佐賀清和

<全九州高校体育大会>陸上400メートル障害女子 江口蘭琉(佐賀清和)3位「もう一踏ん張りだった」

得意種目で二つ目の全国切符を手にした。400メートル障害決勝で佐賀清和の江口蘭琉(らんる)が1分2秒05で3位。

高校生平和大使に梶原陸さん、カーン・タスニア・リファーさん 「核なき平和実現を」

国内外で核廃絶を訴える「第25代高校生平和大使」に、佐賀県から白石高3年の梶原陸さん(17)=武雄市=と佐賀清和高2年のカーン・タスニア・リファーさん(16)=佐賀市=が選ばれた。

<佐賀県高校総体2022>バスケットボール 佐賀清和、女王返り咲き有料鍵

5大会ぶり 正念場で地力「出し切った」
正念場でこれまでの成果を遺憾なく発揮した。バスケットボール女子は佐賀清和が5大会ぶりに優勝。貞松大監督は「リバウンド、守備、走ること。練習したことをそのまま出してくれた」と成長した選手をたたえた。

<佐賀県高校総体2022>サッカー いいチャレンジできた

主将としてチームをけん引した佐賀清和のDF橋本光生 前半は声を出し、自分たちの雰囲気でできた。後半は体力を消耗した中だったが、諦めずにやることができた。ベスト4を目標にやってきて、いいチャレンジができた。

<速報>バスケットボール女子 佐賀清和が5大会ぶり39度目の優勝 佐賀県高校総体2022

第60回佐賀県高校総合体育大会・第5日は5月31日、県内各地で行われ、バスケットボール女子で佐賀清和が5大会ぶり39度目の優勝を決めた

<速報>陸上 男子・鳥栖工、女子・佐賀清和が優勝 佐賀県高校総体2022

第60回佐賀県高校総合体育大会・第4日は5月30日、県内各地で行われ、陸上で男子は鳥栖工、女子は佐賀清和が優勝を決めた

<佐賀県高校総体2022>ソフトテニス女子団体 佐賀清和「完全」勝利

全試合ストレートで圧倒
○…ソフトテニス女子団体は、佐賀清和が予選から全てストレート勝ちを収め、2大会連続で女王となった。上野寧々は「一つずつ勝ち進み、優勝をつかめてうれしい」と控えめに喜んだ。 決勝リーグでも圧倒的な実力を見せた。

<佐賀県高校総体2022>ハンドボール男子 佐賀清和2大会ぶり、堅守速攻「県内無敗を達成」

○…ハンドボール男子決勝で、佐賀清和が得意の堅守速攻を見せ、神埼清明を31-19で退けた。杉原幸樹主将は「新チームの目標としていた県内無敗を達成できた」と2大会ぶりの優勝を喜んだ。

<速報>ソフトテニス女子団体 佐賀清和が優勝 佐賀県高校総体2022

2大会連続16度目の優勝
第60回佐賀県高校総合体育大会・第3日は5月29日、県内各地で行われ、ソフトテニス女子団体で佐賀清和が2大会連続16度目の優勝を決めた

<ハンドボール>佐賀清和A制す(高校男子)

佐賀県春季選手権
第11回トヨタ紡織九州杯佐賀県春季総合ハンドボール選手権大会は23、24日、神埼市の神埼清明高校体育館などで高校男女と中学男女があり、高校の部は男子が佐賀清和A、女子は佐賀女子が制した。

選手ひとこと ビームピストル男子60発4位の井口聡太(北陵) 

ビームピストル男子60発4位の井口聡太(北陵) 3位を争っていたので悔しさが残るが、初めての全国を楽しめた。引き金を引く時にきれいに迷わず引けた。次は必ず表彰台に上る。

春高バレー 佐賀学園が2回戦へ 高知を2―1 女子の佐賀清和は城南(徳島)に0―2

バレーボール全日本高校選手権
バレーボールの第74回全日本高校選手権は5日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、佐賀県勢は男子の佐賀学園が高知を2―1で破り、女子の佐賀清和は城南(徳島)に0―2で敗れた。

<全日本高校バレー・女子>佐賀清和、粘り及ばず 主将「弱気になった」

ハイライト
「春高」独特の雰囲気にのまれてしまった。2年連続で出場した女子の佐賀清和は、初戦で城南(徳島)にストーレート負け。

【速報】佐賀清和は2回戦進出ならず 春高バレー・女子 城南(徳島)に0-2で敗れる

第74回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)は5日、東京体育館で開幕し、佐賀県代表女子の佐賀清和は1回戦で城南(徳島)に0-2で敗れ、2回戦進出はならなかった

<全日本高校バレー>1月5日開幕 佐賀県勢、上位へ一丸有料鍵

第74回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)は1月5日、東京都で開幕し、男女各52校がトーナメント制で日本一を争う。佐賀県代表の男子は4年連続7度目の佐賀学園と、女子は2年連続14度目の佐賀清和が出場。

上野・島内組(佐賀清和)準V 九州高校新人ソフトテニス

第51回全九州高校新人ソフトテニス大会最終日は12日、熊本県のパークドーム熊本で男女の個人戦があった。佐賀県勢は女子の上野寧々・島内美智子組(佐賀清和)が準優勝し、岡本ないる・石井春菜組(同)が3位に入った。

【動画】事故実演で適切利用促す 佐賀市の佐賀清和高で自転車交通安全教室

自転車の交通安全教室がこのほど、佐賀市の佐賀清和高であった。中学、高校の全校生徒約千人が参加し、スタントマンによる事故の実演を通じて安全な利用の大切さを再確認した。 6人のスタントマンが複数の事故を実演した。

<全九州高校駅伝・県勢成績>白石・女子 巻き返し10位有料鍵

収穫と課題が浮き彫りになった。女子の白石は、序盤の出遅れを粘り強い走りで徐々にばん回。最終5区(5キロ)で主将の山口咲栄が意地の3人抜きで10位でフィニッシュした。

<春高バレー>佐賀清和女子2連覇 土壇場で底力、6連続得点有料鍵

ハイライト 全日本バレーボール高校選手権大会佐賀県予選会
苦境を切り抜け、主導権まで奪い返す。女王の底力が凝縮されたシーンだった。2-1で迎えた第4セット。佐賀清和は佐賀学園に20-19から5連続得点を許し、セットポイントを握られた。

いざ全国へ 春高バレー県予選

全日本バレーボール高校選手権大会佐賀県予選会
第74回全日本バレーボール高校選手権大会佐賀県予選会最終日は14日、吉野ヶ里町文化体育館で男女の決勝が行われた。男子は佐賀学園が3-1で佐賀商を破り、4年連続7度目の頂点に立った。
イチオシ記事