コロナワクチン

<コロナワクチン情報>多久市 4回目接種スケジュール発表

多久市は30日、60歳以上と18~59歳の基礎疾患のある人などの4回目接種のスケジュールを発表した。

<コロナワクチン>接種券全員発送、佐賀など13市 持病情報なく自治体苦慮 4回目接種 都道府県庁所在地調査

接種対象者が60歳以上か持病のある人らに限られた新型コロナウイルスワクチンの4回目に関し、47都道府県庁所在市区のうち佐賀市など13市が、3回目を打った18歳以上の全員に接種券を発送することが28日、共同通信の調査…

<コロナワクチン>4回目、18~59歳は基礎疾患者ら対象 接種券発行、佐賀県内市町で差有料鍵

佐賀・鳥栖市は全員送付 大半の市町、事前申請
佐賀県内の自治体で25日から順次始まる新型コロナウイルスワクチンの4回目接種は、18~59歳の接種対象が基礎疾患がある人や重症化リスクが高い人などに絞られ、幅広い年齢層を対象にしてきたコロナワクチン接種の在り方が変…

<コロナワクチン>唐津市、17歳以下に3回目接種

12~17歳の3回目接種を開始 唐津市は、12~17歳を対象にしたワクチンの3回目接種を始める。医療機関での個別接種のみ。21年11月初旬に2回接種を終えた人に、11日から接種券を発送する。

<新型コロナ>佐賀県内5~11歳 ワクチン接種始まる

新型コロナウイルスの第6波の収束が見通せない中、5~11歳の子どもへのワクチン接種が1日、佐賀県内のトップを切って佐賀市で始まった。他の市町も接種券の送付などを進めており、3月上旬から順次接種を開始する。

<新型コロナ>県営大規模接種会場、3月も設置継続 県医療センター好生館

佐賀県は18日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の県営大規模接種会場について、3月も設置を継続すると発表した。

<コロナワクチン>佐賀市、5~11歳接種 3月上旬から

佐賀市は17日、5~11歳(約1万5千人)を対象に、3月上旬からコロナワクチン接種を始めると発表した。3~4月中旬は個別接種とし、市内の19医療機関で行う。接種券は2月22日に発送する。

<コロナワクチン>5-11歳の佐賀県内配分にめど 4万3150人2回分

打ち手の小児科医確保に課題も
佐賀県は16日、3月から接種開始予定の5歳から11歳までの新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、4月25日までに計4万3150人が2回接種できる分量が配分されることになったことを明らかにした。

<コロナワクチン>佐賀県町村会、知事に子ども接種で要望

佐賀県内の10町で構成する県町村会(会長・田島健一白石町長)は10日、山口祥義知事ら県幹部と意見交換する行政懇談会を佐賀市で開き、5歳から11歳までの新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、打ち手の確保などを要望し…

<コロナワクチン>1日期限切れ、11人誤接種 唐津市の医療機関

唐津市は8日、市内の医療機関で冷蔵保管期限を1日超過した新型コロナウイルスワクチンを誤って11人に接種したと発表した。現時点で健康被害の報告はないという。

<コロナワクチン>過剰希釈を接種するミス 有田町の医療機関

西松浦郡有田町は8日、町内の医療機関で実施している新型コロナワクチンの個別接種で、過剰希釈したワクチンを接種するミスが起きたと発表した。被接種者に体調の変化は確認されていないという。

<コロナワクチン>佐賀県営大規模接種スタート 3回目 好生館、初日は360人

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」による感染急拡大が続く中、佐賀市の佐賀県医療センター好生館で7日、県営の大規模接種が始まった。3回目の接種券が送付された人が対象で、初日は予約した約360人が接種を受けた。

<どうなるワクチン3回目接種>(8)海外の現状と追加接種状況 感染爆発もコロナと共生へ

新型コロナウイルスのオミクロン株は、世界中で爆発的な感染の再拡大を引き起こしました。ワクチンの追加接種を進めることで、コロナとの共生に向けて規制を緩める動きも出ています。 Q 世界の感染状況は。

<どうなるワクチン3回目接種>(7)5~11歳接種 納得いくまで医師に相談を

18歳以上を対象にした新型コロナウイルスワクチンの3回目接種とは別に、5~11歳の子ども向けワクチンも初めて特例承認されました。3月にも接種が始まります。 Q どこのワクチン? A 米ファイザー製です。

<どうなるワクチン3回目接種>(5)職場接種 出だし低調6割止まり

新型コロナウイルスワクチンの追加の職場接種が2月下旬から始まります。 Q 職場接種とは。 A 政府は地域医療や自治体の負担を軽減するため、企業や大学に対し従業員や学生への接種を要請しています。

<コロナワクチン>佐賀県営接種、対象拡大 接種券ある18歳以上に

佐賀県は4日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の県営大規模接種会場について、対象者を3回目の接種券が送付された18歳以上の県内在住者や県内勤務者らに拡大すると発表した。

<新型コロナ>41都道府県で大規模接種 現役ら対象9割、加速図る

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、国の要請に応じて41都道府県が、大規模会場を「設置済みか設ける予定」であることが4日、共同通信の調査で分かった。

<新型コロナ>ワクチン3回目接種 佐賀県営会場、予約は2月3日から

佐賀県は、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の県営大規模接種会場について、2月3日の午前9時から予約を開始する。

<コロナワクチン>高齢者3回目接種、佐賀市「3月中」完了めど

全国47市区調査
新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、47都道府県庁所在地(東京は新宿区)の91・4%に当たる43市区が、高齢者完了めどを「3月中」または「2月中」と想定していることが29日、共同通信社の調査で分かった。

<コロナワクチン>接種後死亡、救済進まず 「資料不足」と申請滞留か有料鍵

新型コロナウイルスワクチン接種後、副反応との関連性が疑われる死亡事例は、昨年12月までに医療機関などから1400件超が報告された。
イチオシ記事