購読料改定のお願い

3月から月額3,350円に 紙面刷新と読者サービス拡充

 佐賀新聞社は3月1日から、本紙月決め購読料を2988円(消費税込み)から362円引き上げ3350円(同)に改定しました。

 本紙の本体価格(税別)は、平成6年(1994年)3月以来、25年間据え置いてきました。しかし、本格的な人口減少などに加え、用紙代や輸送経費の上昇によって、新聞業界を取り巻く環境は一段と厳しさを増しています。また、高齢者の見守りサポートなど地域に根差したさまざまな貢献活動を展開し、社会インフラとしての機能も果たしている佐賀新聞販売店も、戸別配達を支える配達員不足が年々深刻化し、労働条件の改善などによって配達員の確保が急務になっています。合理化や経費削減にも努めてきましたが、戸別配達網を守るため、苦渋の決断として読者の皆さまにご負担をお願いすることに至りました。

 今回の改定に伴い、読者の皆さまへのサービスをさらに拡充させます。地域の話題の充実やお得な情報をはじめ、本紙購読者は追加料金なしで「佐賀新聞電子版」を読めるようにします。

 県民、読者の皆さまの多大なご支援によって今年8月には創刊135周年を迎えます。紙の新聞だけでなく、ウェブサイトでの速報や動画配信など多角的な報道を行い、郷土紙としての使命を果たしていきます。何卒ご理解をいただき、引き続きご愛読くださいますようお願い申し上げます。

 なお1部売りは150円(消費税込み、現行130円)とさせていただきます。電子版の月決め購読料は、本紙購読とセットのダブルプラン、電子版のみのシングルプランともに本紙と同額の3350円(税込み)に改定します。

佐賀新聞社