ドローン

デジタル技術の利活用を提案 「スマホで受付確認」など県庁でプレゼン大会

デジタル技術の利活用の事例やアイデアを発表する「デジタルSAGAプレゼン大会」が3日、佐賀県庁で開かれた。県や市町、企業・団体から地域の課題解決や魅力の伝え方などについて提案があり、参加者同士で情報共有した。

<まちの話題>九州龍谷短大(鳥栖市)でドローン操縦体験 魅力に触れ、大盛況

鳥栖市の九州龍谷短大で、ドローン検定協会(鳥栖市)とのコラボによる公開講座「ドローンを飛ばしてみよう!」が5月12日に開催されました。

【動画】ドローンや救助犬活躍 みやき町で合同訓練 警察、消防など連携強化

小型無人機「ドローン」や災害救助犬を活用した合同救助訓練が18日、みやき町の山水カントリークラブ付近で行われた。警察、消防などが要救助者を捜索して手順を確認するとともに、関係機関の連携強化を図った。

佐賀県内の小学5年生に補助教材本贈る JAバンク佐賀

農業の魅力や奥深さを知ってもらおうとJAバンク佐賀は、佐賀県内の小学5年生に補助教材本8560冊を贈った。野菜ができるまでの過程や給食の食材の生産地など暮らしを支える食について解説している。

ダムの点検作業にドローンとAI活用 オプティムと九州電力有料鍵

ソフトウエア開発のオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)と九州電力(福岡市、池辺和弘社長)は、ドローンと人工知能(AI)による画像解析技術を活用し、ダム壁面の点検業務の高度化と効率化を実現したと発表した。

多久にドローン関連業者進出 飛行空域管理のトルビズオン(福岡市)、物資配送システム開発へ

小型無人機ドローンの飛行空域を管理するシステム開発会社「トルビズオン」(福岡市、増本衞社長)が多久市に進出する。市内で試行されているドローン配送の連携企業で、市内の宿泊施設の一部を改修して4月に事務所を開設する。

<ワイドスコープ>ドローン飛行ルート、企業注目 多久市、計20キロ整備

説明会に物流、不動産など35社
官民連携で小型無人機ドローンの飛行ルートを整備する多久市の取り組みに企業の注目が集まっている。

多久市のドローン活用のまちづくり、東明館高生学ぶ

小型無人機ドローンを活用した多久市のまちづくりの取り組みを学ぼうと、東明館高(基山町)の1年生73人が9日、同市を訪れた。

佐賀市のドローン活用、今年1回 8月大雨被害時も飛ばさず有料鍵

災害時に被害状況を撮影することを目的に佐賀市が購入したドローン2機の活用が低調であることが、10日の市議会一般質問で示された。

キャベツ収量ドローンで予測 高性能カメラ使い生育把握 有料鍵

佐賀県農業試験センター、独自開発
ドローンを使ってキャベツの収穫時期や収量を予測しようと、佐賀県農業試験研究センターが独自の技術確立に取り組んでいる。ドローンに搭載した高性能カメラの画像からキャベツの葉や球の大きさを算出するほか、生育状況を確認する。

<記者日記>天気予報とにらめっこ有料鍵

「すみません、きょう予定していたドローンの空撮は中止します」。唐津市呼子町で空撮を予定していた日が雨になり、関係者に中止の連絡を入れた。最初に予定していた日も急な荒天で中止にしており、これで2度目。

【動画】大雨備えドローン救助訓練 手順、連携方法を確認

警察や消防 筑後川で
大雨災害が想定される時期に備え、ドローンを使った合同救助訓練が18日、鳥栖市下野町の筑後川河川敷で行われた。

【動画】ICT活用した工事現場見学 高志館高生 建設業界への関心高める

佐賀市の高志館高の生徒たちが14日、巨勢町で行われている工事現場を見学した。

ドローン映像で園児とお年寄り交流

週刊ぺーぱくん 2021年4月4日 第456号
唐津ルーテルこども園の子どもたちがグループホーム「和」の利用者たちと映像を通じ交流。西の浜の風景を撮影するドローンに手を振る園児たち(28日22面・撮影=横田千晶)。

【動画】ドローン撮影、風景届ける 園児とお年寄り、映像通じ交流

唐津市の唐津ルーテルこども園とグループホーム「和」が22日、映像配信で交流した。施設での面会自粛が続く中、子どもたちや地元の風景を見てもらおうと卒園生らが企画。

<さが未来発見塾>多久市のまちづくりの熱意学ぶ ドローン活用を取材

東原庠舎中央校7年 
中高生が地域の魅力や課題を学んで理想の「未来計画」をつくる佐賀新聞の「さが未来発見塾」が17日、多久市で開かれた。

【動画】伊万里実高ドローン導入 スマート農業の環境整備

伊万里実業高の生物科学科が、薬剤や肥料の散布に使う農業用のドローン(小型無人機)を導入した。同科では今後、先端技術を生かしたスマート農業を授業の中心に据える方針で、ドローンの教習ができる環境づくりを進める。

【動画】<空さんぽ>どんぐり村(佐賀市三瀬村)で野焼き 春告げる炎、大地駆ける

バチバチと音を立てながら炎が駆け巡り、一面を黒く染め上げた。佐賀市三瀬村の観光牧場「どんぐり村」で4日、枯れ草を焼き払い芽吹きを促す「野焼き」が始まった。立ち上る煙がのろしとなって、山里に春の訪れを告げている。

【動画】<橋物語>(4)天建寺橋(三養基郡みやき町) 転覆事故の悲話つなぐ

九州一の大河である筑後川をまたいで三養基郡みやき町と福岡県久留米市を結ぶ天建寺橋(てんけんじばし)。

【動画】<ニュースフォローアップ>多久市のドローン配送実験

飛行ルート整備着々 安全性、収益…課題多く
【2020年10月28日の記事】小型無人機ドローンを使った配送の実証実験が26日、多久市で始まった。
イチオシ記事