高校総体の検索結果

独自の進化を遂げた沖縄のバスケットボール、その軌跡を辿る

日本復帰50年、米国統治時代から人気
日本に復帰して半世紀がたった沖縄県では、米国統治時代からバスケットボールが人気だ。公園などで気軽に楽しめる環境があり、ジュニア世代の実績は輝かしい。

<新さがスポーツ人国記(6)>フェンシング 野本尚子さん 「勝ち続ける県」目指し奮闘有料鍵

「力を入れなくていいからね」。野本尚子=佐賀商高教諭=は佐賀県でフェンシングの指導を始めたころ、県職員に言われた言葉を今も忘れない。「勝たなくていいと言われたら勝ちたくなる」。

記者日記 それぞれの選択有料鍵

強豪校と呼ばれる学校の部活には、1年生から3年生まで数多くの生徒が在籍している。そこからベンチ入りメンバーになり、さらにレギュラーを目指すのは簡単なことではない。

バスケで18歳以下トップリーグ

男女とも新設、強豪高校参戦へ
日本バスケットボール協会は20日、18歳以下の全国トップリーグを新設すると発表した。本年度は男女各8校の強豪高校が、8~11月に1回戦総当たりのリーグ戦を行う。

<ウェブ写真館>佐賀県高校総体を公開

佐賀県高校総合体育大会の写真を、佐賀新聞ウェブサイト内「ウェブ写真館」に公開しています。熱戦の模様をぜひご覧ください。 ウェブ写真館はこちら。

デスクノート 勝利だけでなく有料鍵

高校野球佐賀大会の組み合わせが決まった。佐賀大会が終わるころには、全国高校総体が始まる。小学生や中学生の大会も続き、スポーツの季節が来たことを実感している。 この時期に胸の痛みとともに思い出す光景がある。

<記者解説>国スポ・全障スポ2024佐賀大会 施設整備大詰め 選手の育成、発掘に熱有料鍵

2024年に佐賀県で開かれる国民スポーツ大会(国スポ)・全国障害者スポーツ大会(全障スポ)の開幕が約2年後に迫る中、会場となる施設の整備や大会で活躍が期待される選手の育成が熱を帯びている。

記者日記 ただいま準備中有料鍵

4日に閉幕した県高校総体。短期間に約30競技が集中開催され、会場をはしごしながら慌ただしく取材に回った。試合前の静寂から歓喜の瞬間まで、スポーツ撮影では数百回とシャッターを切る。

<水球・全九州高校選手権> 佐賀東が4位

第73回末弘杯全九州高校選手権水球競技大会が11、12の両日、福岡県立総合プールで行われた。佐賀県勢は佐賀東が出場して4位に入り、全国高校総体の予選を兼ねた全九州高校体育大会のシード権を獲得した。

<脚光のキセキ>指導者の言葉有料鍵

4日に幕を閉じた佐賀県高校総体。コートの外では力を出し切った選手たちに寄りそう指導者の姿も印象に残った。教え子たちの躍動を誇りに思い、これから先の人生の糧にしてほしい。そんな思いが言葉の端々から感じられた。

記者日記 「車が停められない!」有料鍵

佐賀県高校総体が5月27日から開かれた。多くの競技が実施された29日の日曜日。そろそろ自宅を出ようかと思っていたところ、スマートフォンが鳴った。画面を確認すると、「SAGAプラザは満車です。駐車に苦労します」―。

<脚光のキセキ>最高のボレーを求めて有料鍵

県高校総体のテニス男子団体。優勝した佐賀商の取材をしようと近づくと、こちらをじっと見つめる選手が一人いた。主将の伊藤旭飛選手。手招きをすると「やった」と、すぐに取材が始まった。

<佐賀県高校総体2022>回顧 コロナと共生2年目 国スポ「ターゲットエイジ」も躍動有料鍵

団体戦優勝校一覧
第60回佐賀県高校総合体育大会は4日、県内41校6405人が30競技32種目で繰り広げた熱戦の幕を閉じた。新型コロナウイルスと「共生」して迎える2年目の大会。

<佐賀県高校総体2022>ウエイトリフティング女子 松尾環那・全国に向けフォーム見直す

ウエイトリフティング女子49キロ級で全国総体の参加標準記録を突破した松尾環那(佐賀清和) 練習不足で自分の力を発揮できなかった。

<佐賀県高校総体2022>松尾(佐賀清和)全国総体へ ウエイトリフティング女子

第60回佐賀県高校総合体育大会最終日は4日、SAGAスタジアムで延期となっていたウエイトリフティング女子が行われた。

<佐賀県高校総体2022>サッカー男子 佐賀東連覇、激闘制す有料鍵

MF宮﨑飛羽、終了間際に決勝弾 公式戦初ゴール 佐賀東1-0佐賀学園
激闘に終止符を打ったのは、右サイドを駆け上がった3年生の公式戦初ゴールだった。サッカー男子決勝は佐賀東のMF宮﨑飛羽が終了間際に奪った1点で佐賀学園を下した。

<佐賀県高校総体2022>サッカー男子 佐賀学園あと一歩届かず有料鍵

指揮官「これで終わりではない」
試合終了のホイッスルが響くと、選手たちはピッチに倒れ込んだ。新人大会に続く優勝を目指した佐賀学園は試合終盤、佐賀東に勝ち越しゴールを許した。

<佐賀県高校総体2022>サッカー女子 神埼圧倒V12有料鍵

「九州で勝ち全国へ」
怒涛(どとう)のゴールラッシュだった。サッカー女子決勝は神埼が武雄を6―0で下して12度目の頂点。大量得点での勝利にも、相島哲治監督は「イージーなミスが多かった」と厳しい表情を見せた。

<佐賀県高校総体2022>サッカー女子 武雄「このチームで本当に良かった」

サッカー女子で準優勝した武雄の主将の篠原日菜子 得点できずに負けて悔しい。初心者が多いチームでうまくいかないこともあったけど、このチームで戦えて本当に良かった。

<佐賀県高校総体2022>サッカーは男子・佐賀東、女子は神埼が優勝

第60回佐賀県高校総合体育大会第7日は2日、SAGAスタジアムでサッカー男女の決勝が行われた。男子は佐賀東が佐賀学園に1―0で競り勝って優勝。女子は神埼が武雄を6-0で下して頂点に立った。