原発再稼働

4期16年 塚部伊万里市長が退任

再稼働反対「信念通した」
伊万里市の塚部芳和市長(68)は26日、4期16年の任期を終えて退任した。会見で塚部氏は、最も思い出深い仕事に玄海原発の再稼働問題への対応を挙げ「市民の安全安心のために信念として反対し、地元同意権の拡大を求めてきた。

記者が見た市町この一年(7)伊万里市 玄海再稼働「同意」手続き終了

伊万里港50年で記念行事
佐賀県の山口祥義知事が4月、九州電力玄海原発の再稼働に同意した。

安倍政権「評価」5割 県内有権者アンケート

期待する党 希望が自民上回る
22日投開票の衆院選を前に、佐賀新聞社は佐賀県の有権者100人にアンケートを実施した。安倍政権への評価では「評価する」と回答した人が50人、「評価しない」が46人で、受け止め方が分かれた。

玄海町に交付税681万円 23年ぶり原発税収減で

自治体の財源不足を補う2017年度の普通交付税と臨時財政対策債の配分額が決まった。

核ごみ地図、月内にも公表

経産相、最終処分の候補地
世耕弘成経済産業相は18日の閣議後の記者会見で、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を巡り、地下深くに埋める最終処分の候補地となる可能性のある地域を、7月中にも日本地図を塗り分けて公表すると明らかにした。

再稼働前パブコメ激減 原発審査に関心低下?

規制委、情報発信に課題
原子力規制委員会が、原発再稼働に条件となっている審査の中で実施する意見公募(パブリックコメント)の件数が、2014年9月に最初の審査合格となった九州電力川内原発(鹿児島県)では約1万7千件に上ったが、5月に合格した…

鹿児島知事、川内2号機も稼働容認

■「強い対応必要ない」 鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は22日、県議会の代表質問で、運転中の九州電力川内原発2号機(同県薩摩川内市)の安全性について判断を問われ、「現状では強い対応を取る必要はない」と答弁…

玄海原発差し止め仮処分却下 佐賀地裁

九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)は安全性に欠けるとして、反原発の市民団体の住民が再稼働の差し止めを申し立てた仮処分で、佐賀地裁は13日、却下する決定をした。

抄録永田町 山下氏、玄海再稼働で質問

長期停止の不具合ただす
自民党の山下雄平参院議員(佐賀選挙区)が31日、「資源エネルギーに関する調査会」で質問に立った。

<玄海再稼働・解説>課題山積、高まるリスク

佐賀県民の代表である山口祥義知事が「熟慮に熟慮を重ねた」として、玄海原発3、4号機の再稼働に同意した。今後、原発が生み出す電力の恩恵を受けて暮らすことになる一方、再び動き出すことでリスクは今まで以上に高まる。

経産相来県、22日軸に調整 九電社長会談は19日

玄海原発再稼働
九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県東松浦郡玄海町)の再稼働を巡り、世耕弘成経済産業相が近く、佐賀県の山口祥義知事を訪問し会談することが18日、分かった。22日を軸に調整している。

玄海原発、基準適合は不当 福岡の研究会が規制委に異議申し立てへ

九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県東松浦郡玄海町)が、新規制基準に適合すると認めた原子力規制委員会の許可は不当だとして、大学の元教員や医師らでつくる「福岡核問題研究会」の有志は、規制委員会に異議を申し立てる審査請求…

【詳報】原発再稼働の県議会質疑応答

■知事、住民投票は否定的 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県の山口祥義知事が意思表示を求めて招集した臨時県議会は12日、7議員が質疑した。主なやりとりは次の通り。

知事「安全性は確認」 臨時県議会開会

玄海原発再稼働
九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県の山口祥義知事が意思表示を求めて招集した臨時県議会が11日、開会した。

「拙速判断やめて」再稼働反対の市民や団体

県議会前で訴え
「拙速な判断はやめて」-。玄海原発3、4号機の再稼働に関する臨時県議会が開会した11日、再稼働に反対する県内各地の市民、市民団体が県議会前や県庁で声を上げた。「知事は同意しないで」「住民の不安に耳を傾けて」と訴えた。

原発再稼働 知事の県議会説明要旨

原発の再稼働については、依存度を可能な限り低減し、再生可能エネルギーの導入などを推進していくべきというのが基本認識だ。

玄海原発避難で意見交換

原子力防災相と佐賀知事
【共同】九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の緊急時対応を巡り、山本公一原子力防災担当相は9日、佐賀県庁で山口祥義知事と意見交換した。

伊万里市議会全協 原発再稼働の質疑応答

■避難経路調査国の予算で 伊万里市議会全員協議会での主な質疑応答は次の通り。(カッコ内は答弁者) 【内閣府】 Q 緊急時防護措置準備区域(UPZ)の30キロ圏では、避難道路などハード整備が今以上に必要になる。

伊万里市議会 国と九電に原発の安全性質疑

時間短く消化不良
伊万里市議会は23日、全員協議会を開き、九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働を巡り、国や九電への質疑を行った。安全対策や事故が起きた場合の責任をただしたが、時間が限られ「消化不良」という声も漏れた。

知事、玄海再稼働を4月にも判断 臨時県議会招集へ

九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県の山口祥義知事は22日、4月上旬にも臨時県議会を招集し、意見を聴く考えを示した。県はこれと前後して経済産業相、原子力防災担当相の来県を調整している。
イチオシ記事