上下分離

<鉄路の行方 第3章国鉄・JRから離れて(7)>期限付きの並行在来線有料鍵

23年後は…論議再燃必至 残した路線どう生かす
6月初旬、藤津郡太良町の長崎県境付近のJR長崎線で見慣れない2両編成の車両が走っていた。行き先表示は「試運転」。西九州新幹線(武雄温泉-長崎)だけでなく、並行在来線の肥前山口-諫早間でも試運転は始まっていた。

<新幹線長崎ルート>西九州新幹線、5駅で式典 JR、9月23日開業発表

ダイヤ公表は3カ月前
JR九州は22日、九州新幹線長崎ルート武雄温泉―長崎(西九州新幹線)について、開業日が9月23日に決まったと正式発表した。

<新幹線長崎ルート>国、上下分離方式を許可 鉄道は佐賀・長崎県が維持、運行はJR

国土交通省は31日、フル規格で整備されている九州新幹線長崎ルート武雄温泉-長崎(西九州新幹線)の秋の開業に伴い、並行在来線になるJR長崎線肥前山口―諫早間(60・8キロ)について、線路や駅舎は佐賀、長崎両県が保有し…

<新幹線長崎ルート>上下分離運行沿線、関係者の意見聴取

9月13日まで申請受け付け
九州運輸局は、2022年秋の九州新幹線長崎ルートの暫定開業後、並行在来線として上下分離方式で運行する長崎線肥前山口―諫早間について、利便性確保に関する意見を聴取する。
イチオシ記事