家族の絵コンクールに3431点

 「2018家族の絵コンクール」(佐賀新聞社主催、ミサワホーム佐賀協賛)の審査があり、子どもたちがそれぞれ家族を思いながら描いた絵が集まった。最優秀賞に輝いたのは、納所保育園の今村瑠唯(るい)ちゃん(5)=小城市=の「大好きなぼくの家族」。ミサワホーム佐賀賞には北波多第二保育園の井上幸(こう)ちゃん(3)=唐津市=の「だいすきなかぞく」が選ばれた。

 コンクールには3歳から小学生まで3431点の応募があった。佐賀大学教育学部の栗山裕至教授と佐賀大学附属小の中野和幸教諭が審査し、入賞作品の180点を選んだ。

 特選以上の作品を紹介する。

 

最優秀賞
今村 瑠唯
(納所保育園 年長)
題名「大好きなぼくの家族」

 

ミサワホーム佐賀賞
井上 幸
(北波多第二保育園 年少)
題名「だいすきなかぞく」

 

特選
大野 登茂己
(武雄くらら園 年少)
題名「妹とあそんだよ」

 

本山 空汰
(中里保育園 年中)
題名「どうぶつえんにいったよ」

 

深江 翠
(あかさかルンビニー園 年中)
題名「家族の絵」

 

川副 さくら
(真生幼稚園 年長)
題名「なわとびめいじんのおにいちゃん」

 

大島 来玖
(大崎こども園 年長)
題名「僕の家族」

 

坂口 陽奈
(たちばな保育園 年長)
題名「おぎこうえんであそんでいるところ」

 

川内 瑞貴
(佐賀大学附属小学校 1年)
題名「ディズニーランドに行って、めいろをしたよ」

 

古井 大和
(大浦小学校 2年)
題名「だいすきなおとうさんとおにいちゃん」

 

日隈 月咲
(旭小学校 3年)
題名「かぞくでどうぶつえん」

 

宮﨑 温大
(山内東小学校 4年)
題名「かぞくといっしょ」

 

莊山 恭輔
(千代田中部小学校 5年)
題名「弁当おいしそう」