花木芙美
コンテンツ部・学芸担当
花木芙美 はなき・ふみ
2017年1月入社 。デスク付-学芸班

花木芙美記者の記事一覧

<観客席より>広島の“思い”舞台で再び ミュージカル「はだしのゲン」 

佐賀市文化会館で8月7、8日
佐賀市民劇場が7、8日の両日、演劇集団Pカンパニーのミュージカル「はだしのゲン」(脚本・作詞・演出=木島恭、作曲=林はじめ)を佐賀市文化会館に招いた。

学生演劇集団「らんば」が初の有料公演 8月20日、エスプラッツホール 

今年1月に発足した学生演劇集団「らんば」(川原彩音主宰、17人)が20日、佐賀市白山のエスプラッツホールで公演する。

山口芳水さん(佐賀市)ANAとコラボ 8月31日まで国内線で動画配信 公式ECサイトで作品販売

書道家でアーティストの山口芳水さん(42)=佐賀市=が、ANAグループとアートプロジェクトでコラボレーションしている。

記者日記 2001年宇宙の旅

画家の服部大次郎さんらが、グループ展「磁場展」を佐賀県立美術館で開いている。会期前、そのうち数人の画家に取材した。

「磁場展」2年ぶり開催 自由な表現ほとばしる感性 14日まで佐賀県立美術館

佐賀で活躍するベテラン作家9人による42回目の「磁場展」が、2年ぶりに始まる。枠にとらわれない自由な表現で、それぞれの感性をほとばしらせる。

作品づくりの裏側紹介 小城市立歴史資料館で「空・創・感」展

小城ゆかりの作家8人が、グループ展「空・創・感-現代を描く郷土の表現者たち-」を開いている。「アートのつくりかた」をテーマに、作品の創作手順や意図も紹介し、アートの裏側を見せる。

<NTT西杯少年野球>有田中部球友など8強 8月8日に準々決勝

第53回佐賀県少年野球選手権大会
第53回佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会(県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、NTT西日本佐賀支店協賛)第2日は7日、佐賀市のさがみどりの森球場と佐賀ブルースタジアムで、2回戦8試合が…

大隈重信の先見性、小中学生学ぶ 佐賀市の記念館で講座

大隈重信記念館(佐賀市)で7月30日、「第18回子ども大隈講座」が開かれた。

<イベント>子どもたちと踊り遊ぼう 振付師の北村成美さんがダンスフェス

20日、佐賀市の東与賀文化ホール
振付家の北村成美(しげみ)さんのダンスワークショップが、20日の10時半と14時から佐賀市の東与賀文化ホールで開かれる。

柳亭小痴楽さん独演会 8月27日、東与賀文化ホールで

人気若手真打ちの柳亭小痴楽さんが27日午後2時から、佐賀市の東与賀文化ホールで独演会を開く。昨年も観客から大喝采の好評を得た小痴楽さんが、今年も弟弟子の柳亭楽ぼうさんと会場を盛り上げる。

アーティスト・立石覚さん(佐賀市)が喫茶ヤクで個展

会期を書画編と写真編に分け、遊び心あふれるポップな世界を展開
佐賀市のアーティスト立石覚さん(39)が、友人が経営するカレー店「喫茶ヤク」で個展を開いている。

<イベント>冨永ボンドさんTikTokイベント出演 8月6日、福岡市のソラリア

ライブペインティング披露
木工用接着剤で絵を描く画家の冨永ボンドさん(多久市)が8月6日、福岡市中央区のソラリアゼファで、動画投稿アプリTikTokの人気クリエーターが集まるイベントに出演する。

子宮頸がんワクチン効果確認 20~24歳接種者、病変発生率低く 佐賀大の横山教授、佐賀市で調査

子宮頸(けい)がんの原因となるウイルスの感染を防ぐHPVワクチンの接種に関し、佐賀大医学部の横山正俊教授らのグループが佐賀市のデータを元に、子宮頸部病変の発生率が減少するという調査結果を発表した。

<新型コロナ>佐賀県内1524人感染、病床使用率51・7% 7月30日

佐賀県は30日、1524人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。病床使用率は51・7%で前日に続き50%台となっている。県内での感染確認は延べ8万6621人。

佐賀清和高放送部が日本一に NHK杯全国大会・ラジオドキュメント部門 バス車内アナウンス題材、番組制作

第69回NHK杯全国高校放送コンテストのラジオドキュメント部門で、佐賀清和高放送部が初優勝を果たした。

<健康ほっとセミナー>紫外線・乾燥から肌守って 中尾医院の中尾高子さん

健康に関する悩みについて専門家が助言する「健康ほっとセミナー」(佐賀新聞社主催、メガネのヨネザワ共催)が30日、佐賀市のメガネのヨネザワ佐賀本店であった。

国立音大同窓生がコンサート 佐賀県立美術館ホールで 8月6日

国立音楽大学佐賀県同調会会員による「第50回記念くにたちコンサート」が、8月6日午後2時半から佐賀市の県立美術館ホールで開かれる。

<ほっとクリップ>句集『むつごろ』729号発刊

佐賀番傘川柳会(横尾信雄代表)が句集『むつごろ』の729号を発刊した。 リレー随筆は柳誌『触光』の高田寄生木賞で入選した、西沢葉火さん(長野県)の論文「そしてあしたのパピプペポ」を掲載した。

<ほっとクリップ>歌誌『カナリア』22号発刊

ひのくに伊万里支社カナリア短歌会(西田雅子代表)が、歌誌『カナリア』22号を発刊した。会員25人のうち17人が短歌を、16人がエッセーを寄せた。

<映画>三重県の「奇祭」ドキュメンタリー 伊藤有紀監督の舞台あいさつも

7月30、31日 唐津市のシアター・エンヤ
三重県の奇祭を描いた映画『おれらの多度祭』(60分)を撮影した伊藤有紀監督が、30、31日の両日に唐津市のシアター・エンヤを訪れる。同作の上映後は舞台あいさつに立ち、観客の質問にも答える。
イチオシ記事