イチョウ

【動画】11月22日は二十四節気「小雪」 佐賀県遺産の旧美野分教場(嬉野市塩田町)大イチョウ見頃

佐賀県遺産の木造校舎「旧美野分教場」(嬉野市塩田町五町田)で、校庭の大イチョウの黄葉が見頃を迎えている。22日は二十四節気の一つ「小雪」だが、好天に恵まれて小春日和を感じさせた。

<備え-防災さが>災害歴史遺産の記憶(14) 有田の大イチョウ(有田町) 

大火事から民家守る
有田町の内山地区は江戸時代初期、朝鮮人陶工の李参平が泉山で陶石を発見したのを機に町がつくられ、磁器生産の中心地となった。

【動画】<紅葉便り>事比羅神社(鹿島市)陽光に輝くグラデーション

鹿島市浜町の事比羅神社で、境内のイチョウやモミジが色づき、見頃を迎えた。晩秋の陽光を受け、キラキラと輝いている。

【動画】<紅葉便り>境内一面、黄色いじゅうたん 綾部八幡神社(三養基郡みやき町)

まるで黄色いじゅうたんのようだ。日本最古の天気予報「旗上げ・旗下ろし神事」で知られる三養基郡みやき町の綾部八幡神社で、境内のイチョウが散り始め、一面が黄色く染まっている。

小さな秋見つけた ギンナン色づく 佐賀市・県庁前

佐賀市の佐賀県庁前のイチョウ並木で、たわわに実ったギンナンが黄色く色づき、秋の気配を感じさせている。歩行者は地面に転がった“小さな秋”を踏まないように慎重に歩いている。

【動画】色づいた紅葉、沖縄の友達へ 厳木小児童ら手紙添え

西表島・上原小と交流
唐津市の厳木小(92人、黒木惠二校長)は交流活動の一つとして、沖縄県の西表島(いりおもてじま)にある上原小へ紅葉を届けた。

<有田陶片物語>大イチョウと古民家

曳家でも木も文化財も保護
有田の泉山地区に、国指定天然記念物「有田のイチョウ」がある。樹齢千年、高さ30メートル、根回りが11メートルを超える大木で、樹木医の方々でも、「単幹のイチョウとしては全国最大級。

<有田陶片物語>「有田のイチョウ」

どこまでが文化財の範囲?
6月22日付の佐賀新聞でも報道されていたが、前日の21日に開催された国の文化審議会で、「有田のイチョウ」の追加指定が答申された。

早くも秋色、異常気象影響か 街路樹、季節外れの色づき

佐賀市の街路樹
佐賀県佐賀市内のイチョウなどの街路樹が季節外れの色づきを見せている。夏の記録的な大雨や猛暑が影響しているとみられ、例年なら本格的な秋が近づくまでは緑の葉が茂る木々が黄色くなっている。

落葉彩り、黄金に染まる境内

佐賀市の與止日女神社
きょうから師走。今年も残すところ1カ月となった。赤や黄色で目を楽しませた木々は葉が落ち始め、街並みの冬支度が進んでいる。 佐賀市大和町の與止日女(よどひめ)神社でも境内のモミジやイチョウが寒風に舞う。

有田の大イチョウ 樹齢千年、黄金色に輝く

紅葉めぐり
焼き物の町有田のシンボル、泉山弁財天の大イチョウが黄金色に染まった枝を、青空に突き出している。樹齢は千年を超え、高さは約40メートル。
イチオシ記事
動画