こちさが
佐賀新聞社は、読者と無料通信アプリ「LINE(ライン)」でつながり、書き込みがあった身近な疑問や困りごとを記者が取材する双方向型の報道スタイル「こちら さがS編集局」(こちさが)に取り組んでいます。

<こちさが>参院選LINEアンケート 物価高対策、最も重視 岸田政権「評価しない」が過半数有料鍵

選挙「関心ある」64%
佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)は、20日に公示する参院選に関するアンケート調査を実施し、投票先を決めるのに重視する政策については「物価高対策」が最も多かった。

<こちさが>参院選有権者アンケート 20日午後1時まで

参院選が22日公示、7月10日投開票の日程で行われます。18歳以上の有権者を対象にアンケートを実施します。皆さんが重視する政策や考えを教えてください。

<こちさが×ナガポス>西九州新幹線、期待と注文 開業まで100日有料鍵

佐賀・長崎新聞アンケート
九州新幹線長崎ルート武雄温泉-長崎(西九州新幹線)の開業まで100日になることに合わせ、佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)と長崎新聞の情報窓口「ナガサキポスト」(ナガポス)で実施した合同アンケート。

<こちさが×ナガポス>西九州新幹線、両県民の思いは 開業まで100日 佐賀・長崎新聞アンケート有料鍵

佐賀、整備方式への意見多岐に 長崎、全線フル規格化要望多く
9月23日に開業する九州新幹線長崎ルート武雄温泉―長崎(西九州新幹線)について、佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)と長崎新聞の情報窓口「ナガサキポスト」(ナガポス)は、合同でアンケート調査を実施した。

「これは許せませんわ」ごみの後始末は「お嬢様」 佐賀大学非公認サークル 暴走行為のやじ馬が…

<こちさが>
「これは許せませんわ」。4日深夜から5日早朝にかけ、暴走族ややじ馬約500人が騒いだ佐賀市本庄町の佐賀大付近。夜通し続いた騒音にとどまらず、道端には大量のごみも残された。

サンライズパーク駐車場 有料方針なぜ? 背景や料金設定の考え方とは有料鍵

<こちさが> 乗り合わせ、公共交通利用を後押しも
佐賀県内を舞台に2024年に開催する国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会に向け、建設が続く「SAGAアリーナ」(佐賀市日の出)は、23年春のグランドオープンまで1年を切った。

<こちさが×ナガポスアンケート>西九州新幹線への期待・疑問募集

6月5日まで
西九州新幹線(武雄温泉―長崎)が9月23日に開業します。佐賀・長崎両県のまちづくりや県民生活は、どのように変わるのでしょうか。

<こちさが>屋外マスク対応、三者三様 「話さないなら不要」「周囲次第」「家に病人、必要」有料鍵

佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)で実施した屋外でのマスク着用に関するアンケートでは、一定の条件下でマスクを不要とする政府の「考え方」に対し、これまでの感染対策の経験を踏まえたさまざまな賛否が寄せられた。

<こちさが>屋外マスク不要、思い複雑 「外す」「様子見」「外さない」拮抗有料鍵

新型コロナウイルス感染対策としての屋外でのマスク着用について、政府が発表した「会話をほとんどしなければ必要ない」とする考え方について、佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)ではアンケート調査を実施した。

<こちさがアンケート>屋外でのマスク、どう思いますか?

政府は20日、屋外では会話をほとんど行わなければマスクの着用の必要はないとの考え方を発表しました。皆さんは屋外でのマスク着用についてどう考えますか。

<こちさが>白石町の電柱でコウノトリ“子作り” 絶滅危惧種

管理会社「見守ります」
野生で絶滅の危険性が極めて高いとされるコウノトリが、杵島郡白石町内の電柱で巣を作り、交配しているのが10日までに確認された。

道路できても「通行止め」なぜ? 佐賀北高近くの市道 市「安全策講じてから」

開通、早くても2023年度以降
佐賀市の佐賀北高前から南に向かって真新しい道路ができている。一見、工事は終わっているようだが、端の100メートル余りは「通行止め」の看板が立ったまま、1年以上たっても開通しない。

相次ぐ値上げ、どうしてる? 家計節約、買い物から 見切り品活用、チラシ熟読…有料鍵

<こちさがアンケート>
「見切り品で献立」「チラシ見て安い日に」―。佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)で会員向けに実施した家計のアンケート調査では、節約のアイデアも募った。

<こちさがアンケート>値上げで最も響いたのは… 「ガソリン」72%、車欠かせず痛手に

原材料価格や燃料費の高騰で食料品や日用品などの値上げが相次いでいることを受け、佐賀新聞は無料通信アプリ「LINE(ライン)」で読者とつながる「こちら さがS編集局」(こちさが)会員に家計のアンケート調査を実施した。

【動画】<こちさが>佐賀市の嘉瀬川でキジのつがい 男性が動画投稿

佐賀市の嘉瀬川でキジのつがいを撮影した―。佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)に佐賀市内の男性(40)から動画の投稿があった。堤防上の道を通行中に気づき、スマートフォンのカメラを向けたという。

<こちさがアンケート>相次ぐ値上げ、家計の工夫は?

原材料価格や燃料費の高騰に伴う食料品や日用品などの値上げが相次いでいます。

コロナ患者の葬儀費用は割高? 感染対策費用の上乗せも 補助がある自治体も

<こちさが>
新型コロナウイルスに感染して亡くなった人の葬儀は、割高になる?。佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)に、こんな相談が寄せられた。

<こちさが×ナガポス>「あなたが見つけた『春』」の写真、他にも

佐賀・長崎新聞SNS合同企画
無料通信アプリLINE(ライン)で読者とつながる佐賀新聞「こちらさがS編集局」(こちさが)と、長崎新聞の情報窓口「ナガサキポスト」によるSNS合同企画「あなたが見つけた『春』」は、会員の皆さんに春を感じた写真の投稿…

<こちさが>コロナ感染後もワクチン必要? 3カ月後目安に接種を

新型コロナウイルスの感染確認が再び増加傾向を見せる中、無料通信アプリLINE(ライン)で読者とつながる佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)には、最近感染したという男性からワクチンの追加接種に関する疑問が寄せ…

<こちさが×ナガポス>あなたが見つけた「春」(6) ツバメが運ぶ季節の便り 駅舎内で始まる“新生活”

大山直子さん(57)=長崎県川棚町
JR大村線の小さな駅、小串郷駅(長崎県川棚町)。近くに住む大山直子さん(57)は、買い物で週に1回ほど利用する。3月中旬、駅舎内でツバメのつがいを見つけ、思わずスマートフォンで撮影した。
イチオシ記事