がん検診

<診察室から>コロナ禍の検診 早期発見・治療のため受診を

2020年初頭から続くコロナ禍において、検診受診者の減少が大きな問題となっていました。

<一般質問ピックアップ>佐賀市(後半) スポーツ施設 市立体育館に空調設備設置へ有料鍵

佐賀市議会の一般質問(後半)は13~16日、議員13人が部活動の地域移行やスポーツ施設の空調設備などについて質問した。

佐賀県内でがん検診控えが長期化 コロナ感染減も回復鈍く

新型コロナウイルスの影響とみられるがん検診控えが、佐賀県内で長期化している。

【特集3】コロナ禍でもがん検診にいきましょう!

秋の健康特集2021
女性特有の「乳がん」や「子宮頸がん」は、早期の段階で治療をすれば、ほとんどの人が治ります。女性特有のがんについて県内の現状を県健康増進課に聞きました。

<佐賀県議会>常任委ピックアップ 9月24日

【佐賀空港の利用状況】 佐賀空港の利用状況について、江口善紀議員(県民ネット)の質問に黒田哲也空港課長が答えた。 空港課によると、新型コロナウイルスの影響で国際線は全線で運行を見合わせている。

消化器内科編/内視鏡によるがん検診

春の健康特集2019
日本人の死亡原因の第1位はがんで2人に1人がかかるといわれています。早期発見・早期治療の重要性が叫ばれる中、胃や食道、十二指腸、大腸の病変を見つける「消化管内視鏡検査」が一般的になってきました。

放射線科編/がん検診と骨粗しょう症

春の健康特集2019
自分の命を自分で守るためには、いかに早いうちにがんやその他の病気を見つけて、治療に結びつけられるかが鍵です。そのためには定期的ながん検診や健康診断が大切になります。
イチオシ記事