三気通信

<三気通信>サツマイモなど収穫

ほんなもんぼ農業体験学校は昨年12月1日、佐賀市巨勢町の弥富農園でサツマイモやサトイモなどの収穫を行った。16家族34人が参加し、歓声を上げながら楽しんだ。 三気会のスタッフが収穫の手順を説明。

<三気通信>アースラブ講座

畜産廃棄物や植物残渣(ざんさ)を有効活用する「アースラブ母材」の作り方講座を9月28日、佐賀市巨勢町の持永農園で開いた。市民ら約25人が参加し、それぞれ手順を確認しながら作業した。

<三気通信>アースラブ講習会

有機物や家庭ごみの処理
「アースラブ」と呼ばれる酵素を使って、畑から抜いた草、植物残渣ざんさ、畜産廃棄物などの有機物を発酵させることで、高い効率で分解を促進し、堆肥化を行うことができる。

〈三気通信〉ほんなもんぼ農業体験学校 田植えに親子連れ奮闘

ほんなもんぼ農業体験学校で6月下旬、田植えを行った。三気の会メンバーや市役所職員、家族連れら約50人が参加し、佐賀市内の約5アールの田んぼで丁寧に手植えした。

<三気通信>ほんなもんぼ農業体験学校

イモ植えなどで汗
ほんなもんぼ農業体験学校が5月26日、佐賀市巨勢町の弥富農園で始まった。家族連れや大学生ら65人が集まり、イモ植えなどの農作業に汗を流した。 作業ではカライモのつる1200本とサトイモの苗400本を準備した。

<三気通信>オーガニック

平穏で健全な社会めざし
「元気・勇気・活気の会」は将来にわたって自然環境が維持・保全されるよう、循環型農業の普及による安全で安心な農作物づくりに取り組んでいます。JAS認定圃場でオーガニック(有機農産物)野菜を栽培しています。
イチオシ記事