設立規定活動報告助成金奨学金義援金歳末助け合い運動

 

北海道地震義援金受け付け 

佐賀善意銀行と佐賀新聞社は、6日に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする
地震被災地の一日も早い復興を願い、義援金を募ります。

▽受付期間 10月31日(水)まで。ただし、土曜、日曜、祝日を除く。
    受付時間は午前9時半から午後5時まで。

▽受付窓口 佐賀善意銀行(〒840ー8585 佐賀市天神3の2の23、佐賀新聞社内)

▽預託方法 現金か小切手に限らせていただきます。
 ※金額を確認のうえ、ご持参ください。
 お預かりした義援金は、県共同募金会、日赤県支部を通じて全額を被災地に届けます。
▽問い合わせ 佐賀善意銀行、電話0952(28)2153
  佐賀善意銀行 佐賀新聞社

佐賀銀行で義援金受付開始

佐賀銀行窓口での義援金受け付けを始めました。
窓口からのみ振込手数料は無料です。
次の口座へお振り込みください。

【振込口座】
  佐賀銀行 本店営業部
  普通 2844262
  佐賀善意銀行 義援金 頭取 中尾清一郎

 

▽問い合わせ
  佐賀善意銀行、電話0952(28)2153 
  佐賀善意銀行 佐賀新聞社


 

義援金窓口終了のお知らせ

 佐賀善意銀行では災害発生当初より開設しておりました「熊本地震義援金」・「九州豪雨災害義援金」の受け付けを終了いたしました。

 みなさまの温かい善意に心から感謝申し上げますとともに、一日も早い被災地の復興をお祈りいたします。

 

九州豪雨災害義援金の税務上の取扱いについて

 佐賀善意銀行に預託いただいた九州豪雨災害義援金については、所得税法第78条第2項第1号及び法人税法第37条第3項第1号の「国又は地方公共団体に対する寄附金」に該当しますので、お手元の預かり証もしくは振込通知書の控えは大切に保管してください。

 

九州豪雨災害義援金を引き渡しました

 

 佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)は3日、九州北部豪雨災害を受けて県内の企業、団体、個人から7月11~31日に寄せられた義援金(総額491万4487円)を佐賀市の県共同募金会と日本赤十字社県支部に贈った。
 佐賀市のアバンセであった贈呈式では、蕪竹真吾運営委員長が、県共同募金会の井田出海会長と日本赤十字社県支部の船津定見事務局長に目録を手渡した。蕪竹委員長は「災害支援に有効活用してください」と話し、井田会長は「貴重な浄財を大切に使いたい」、船津事務局長は「被災者の生活支援に役立てたい」と謝辞を述べた。義援金はそれぞれの団体を通じて福岡県や大分県の被災者支援に充てられる。(8月4日付)

 

熊本地震義援金の税務上の取扱いについて

 佐賀善意銀行に預託いただいた熊本地震義援金については、所得税法第78条第2項第1号及び法人税法第37条第3項第1号の「国又は地方公共団体に対する寄附金」に該当しますので、お手元の領収証もしくは振込通知書の控えは大切に保管してください。

 

平成28年度預託分の熊本地震義援金引渡しについて

 震災発生後から平成29年3月31日までに受け付けた熊本地震義援金の総額は1億4,353万6,334円でした。

 1億3,267万3,228円を熊本日日新聞を通じて熊本県へ、日本赤十字佐賀県支部と佐賀県共同募金会へそれぞれ517万3,803円を、残りの51万5,500円を大分県へ引き渡しましたことをご報告します。

 

義援金

佐賀善意銀行では、海外・国内で災害が発生した場合、義援金の受け付け窓口を開きます。県民に広く呼びかけ、被災地へみなさまの善意を贈ります。

 

今までおこなった主な義援金受付

【平成17年度】
パキスタン地震緊急募金

【平成19年度】
新潟中越沖地震義援金

【平成20年度】
ミャンマー・サイクロン義援金
中国・四川大地震義援金

【平成21年度】
サモア・スマトラ沖地震義援金
ハイチ地震義援金

【平成22年度】

宮崎県口蹄疫義援金

奄美地方豪雨災害義援金

【平成23年度~】

東日本大震災義援金

【平成27年度】

台風18号等災害義援金