佐賀商

柔道・15~17歳世界選手権 中野弥花(佐賀商)出場へ「日本選手はすごいと思わせたい」

8月24日からボスニアヘルツェゴビナで開かれる15~17歳の選手が競う世界カデ柔道選手権大会に、女子70キロ超級の代表として佐賀商高2年の中野弥花が挑む。

夢の五輪へ柔道一直線 田中龍雅(佐賀商)、日本選手団唯一の高校生 世界ジュニア初出場

8月10日からエクアドルで開かれる柔道の世界ジュニア選手権大会に、佐賀商高3年の田中龍雅が男子73キロ級で初めて出場する。

<四国総体>躍動の夏 テニス男子佐賀商・俵久倖 「力を出せないまま終わった」有料鍵

恩師の言葉を胸に刻み、エースとして臨んだ最後の夏の団体戦は、不完全燃焼に終わった。テニス男子団体に第1シングルスとして臨んだ佐賀商の俵久倖は「焦りが出て、自分の力を出せないまま終わった」と悔しさをにじませた。

<四国総体>テニス佐賀商・伊藤旭飛 仲間の支えに感謝 

主将としてけん引したテニス男子の伊藤旭飛(佐賀商) 全国は甘くないと感じた。まだまだ練習が足りなかった。ただ、ここまで来られたことはチームメートの支えがあったから。感謝の気持ちが強い。

佐賀商、持ち味出し切り夏終幕 全国高校野球佐賀大会第9日・準々決勝有料鍵

光る夏
「終わった」。自身が放った打球が左翼手のグラブに収まった瞬間、佐賀商の主将上田喜介は一塁ベースを蹴ったところでそう悟った。第1シードの佐賀商は龍谷の好投手を打ち崩せず0―2。“佐賀商の夏”が幕を下ろした。

龍谷、競り勝つ 龍谷2―0佐賀商 全国高校野球佐賀大会第9日・準々決勝

初回に先制した龍谷が、第1シードの佐賀商に競り勝った。 龍谷は初回、1死一、三塁で4番浦野の遊ゴロの間に大澤が生還し、先制。その後、6番岩本の適時二塁打で1点を追加した。谷川が完封し、逃げ切った。

<全国高校野球佐賀大会第9日>龍谷、有田工4強進出

第104回全国高校野球選手権佐賀大会第9日は20日、佐賀市のさがみどりの森球場で、準々決勝2試合が行われ、龍谷と有田工が4強入りを決めた。 龍谷は佐賀商に2―0で競り勝った。

<全国高校野球佐賀大会第6日>佐賀商・本山、救援で気迫の投球 佐賀商業1−0唐津西

最後の打者を左飛で打ち取ると、右手拳を握りしめてグラブをたたいた。六回から救援した佐賀商の本山裕大は4回を無安打6奪三振と気迫の投球。本山は「変化球でカウントを稼ぐことができた」と胸を張った。

<全国高校野球佐賀大会第6日>佐賀商、競り勝つ 佐賀商1-0唐津西 

初回に奪った1点を継投で守り抜いた佐賀商が、唐津西に競り勝った。 佐賀商は一回、先頭・香月の出塁を足掛かりに3番中島秀の中前適時打で先制。

高校野球速報 佐賀商が唐津西に1-0で勝利 3回戦

第104回全国高校野球選手権佐賀大会第6日は15日、佐賀市のさがみどりの森球場で3回戦が行われた。 さがみどりの森球場での第1試合は、佐賀商が唐津西に1-0で勝ち、ベスト8進出を決めた。

佐賀商、最優秀賞に歓喜 オリジナル商品の広告動画制作

佐賀県商業高校研究発表大会
第21回佐賀県高校生徒商業研究発表大会が7日、佐賀市文化会館で開かれ、オリジナル商品の広告動画制作に関する研究成果を発表した佐賀商が最優秀賞に輝いた。8月22日に鹿児島県で開かれる九州大会に出場する。

<全国高校野球佐賀大会第2日>佐賀商・香月将真「自分の仕事できた」

佐賀商・香月将真(2安打2得点)自分が出塁すれば、みんなに勢いがつく。セーフティーバントも一つの攻撃。練習の成果を出せて、自分の仕事はできた。

<全国高校野球佐賀大会第2日>佐賀商、攻守で圧倒 佐賀商12―0佐賀東

第1シードの佐賀商が攻守で圧倒し、佐賀東に完勝した。 初回に2点を先制した佐賀商は三回、香月、上田の1、2番コンビの内野安打を足掛かりに一挙5得点。四回に3点、五回にも2点を奪ってだめを押した。

<高校野球>佐賀大会、7月9日開幕 3年ぶり全校入場行進も

第104回全国高校野球選手権佐賀大会は9日、佐賀市のさがみどりの森球場を主会場に開幕する。初日の2試合を皮切りに、24日までの12日間(予備日を除く)、夏の甲子園目指し、参加36校の球児たちが熱戦を繰り広げる。

<全九州高校体育大会>フェンシング佐賀商準優勝

フェンシング女子の団体で準優勝を果たした佐賀商。3年の山田愛佳は「思ってもみなかったのでうれしい」と喜んだ。一方で、課題も多く出た。インターハイに向けさらにチーム力を向上させる。 決勝進出を懸けた大分豊府との準決勝。

<柔道・九州ジュニア>佐賀商高の中野弥花、井上朋香優勝

第24回九州女子ジュニア柔道体重別選手権大会は3日、福岡武道館であり、佐賀県勢は78キロ級の中野弥花(佐賀商高)と78キロ超級の井上朋香(同)が頂点に立った。

<2022夏輝く球児たち>佐賀商 流れ渡さない野球を有料鍵

昨秋優勝し、NHK杯は準優勝。第1シードで臨む夏舞台に、森田監督は「流れをつくるではなく、相手に流れを渡さない野球をしたい」と意気込む。 どこからでも得点できる打線が強み。

【速報】<全九州高校体育大会>女子やり投げで中田真瑚(佐賀商)が頂点

全九州高校体育大会は16日、佐賀市のSAGAスタジアムで陸上が行われ、女子やり投げで中田真瑚(佐賀商)が45メートル98で頂点に立った

<脚光のキセキ>最高のボレーを求めて有料鍵

県高校総体のテニス男子団体。優勝した佐賀商の取材をしようと近づくと、こちらをじっと見つめる選手が一人いた。主将の伊藤旭飛選手。手招きをすると「やった」と、すぐに取材が始まった。

田中龍雅(佐賀商)が柔道ジュニア国際大会優勝

6月4、5の両日、オーストリアで開催された柔道のジュニア国際大会で、佐賀県勢は男子73キロ級に出場した田中龍雅(佐賀商高3年)が優勝した。
イチオシ記事