ひらまつ病院

<バスケ天皇杯・皇后杯佐賀県予選> 男子 有明クラブなど4強

女子 ひらまつ病院とLOVEPHOENIX決勝へ
第98回天皇杯・第89回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会佐賀県代表決定戦(日本バスケットボール協会・県バスケットボール協会主催、佐賀新聞社共催)の第1日は26日、鳥栖市民体育館で男子の1、2回戦と女子の1回戦…

戸上電機製作所とひらまつ病院に新戦力 ニューイヤー駅伝見据え、戦力強化

全日本実業団対抗駅伝
元日に群馬県で開催される全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権獲得を目指し、佐賀県内で健脚に磨きを掛ける実業団に、新戦力が加わった。

全国大会出場の三日月女子ミニバスケク、ひらまつ病院バスケ部が激励

練習拠点が同じ縁などで
ひらまつ病院バスケットボール部(小城市)が25日、佐賀県代表として全国大会に出場する三日月女子ミニバスケットボールクラブ(同)を激励した。

ひらまつ病院3位 バスケット全日本社会人選手権

第4回全日本社会人バスケットボール選手権大会が5~7日、栃木県の日環アリーナ栃木であり、女子のひらまつ病院(小城市)が3位に入った。 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりに開催。

上田(ひらまつ病院)20位 日本選手権クロスカントリー

陸上の日本選手権クロスカントリーは26日、福岡市海の中道海浜公園で行われ、男子(10キロ)は昨夏の東京五輪で5000メートルに出場した松枝博輝(富士通)が28分46秒で優勝した。

講道館杯柔道、佐賀県勢8人出場 山梨で17、18日 

柔道の講道館杯全日本体重別選手権が17、18の両日、山梨県の小瀬スポーツ公園武道館で行われる。佐賀県勢は、ひらまつ病院柔道部から男女それぞれ1人ずつ、佐賀商高から男子1人、女子5人が出場する。

<全日本軟式野球>ひらまつ病院3位

スポニチ杯第5回全日本軟式野球大会は20日、沖縄県のセルラースタジアム那覇であった。西日本選手権で優勝し、初出場したひらまつ病院(小城市)は、1回戦でAKIRA(千葉県)に1―6で敗れ、3位に終わった。

西日本軟式野球、優勝を報告 ひらまつ病院野球部、知事表敬

第25回西日本軟式野球選手権大会で佐賀県勢で初優勝を飾ったひらまつ病院野球部(小城市)が15日、佐賀市の県庁を訪れ、山口祥義知事に全日本大会への抱負を述べた。

ひらまつ病院、初優勝 西日本軟式野球選手権

第25回西日本軟式野球選手権大会が10月30日から1日、佐賀市のみどりの森球場などであり、県代表のひらまつ病院(小城市)が県勢初の優勝を飾った。20日から沖縄県で開かれる全国大会に出場する。

<九州実業団駅伝>ひらまつ9位、あと一歩

ひらまつ病院は、1区(12・9キロ)での出遅れが響き9位。5年連続の全国大会出場を逃した。中島泰伸監督は「追い掛ける展開となり、後手後手に回ってしまった」と悔やんだ。

<九州実業団駅伝>戸上電機、2年連続全国切符 ひらまつ9位、あと一歩有料鍵

元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を懸けた第58回九州実業団毎日駅伝競走大会は3日、北九州市の本城陸上競技場を発着点とする7区間80・2キロのコースで行われた。

戸上電機、8位で全国へ ひらまつは9位 第58回九州実業団駅伝

元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を懸けた第58回九州実業団毎日駅伝競走大会は3日、北九州市の本城陸上競技場を発着点とする7区間80・2キロのコースで行われ、佐賀県勢は戸上電機製作所(佐賀市)が…

【眼科編】子どもの近視・スマホ急性内斜視・遠視

秋の健康特集2021
人生100年時代、目の健康を保つために近視予防と定期健診をスマホやタブレットの長時間使用が将来「緑内障」の原因 遠くのものがぼやけて見える近視。近視が強くなると、将来重大な眼病を引き起こすことが分かっています。

ひらまつ病院など2回戦へ 佐賀県アマチュア野球王座決定戦

第59回佐賀県アマチュア野球王座決定戦大会(佐賀新聞社主催、県軟式野球連盟主管)第2日は12日、佐賀市のさがみどりの森球場と佐賀ブルースタジアムで1回戦7試合を行い、過去8度の優勝経験を持つ医療法人ひらまつ病院(小…

佐賀県アマチュア野球王座決定戦 ひらまつ病院、県大会へ 小城地区有料鍵

第59回佐賀県アマチュア野球王座決定戦(佐賀新聞社主催、県軟式野球連盟主管)の小城地区代表決定戦が29日、小城市のむつごろうグラウンドであり、ひらまつ病院がJ・ノグチを7―0のコールドで下し、県大会出場を決めた。

【特集2】ウオーキングを楽しんで健康をキープ!

春の健康特集2021
生活習慣病や認知症の予防にも効果的 春、ウオーキングを始めるにはちょうどいい季節!!ウオーキングは手軽に楽しめて、生活習慣病の予防や改善、ダイエットにもつながる最適な有酸素運動です。

【特集1】新型コロナウイルス~これまでとこれから

春の健康特集2021
マスク・手洗い・ワクチン接種で感染を防げ 人間が初めて遭遇した新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)。抵抗力がなく多くの人が感染するなど社会に大きな影響を与え、収束のめどはまだ立っていません。

田中、梶原(ひらまつ病院)らがペースメーカー

コロナ禍で海外からの招待選手やペースメーカーが出場できない状況で、高速化を狙って、今大会に限って川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、ひらまつ病院の田中飛鳥と梶原有高ら男子選手がペースメーカーを務めた。

【速報】<ニューイヤー駅伝>ひらまつ病院31位、戸上電機製作所32位 佐賀県勢

全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)は1日、群馬県前橋市の群馬県庁前を発着とする7区間、100㌔に36チームが参加して行われ、佐賀県勢は4年連続出場のひらまつ病院(小城市)が5時間2分14秒で31位、2年ぶり出…

ニューイヤー駅伝 ひらまつ病院メンバー

佐賀県勢
監督 中島 泰伸部長 青木 勲選手(左から名前、年齢、身長、体重、出身校、1万メートルのタイム。※は5000メートル。◎は主将)。
イチオシ記事