佐賀県上峰町長選挙

 

上峰町長選 現職と新人が激突

 任期満了に伴い3月9日に告示された三養基郡上峰町長選は午後5時で立候補の届け出が締め切られ、新人で前町総務課長の三好浩之氏(55)=堤=と、現職の武広勇平氏(41)=3期、堤=以外に届け出がなく、一騎打ちが確定した。14日に投開票される。

 3月8日現在の選挙人名簿登録者数は7809人(男性3716人、女性4093人)。

中心市街地の活性化、最大の争点

 9日に告示され、選挙戦に突入した三養基郡上峰町長選。地域経済をけん引していたイオン上峰店の閉店から2年以上が経ち、衰退が進む中心市街地の活性化が最大の争点になる。

候補者の公約

候補者の横顔

 14日に投開票される三養基郡上峰町長選は、新人で前町総務課長の三好浩之氏(55)=堤=と、現職の武広勇平氏(41)=3期、堤=が論戦を繰り広げている。両候補の歩みや政治への思いを紹介する。

 

イチオシ記事
 
おすすめコンテンツ