日の出荷式から販売が始まる。

上峰中の生徒が桃を丁寧にもぎ取り 上峰町の新たな特産品、収穫体験

上峰町の上峰中の生徒たちがこのほど、町内の果樹園で桃の収穫を体験した。生徒会役員の3年生16人が参加し、目を輝かせながら食べ頃の桃を選んでもぎ取った。

多久市納所地区の特産のビワを収穫 東原庠舎東部校5年生

多久市の義務教育学校・東原庠舎(とうげんしょうしゃ)東部校の5年生が8日、東多久町納所(のうそ)でビワを収穫した。もぎたてを味わい、「とっても甘い」と特産品に舌鼓を打った。

冷凍網ノリ収穫始まる 生育状況、地域差大きく

生産量日本一を誇る佐賀県産の養殖ノリで中心となる冷凍網の収穫が始まった。県沖の有明海では夜間、寒風の中で漁業者が黒く伸びたノリの摘み取り作業に追われている。

【動画】「にじゅうまる」たわわ 佐賀県産ミカン収穫2年目

佐賀県が開発し、デビュー2年目を迎えたミカンの新品種「にじゅうまる」の収穫が始まった。ハウスの中には「糖度も十分」という大ぶりのミカンがたわわに実り、生産者が一つ一つ丁寧に切り取っている。

人気の県産「いちごさん」早期収穫へトンネル栽培 10月上旬、山間地出荷目標有料鍵

佐賀県が開発し、栽培が広がっている県産イチゴ「いちごさん」の早期どり技術の開発に、佐賀県農業試験研究センター三瀬分場(佐賀市)が取り組んでいる。

上峰小で稲文字収穫 「なごみ」で秋満喫

田んぼに稲で文字を表す「稲文字」の刈り取りが17日、上峰町の上峰小東側の体験田で開かれた。5年生107人が学年のキャッチフレーズにちなんだ「なごみ」をつづる稲を刈り取り、収穫の秋を満喫した。

生活習慣病予防効果で注目 嬉野でエゴマ刈り取り

動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防、改善に効果が期待できるとして注目されているエゴマが、嬉野市塩田町で収穫期を迎えている。

キウイ鈴なり 今年も甘く 佐賀県内、収穫最盛期

佐賀県内でキウイフルーツが収穫時期を迎えている。伊万里市の果樹園では黄色い果肉の「ゴールデンキング」が鈴なりに実り、農家が一つずつ大事にもぎっていた。

<ピックアップ>ナシやブドウ、実りの秋体感 フルーツ狩り楽しもう

FRIDAY TREND
9月を迎え、朝晩には秋の気配も漂い始めました。レジャーに出掛けたいところですが、新型コロナウイルスの流行下で行き先が見つからないという方、果物狩りはいかがですか。

おいしいナシとブドウ収穫! 伊万里で観光農園オープン

伊万里市南波多町のフルーツ観光農園が開園した。名産のナシとブドウの収穫を楽しむことができ、新型コロナウイルス対策に万全を期して客を迎える。9月下旬まで。

ナシ収量増へ「台木」に着目 「SAGAラボ10+G」果樹試験場研究報告

佐賀県内の10試験研究機関と山口祥義知事が研究成果の情報を共有する「SAGAラボ10+G」が9日、佐賀市の県庁で開かれた。果樹試験場(小城市)はナシの収量増に向け、台木に着目した取り組みを発表した。

「たなだ部」休耕田で始動 小城市の江里山の棚田保全へ

中高生が農作物栽培
小城市小城町の「江里山の棚田」で6日、市内や周辺の中高生16人で発足した「江里山たなだ部」による保全活動が始まった。

石包丁で摘み取り木臼で 吉野ケ里歴史公園で小麦粉づくり体験

吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)で5日、小麦粉づくりの体験会が開かれた。来園した家族連れなどが石包丁を使って小麦を摘み取るなどし、弥生時代の暮らしを味わった。

五町田小児童がブルーベリー収穫体験 嬉野市

嬉野市塩田町の五町田小の児童32人が28日、近くのビニールハウスでブルーベリーの収穫を体験した。摘み立ての実を笑顔で頰張り、「甘い」と歓声を上げた。

タマネギ掘りに園児歓声 有田町のおおやま保育園

佐賀県有田町のおおやま保育園の園児たちが26日、タマネギ掘りを楽しんだ。佐藤和久さん(73)=同町上山谷=の畑に招かれた29人が、土から引き抜くたびに笑顔を見せた。

【動画】七山茶、収穫が一段落 生産者「今年も良好」

唐津市七山の木浦地区で6日、お茶の生産者が山あいの茶畑で新芽を摘み取る収穫作業を行った。温暖な気候で平年より10日ほど早まった七山の一番茶の収穫が一段落した。

七浦保育園でタマネギ収穫 園児、うれしそうな笑顔

鹿島市
鹿島市音成の七浦保育園でこのほど、園児たちによるタマネギ収穫があった。園児21人が畑に植えたタマネギを土から引っこ抜き、うれしそうな笑顔を見せた。

江北ひかり保育園 園児がタマネギ収穫

佐賀県江北町の江北ひかり保育園の園児がこのほど、町内の畑でタマネギの収穫を体験した。自分たちで苗を植えて大きく育った野菜を手にし、歓声を上げた。 地域の農業に触れて食への関心を高めるのが狙い。

ドライブスルーで「いちごさん」 東京タワーで収穫イベント

東京タワー(東京都)の下に1月、車の中から佐賀県産イチゴ「いちごさん」の収穫が楽しめるドライブスルーがお目見えする。デビュー3年目の特産品の認知度を高めようと、県やJAグループ佐賀が企画した。
  • 1
  • 2
イチオシ記事