協力金

みやき町のリサイクル施設 5年間使用地元同意 24年4月から、佐賀県東部環境組合

鳥栖市の橋本康志市長は23日、自身が管理者を務める佐賀県東部環境施設組合(2市3町)が2024年4月から新たに5年間の使用を申し入れていた三養基郡みやき町のリサイクルプラザについて、地元香田地区から同意を得たことを…

<新型コロナ>佐賀県内飲食店27日から時短 まん延防止、感染初の400人超有料鍵

新型コロナウイルスの感染拡大で佐賀県に「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受け、県は26日、具体的な要請内容を発表した。対象は県内全域で、期間は27日から2月20日までの25日間。

<新型コロナ>佐賀県議会 飲食店協力金関連予算を可決

佐賀県議会は26日、臨時議会を開き、県内全域を対象に新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が27日から適用されることに伴う予算案を審議した。

<新型コロナ>佐賀県、時短協力金に36億円 26日の臨時議会で審議

佐賀県議会の議会運営委員会は25日、新型コロナウイルス対策の追加補正予算案を審議する臨時県議会を26日に1日間の日程で開くことを決めた。

<新型コロナ>嬉野市、休業・時短協力求める 飲食店などに1月23日まで 協力金を給付

嬉野市は14日、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向にあるとして、人の流れを抑制するため、市内の飲食店と運転代行事業者に、休業や午後8時までの営業時間短縮の協力を求めることを決めた。

<新型コロナ>佐賀県、時短協力金を専決処分 15億2740万円

佐賀県は19日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い実施する営業時間短縮要請に応じた飲食店に交付する協力金の財源として15億2740万円の2021年度一般会計補正予算案を、議会の議決を経ない専決処分とした。

臨時佐賀県議会開会 知事「命と向き合い、救う」 協力金など45億円補正案有料鍵

新型コロナウイルス対策の予算案を審議する5月臨時佐賀県議会が24日、開会した。

<新型コロナ>佐賀県の時短協力金申請、受け付け開始

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、佐賀県が営業時間の短縮要請に応じた飲食店などに支払う協力金の申請受け付けが8日、始まり、初日は夕方までに約390件の申し込みがあった。

なぜ?「閉店」なのに張り紙「休業中」…時短営業虚偽は協力金返金対象

<こちさが>
「すこし前に閉店したはずなのに、休業中の張り紙がしてあった。その店にも協力金が支払われるのか」―。

<新型コロナ>佐賀県の時短要請・協力金 江北町28万円上乗せ 有田町も18万円

杵島郡江北町は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて佐賀県が飲食店に要請する営業時間短縮に協力した町内の店舗に、町独自の協力金28万円を上乗せすると発表した。21日の臨時議会で補正予算案を提出する。

<新型コロナ>スナック「休業と同じ」 佐賀県内の飲食店に時短要請

「協力金、営業実態踏まえて」
「これが続けば厳しい」-。佐賀県の飲食店などに対する時短要請の詳細が明らかになった18日、夜にお客を迎えるスナックの経営者らからは嘆きが漏れた。

<新型コロナ>佐賀県、飲食店に時短要請 協力金72万円

1月21日~2月7日まで
佐賀県内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、県は18日、県内全域の飲食店に営業時間短縮を要請した。期間は21日から2月7日までの18日間。営業を午後8時まで、酒類の提供を午後7時までとするよう求める。

<新型コロナ>業者、交付基準に戸惑い 対象外「どうすれば」

県の休業・時間短縮要請
新型コロナ特措法に基づき、佐賀県から要請を受けた施設の多くが22日から休業や営業時間短縮に踏み切る中、県が示した支援金15万円の交付基準に一部で戸惑いが広がっている。

<新型コロナ>支援明暗 道の駅「休業」に困惑 飲食店「長引けばすべて失う」

山口祥義知事が新型コロナ特措法に基づき、休業や営業時間短縮の要請先を明らかにした20日、県内にはさまざまな声が飛び交った。
イチオシ記事