草野杏実
デジタル報道部・スポーツ担当
草野杏実 くさの・あみ
2019年4月入社 。趣味は本と漫画を読むことです

草野杏実記者の記事一覧

<2022夏輝く球児たち>佐賀西・投手軸に守備から流れ

厚い投手層を武器に守備から流れを引き寄せる。 制球力がある右腕上釜や、184センチの長身から投げ下ろす中嶋らを、1年から正捕手を務める大串がリードする。 打撃の要は主将で4番の光武=写真。

<ボルダリング>「ジャパンカップ制し再び世界へ」W杯6位・大河内芹香に聞く

スポーツクライミングの大河内芹香(24)=佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟=が、6月10~12日にイタリア・ブリクセンであったボルダリングのワールドカップ(W杯)で自身最高の6位に入った。

<佐賀バルーナーズ>元日本代表・満原が加入 山下は期限付き

バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は6月30日、1部(B1)琉球ゴールデンキングスから、元日本代表のPF/C満原優樹(32)が加入、B1島根スサノオマジックから…

<バルーナーズ>エリス、山本ら4選手、契約満了 

バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は6月30日、PFペリー・エリス(28)やPG山本郁也(30)らとの契約を満了したと発表した。

PFチェイス・フィーラー、B1王者宇都宮から佐賀バルーナーズに加入 バスケットボール男子

バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は28日、今季1部(B1)を制した宇都宮ブレックスからPFチェイス・フィーラー(30)が加入すると発表した。

<全日本学童軟式野球佐賀大会>雨天順延 6月26日に準決、決勝

高円宮賜杯第42回学童軟式野球佐賀県大会(県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、日本マクドナルド協賛)第11日は25日、佐賀市のさがみどりの森球場であった。

<全九州高校体育大会>敬徳ベスト4、卓球男子団体

全九州高校体育大会は25日、福岡県の久留米総合スポーツセンター体育館などで卓球とボクシングがあり、佐賀県勢は卓球男子団体で敬徳がベスト4に入った。

<佐賀県中学総体>バドミントン男子団体 東原庠舎東部校、初V

第2日
第59回佐賀県中学校総合体育大会第2日は25日、佐賀市の佐賀勤労者体育センターなどでバドミントンと体操、テニスがあった。バドミントンの男子団体は東原庠舎東部校が初優勝。女子同は大和が連覇した。

<カヌー・ジャパンカップ>佐々木優(県スポーツ協会)頂点

カヌーワイルドウォータージャパンカップ第3戦は25日、青森県の目屋渓谷岩木川カヌー競技場であり、佐賀県勢は男子カヤックシングルの佐々木優(県スポーツ協会)が34秒64で頂点に立った。

<新さがスポーツ人国記(6)>フェンシング 野本尚子さん 「勝ち続ける県」目指し奮闘

「力を入れなくていいからね」。野本尚子=佐賀商高教諭=は佐賀県でフェンシングの指導を始めたころ、県職員に言われた言葉を今も忘れない。「勝たなくていいと言われたら勝ちたくなる」。

<2022夏輝く球児たち>有田工 主戦塚本軸に守り勝つ

選抜大会に出場した第2シードの有田工。バッテリーを軸とした守備から流れを引き寄せ、夏の甲子園を目指す。 守備の要は主戦塚本=写真。120キロ台後半の直球に変化球を織り交ぜ、凡打に打ち取る。

頂点目指し熱戦、11部門700人決勝進出 佐賀県アマゴルフ選手権大会

第28回佐賀県アマチュアゴルフ選手権大会(県スポーツ協会・県ゴルフ協会主催、佐賀新聞社など大会実行委主管、佐賀トヨタ自動車特別協賛)決勝大会は8月27、28の両日、三養基郡みやき町の佐賀カントリー…

<佐賀県アマチュア野球王座決定戦>内田資材、県大会へ 若楠連盟

第60回記念佐賀県アマチュア野球王座決定戦(佐賀新聞社主催、県軟式野球連盟主管)の若楠連盟の代表決定戦が19日、佐賀市の嘉瀬川河川敷グラウンドであり、内田資材が県大会出場を決めた。

<全九州高校体育大会>ホッケー・伊万里実逆転負け 「全国へ守備修正」

全九州高校体育大会は20日、鹿児島県などで5競技が行われ、男子ホッケーで伊万里実が準優勝した。バドミントン女子シングルスでは、今泉明日香(佐賀女子)が3位に入った。

<水泳・学童五輪>中嶌梛釉(佐賀ダイビングク)女子飛び込み優勝

JA杯第37回佐賀新聞学童オリンピック大会・水泳競技(佐賀新聞社・県水泳連盟主催、JAグループ佐賀特別協賛)は19日、佐賀市のSAGAアクアであった。

<学童五輪>水泳 男子平泳ぎ永廣飛和(ビート小城)2冠

成績
JA杯第37回佐賀新聞学童オリンピック大会・水泳競技(佐賀新聞社・県水泳連盟主催、JAグループ佐賀特別協賛)は19日、佐賀市のSAGAアクアで競泳58種目と、4大会ぶりに飛び込みがあった。

<ソフトテニス・学童五輪>8連覇を達成した桜ジュニアの田代穂花・下牟田彩希ペア

田代 チームのみんなが頑張った結果。ツイストなど技術的なプレーをすることができた。もっとフォアを上手く打てるようになりたい。 下牟田 うれしいし、楽しかった。焦らないことを心掛けて決勝に臨んだ。

<ソフトテニス・学童五輪>2連覇を飾った桜ジュニアの森旺亮・渋田将平ペア

森 2連覇できてうれしい。決勝は相手の後衛を左右に走らせることが難しかった。もっとネットのぎりぎりに打てるようになりたい。 渋田 団体で優勝できてうれしかった。

<ソフトテニス・学童五輪>桜ジュニア、女子8連覇、男子も2連覇

JA杯第37回佐賀新聞学童オリンピック大会・ソフトテニス競技(佐賀新聞社・佐賀県ソフトテニス連盟主催、JAグループ佐賀特別協賛)は18日、佐賀市立テニスコートであり、男女ともに桜ジュニア(小城市)…

<佐賀県中学総体・第1日>新体操男子中尾迅(千代田)個人制す

第59回佐賀県中学校総合体育大会は18日、神埼市の神埼清明高で開幕し、男子の新体操があった。個人総合は中尾迅(千代田)が頂点に立った。
イチオシ記事