佐賀県唐津市長・市議選挙

【関連記事】

 投票は1月31日午前7時から午後6時まで市内67カ所で実施される。期日前投票は25~30日の午前8時半から午後8時まで、市役所本庁など市内10カ所で行う(イオン唐津店は午前11時から午後7時まで)。七つの離島では28日の午前10時から午後3時まで実施する。

 選挙人名簿登録者数は23日現在、9万9645人(男性4万6285人、女性5万3360人)。

唐津市長選(1月31日投開票) 現職と新人一騎打ちへ

上から届出順

宮崎千鶴(みやざき・ちづる、66歳)無新
元会社代表、ボランティア団体事務局長(市議、会社員)創価大卒、神田

峰達郎(みね・たつろう、60歳)無現①
市長、薬剤師、上場土地改良区理事長(県議、市議)第一薬科大卒、山本

 任期満了に伴う唐津市長選と市議選が1月24日、告示された。市長選には新人で元市議の宮崎千鶴氏(66)=神田=と、現職の峰達郎氏(60)=山本、1期=が無所属で立候補を届け出た。定数2減で28議席を争う市議選には33人が出馬し、投開票日の31日まで1週間の選挙戦に入った。

 人口減少対策や、新型コロナウイルスの影響で疲弊している市内経済の立て直しなどが主な争点になる。

 宮崎候補は新興町の市近代図書館前で出陣式をした。「今の唐津は元気がない。誰かが変えなくてはいけない」と意気込んだ。「これまでの市長は、唐津をよくしていこうというビジョンがなかった。女性の視点で、住みやすい唐津に全力で変えていく」と訴えた。

 峰候補は養母田の春日神社で神事に臨んだ後、第一声を上げた。「コロナ禍を乗り越えた経済再興、市財政問題、750の公共施設の統廃合などが喫緊の課題」とした上で「市民のための唐津をつくり上げる。2期目は唐津をもっと進化させていく」と主張した。

唐津市議選(1月31日投開票)

 唐津市は今回の改選から定数30を2削減し、28とする。

 市議選には現職25人、新人8人が立候補した。地区別では旧唐津市が20人、浜玉が4人、鎮西、肥前が各2人。厳木、七山、北波多、呼子、相知は1人。党派別では公明党が3人、共産党が2人、自民党、社民党、立憲民主党が各1人で、無所属は25人。

唐津市議選立候補者 定数28―立候補33人

上から届出順

  • 宮本悦子(みやもと・えつこ、57)
    公現(1)党県本部女性局次長(会社員)唐津商高卒、神田
  • 黒木 初(くろき・はじめ、32)
    共新 党市委員会青年部長、大阪観光大中退、浜玉町
  • 古藤 宏治(ことう・ひろはる、61)
    無現(1)農業、町青少年育成協議会長、唐津農高卒、浜玉町
  • 宮原 辰海(みやはら・たつみ、56)
    無新 広瀬ホタルの会役員(県職員)唐津東高卒、厳木町
  • 進藤 健介(しんとう・けんすけ、67)
    無現(4)からつ少年の船団長、福岡第一高卒、神田
  • 大西 康之(おおにし・やすゆき、60)
    無現(3)曳山取締会役員、保護司、長崎総合科学大卒、本町
  • 酒井 幸盛(さかい・ゆきもり、71)
    無現(3)(鎮西町長)国士舘大卒、鎮西町
  • 江里 孝男(えり・たかお、71)
    無現(2)NPO法人事務局長(市支所長)唐津工高卒、相知町
  • 白水 敬一(しらみず・たかかず、66)
    公現(4)党県本部幹事長、同議会局長、福岡大卒、千々賀
  • 久保 美樹(くぼ・みき、60)
    無新 会社役員(商議所女性会長)福岡大卒、呉服町
  • 中川 幸次(なかがわ・こうじ、67)
    公現(4)農業、党県本部佐賀第2総支部長、創価大卒、浦
  • 石﨑 俊治(いしざき・しゅんじ、71)
    無現(4)地域づくり団体会長、唐津東高卒、北波多
  • 青木 茂(あおき・しげる、60)
    無現(4)(唐津西高振興会長)福岡大卒、二タ子
  • 田中 秀和(たなか・ひでかず、55)
    無現(4)唐津工高同窓会顧問、唐津工高卒、原
  • 原 雄一郎(はら・ゆういちろう、46)
    無現(1)湊岡まちづくり団体顧問、福岡工大卒、湊町
  • 吉村慎一郎(よしむら・しんいちろう、58)
    無現(2)農業、入野校区スポーツ協会長、唐津商高卒、肥前町
  • 浦田 関夫(うらた・せきお、71)
    共現(4)農業、党唐津市委員長、唐津工高中退、唐川
  • 水上 勝義(みずかみ・かつよし、72)
    無現(4)農業(鬼塚公民館長、会社員)唐津農高卒、山本
  • 熊本 大成(くまもと・ひろなり、72)
    自現(4)農業、佐志校区社協会長、唐津農高卒、佐志南
  • 林 正樹(はやし・まさき、72)
    立現(1)会社社長(税理士事務所勤務)九州産業大卒、鏡
  • 大宮路美奈子(おおみやじ・みなこ、47)
    無新 (NPO法人職員)九州産業大卒、水主町
  • 岩瀬 雅昭(いわせ・まさあき、38)
    無新 会社社長、鏡神社総代、九州共立大卒、浜玉町
  • 三浦 重德(みうら・しげとく、70)
    無現(4)会社役員、佐賀実高中退、呼子町
  • 楢崎 三千夫(ならざき・みちお、69)
    無現(4)農業、浜玉土地改良区理事長、糸島農高卒、浜玉町
  • 野﨑 隆文(のざき・たかふみ、58)
    無新 NPO法人理事長(高島区長)唐津西高卒、高島
  • 伊藤 一之(いとう・かずゆき、63)
    社現(2)JR九州社員、党支部長、大分・日田高卒、和多田
  • 青木 茂(あおき・しげる、47)
    無現(1)会社役員(唐津YEG会長)日本文理大卒、十人町
  • 井上 裕文(いのうえ・ひろふみ、38)
    無新 (通信社・新聞記者)中央大卒、石志
  • 山下 寿次(やました・ひさつぐ、61)
    無現(1)農業、上場土地改良区理事、関西学院大中退、肥前町
  • 笹山 茂成(ささやま・しげなり、69)
    無現(4)漁業(玄海水産振興研究会顧問)湊中卒、湊町
  • 中村 健一(なかむら・けんいち、66)
    無現(4)農業(村議)唐津西高卒、七山
  • 岡部 高広(おかべ・たかひろ、55)
    無新 農業(市都市整備部副部長)唐津工高卒、鎮西町
  • 伊藤 泰彦(いとう・やすひこ、59)
    無現(2)(唐津商高教育振興会長)久留米大卒、相賀

上から下に届け出順、敬称略。年齢は投票日現在。党派の略称は自=自民、立=立憲民主、公=公明、共=共産、社=社民。無は無所属。かっこ内は旧職。()内の数字は合併後、新市になってからの当選回数。

イチオシ記事
 
おすすめコンテンツ