検索結果
<地域と交通・第4章「住民組織・NPO」>(6)嶋田暁文九州大法学研究院教授に聞く 移動支援、「地域力」が鍵に
<地域と交通・第4章「住民組織・NPO」>(5)自治体の後押し 持続可能な地域交通に
<地域と交通・第4章「住民組織・NPO」>(4)「在宅」を目指して 介護と交通、連携不可欠
<地域と交通・第4章「住民組織・NPO」>(3)透析患者自ら 通院の苦労支え合う
<地域と交通・第4章「住民組織・NPO」>(2)先駆者の「休止」 ボランティア頼み限界
<地域と交通・第4章「住民組織・NPO」>(1)「善意」に支えられ 交通弱者に地域目配り
<地域と交通 さが未来路> 19年度利用者12.3%減
<地域と交通・さが未来路>西肥バス、ICカードを導入
<地域と交通・第3章「事業者」>(6)持続可能性 人材確保の努力、今なお
<地域と交通・第3章「事業者」>(5)JR九州 企業論理、揺らぐ公共性
記者日記 使命感
<地域と交通・第3章「事業者」>(4)公営、三セク 高い公共性、利用促進模索
<地域と交通・第3章「事業者」>(3)タクシー業界 委託事業に活路見いだす
<地域と交通・第3章「事業者」>(2)乗り合いバス〈下〉 路線維持へ官民連携
<地域と交通・第3章「事業者」>(1)乗り合いバス〈上〉 コロナ禍でも欠かせぬ足 運転士不足、改善見えず 
脊振町住民の新たな「足」、愛称「ふれあいタクシー」に
「昭和バス」ありがとう、運行終了でメッセージボード 佐賀市富士町
<地域と交通・さが未来路>富士と三瀬で運行終了式 地域バスに移行
<地域と交通・第2章「自治体」>(6)苦戦する代替バス ニーズ探るも「最適解」遠く
<地域と交通・第2章「自治体」>(5)細る地方鉄路 収益重視の尺度に戸惑い

地域別ニュース