第40回 佐賀広告賞
金・銀・銅賞作品のご紹介

「佐賀広告賞」は今年40回目を迎えました。その間にメディアを取り巻く社会が大きく変わりました。特に最近の変化は目まぐるしく、face book、LINE、ユーチューバー、AI、5G、〇〇Pay、ビックデータ、メルカリ、スマホゲーム、ネットショッピングなど10年前まで影も形もなかったものが登場し、世の中を変えています。その変化は年々加速度を増し、周りを飛び交う情報は毎年倍々ゲームで増えています。その反面、私たちは毎日目にする悲惨な情報や映像に漠然とした将来への漠然とした不安を抱えていることも事実です。

 今年の広告賞は、そのような気分を反映しているためか、「日野原重明先生に学ぶ 人生百年を生きる」、「私とマルボーロ 社員篇」「未来をつくる編」「あの日、佐賀に降った雨は。」など伝えたいこと、変えようとしているモノやコト、変えたくないモノやコトが、広告として表現されている感じを受けています。長期にわたって変わらず伝えて来たもの、自然や故郷に対する愛・夢を語ったもの。人の可能性を語ったものなど、スポンサーの伝えたい思いは、クリエータさんの心のフィルターを通じて観客にしっかり伝わっています。

九州産業大学 芸術学部 ソーシャルデザイン学科 釜堀文孝

 

 

<金賞> ミズ・溝上薬局
日野原 重明 先生に学ぶ 人生百年を生きる

2019年2月17日付

2019年3月17日付

 

佐賀広告センター
 105歳で亡くなった聖路加国際病院の日野原 重明先生の言葉を紹介するシリーズです。姿勢をあえて変えない広告スタイルを続けてメーッセージを伝えようとする経営者の哲学が感じられます。

 

<銀賞> 北島
私とマルボーロ 社員篇

2019年2月24日付

2019年3月31日付

佐賀広告センター
 社員がマルボーロのことを語っているのですが、決して露骨に宣伝しているわけではありません。素直に自分とマルボーロの関係を語っていることが、読者に安心感を与えいつの間にか引き込まれている広告です。

 

<銅賞> ガーデンテラス佐賀 ホテル&マリトピア
グランドオープン

2018年7月1日付

佐賀新聞サービス
 建物を写した構図が特徴的な作品です。パースが効いた建物の写真がリズムと躍動感を与えた作品となっています。

 

 

<金賞> 佐賀県建設業協会
未来をつくる編

佐賀広告センター
 人が歩く足元を後ろから追っていくカメラ。異なる職業・年齢・性別・暮らしが足元から想像できます。最後の「人が歩く 未来を作る」が素直に納得できます。

 

<銀賞> ソアー
ソの手がアーる!ソアー

佐賀広告センター
 アイコン風のイラストで情報を簡潔に伝えています。イラストも良い出来だと思います。情報を整理し簡潔に伝える引き算の伝え方をしており、その分伝えたい情報がすんなり入ってくる、よく考えられたCMです。

 

<銅賞> サガテレビ
かちかちPress芸術の秋キャンペーンCM「一歩、前へ。あなたのそばへ。」天に星編・子供は芸術家だ編

エスプロジェクト
 このCMは企業のPRというよりも教育や人をどう育てるかをテーマにしているような気さえします。人やまちづくり等の機能を持ってきたような感覚です。

 

 

<金賞> 竹下製菓
同級生篇・新商品篇・奈々じゃないよ、ブラモンよ篇

(同級生篇)

ナレーション:
   ここで同級生の話をさせてもらうとね、
   一見するとあいつって、いかつい印象なんだけど、
   実は内面はなめらかで、ぶれない美味しさ!
   なんだよな、
   って、あれ?これアイスの話してたわっ!
   おかげさまで50周年
サウンドロゴ:ブラックモンブラン~♪

竹下製菓 ラジオCMはこちら

エンターアイ
 サウンドロゴの効果が大事だとわかる良い例です。最後に流れる「ブラックモンブラン」が今までのリスナーの経験に働きかけ、印象に残ります。音も大切な企業資産だということがよく分かる作品です。

 

<銀賞> 日本エコライフ
NBC歌う天気予報

(2018年8月23日放送分)

1番:九州北部地方はね
   台風20号が近づいて
   雲の目立つ空模様
   通り雨に気を付けよう

2番:さがの太陽光はゆめソーラー
   遊んでる土地へ太陽光
   利回り10%も夢じゃない
   まーずーは相談 ゆめ相談

3番:アパートの屋根もゆめソーラー
   遊んでる屋根も太陽光
   空室対策効果大!
   気軽~に相談 ゆめ相談
   ゆめソーラーに聞いてみよう。

日本エコライフ ラジオCMはこちら

佐賀広告センター
 2分の長尺の広告です。馴染みのある声が天気予報を歌いながら知らせると同時にしっかり商品の宣伝も入れています。長さと歌が強みになっています。

 

<銅賞> ファクトリー
モールス信号

モールス信号(FACTORYと送信)
     F:・・-・
     A: ・-
     C:-・-・
     T:-
     O:---
     R: ・-・
     Y:-・--
ナレーション:
     株式会社ファクトリー

ファクトリー ラジオCMはこちら

エンターアイ
 始まりから終わり近くまで流れるモールス信号のツ、ッツーという音が何だろうと興味を引かせ、最後に会社名を流すことで心に残す効果を上げています。

 

 

<金賞> 佐賀銀行
2020年度新卒採用パンフレット

ビープラスト
 本物の銀行通帳を模した「入行案内」。審査委員からも欲しいと声が上がっていました。入社する若い人はきっと佐賀銀行の遊びごごろに感動したに違いありません。発想と丁寧な仕上がりが評価されました。

 

<銀賞> 小城重機建設
小城重機50周年記念2019カレンダー

佐賀新聞サービス
 重機の持つイメージを見事に裏切ってくれた作品です。そこに従来のイメージを変えようとする試みを感じます。
切り絵風に表現することで、教会のステンドグラスを連想させるような手の込んだ演出が感じられます。

 

<銅賞> 佐賀県県土整備部県土企画課
すごいぞ!ボクの土木展ポスター

Swiper01
Swiper02
Swiper03
Swiper04
Swiper05
 
 
 

佐賀広告センター/エンターアイ
 「土木展」は他にも映像メディア、テレビ、新聞など複数のメディアを使ったPRを展開しています。メディアを効果的に使用して告知を図る良い例だと思います。またポスターは土木らしいタイプフェイスがデザインされており、ポスターらしいポスターとなっています。

 

 

<金賞> 佐賀県農林水産部農産課
佐賀百家図鑑

※長時間映像ですのでWifi環境での閲覧をおすすめします。

佐賀新聞サービス
 私たちの食に関係する農業従事者を取材し、人と農産物を丁寧に紹介している。つくる側からの生産に対する魅力が伝わってくる作品です。

 

<銀賞>  佐賀県県土整備部県土企画課
あの日、佐賀に降った雨は。

エンターアイ/佐賀広告センター
 一粒の雨の視点が斬新です。山に降った雨が最後に涙となるまで一編の詩を見ているようです。

 

<銅賞>  佐賀市秘書課シティプロモーション室
見るだけで脳が幸せになる!?佐賀牛のサシパワー  瞑想プログラム「マインドサシネス」

佐賀広告センター
 面白い企画で毎回楽しませてくれるシティプロモーション室ですが、今年は佐賀牛のサシを持ってきました。瞑想の効果は定かではありませんがサシの魅力は十分アピールできています。