出陣式

就職活動健闘誓う 佐賀県立産業技術学院で出陣式

多久市の佐賀県立産業技術学院で14日、本格的にスタートする就職戦線に向けた出陣式があり、来春修了予定の2年生47人が健闘を誓い合った。

2市長選、舌戦始まる 伊万里、神埼

佐賀県内で10日に告示された2市の市長選は、伊万里市で4人、神埼市で3人が立候補して論戦の火ぶたを切った。人口減少が進む地域の暮らしをどう守り、活性化させていくのか。候補者は出陣式や街頭演説で、熱い思いを訴えた。

<伊万里市長選>17日投開票 4人が立候補 被選挙数2の市議補選に4人

10日に告示
任期満了に伴う伊万里市長選と市議補選は10日、告示された。

有田町長選、現職と新人が届け出 10日投開票、定数16の町議選には17人

任期満了に伴う西松浦郡有田町長選は5日告示され、新人で理容業の栗原繁氏(70)=岩谷川内=、現職の松尾佳昭氏(48)=1期、外尾町=の2人が立候補を届け出て、選挙戦に突入した。

<2021衆院選佐賀>4候補、いざ出陣

衆院選は19日公示され、佐賀1、2区に立候補した計4人の陣営が出陣式に臨んだ。野党共闘の動きが進み、いずれも野党統一候補の立民前職と自民前職による一騎打ちの構図に。

<4候補第一声>声を聞いて、届けて形に 古川 康候補(自民・前)

2021衆院選佐賀
4年前に敗れ、それまで以上に地域に役に立つ国会議員にならなければと考えた。地域の声を党内で発言して届け、「なるほど」と思われたものが政策、法律、予算になる。

<4候補第一声>不公平、政治で直したい 大串 博志候補(立民・前)

2021衆院選佐賀
今回の選挙で問われているのは、国民の命と暮らしを守る政治が公平に、公正に、フェアに、私たちが納得できる形で届けられているか、ということだ。 アベノミクスの9年間で何が起きたか。大都市や大企業だけが強くなった。

<4候補第一声>緊縮と増税路線変える 原口 一博候補(立民・前)

2021衆院選佐賀
まず災害とコロナのお見舞いを申し上げる。憲法53条で国会を召集せよと7月16日に求めたが、ついぞ開かなかった。開いた国会は顔をすり替え、予算委員会すら開かなかった。

<4候補第一声>佐賀の思い、直接総理に 岩田 和親候補(自民・前)

2021衆院選佐賀
解散から投開票まで17日間という現行憲法下で最短の「超短期決戦」となった衆院選は19日公示された。小選挙区佐賀1、2区に立候補した4人は出陣式や街頭演説で決意を述べた。

希望の就職へ健闘誓う 佐賀県立産業技術学院で出陣式

多久市の佐賀県立産業技術学院で17日、2022年春の就職に向けた出陣式があった。慢性的な人手不足などを背景に企業からの求人は過去5年で最も多く、来春修了予定の2年生31人が希望の企業に就職できるよう健闘を誓った。

【動画】就職内定へ出陣式 産業技術学院自動車工学科 8人、決意新たに

自動車整備業界で2022年春の新卒者の採用活動が本格化するのを前に、多久市の県立産業技術学院で15日、就職内定に向けた出陣式が開かれた。自動車工学科の1年生8人が1人ずつ決意表明し、健闘を誓い合った。

希望の就職目指せ 産業技術学院で出陣式

佐賀県多久市の佐賀県立産業技術学院で21日、本格化する就職活動に向けた出陣式が開かれ、来春修了予定の2年生46人が健闘を誓い合った。

伊万里の活性化で舌戦 市長選出陣式

政策の力点で三者三様
3人が名乗りを挙げた伊万里市長選。現職の塚部芳和氏(68)は立花町の事務所で出陣式を開き、国会議員や経済団体代表ら約600人が駆け付けた。

<有田町長選>陶都の未来、舌戦火ぶた

現職と新人2人の三つどもえ
現職と新人2人が名乗りを上げた西松浦郡有田町長選。有田焼創業400年の節目を終え、町活性化の方策が問われる。町政継続か刷新か。町のかじ取り役を決める戦いの火ぶたが切られた。
イチオシ記事