家族だんらん 2021年度 食育カレンダー

 子どもたちに「食」の大切さを知ってもらおうと県内児童を対象に募った「家族だんらん食育標語コンクール」は、昨年12月から今年2月初旬までの約2カ月間で、72校9492点の作品が集まり、過去最多の応募点数となりました。作品内容では、規則正しい食生活の大切さや食品ロスの社会的な視点、あるいは地産地消で県産品の消費拡大を呼び掛ける多種多様の食育標語の応募がありました。

 今回、寄せられた標語作品で、一番の特徴は、世界的な大流行となった新型コロナウイルス感染と「食」との関わりについて、多くの児童が触れていた点です。特に緊急事態宣言などで、学校の休校期間が長くなり、在宅で過ごす時間が増えたことで、子どもたちの「食」への見方が大きく変わりました。

 最優秀賞に輝いた鳥栖市の麓小学校1年生の堤奏介くんは、コロナ禍でなかなか外出ができず、大好きなおばあちゃんに会えないことに寂しさを感じつつも、「お母さんが作ったハヤシライスを家族といっしょに食べると、美味しくてみんな笑顔になった」と食卓の楽しさを再発見した内容です。

 最優秀賞をはじめ、「食」に対する子どもたちの切実な思いを標語に託した24点を選び、4月から始まる2021年度カレンダーに掲載しています。カレンダーは県内の新小学1年生約7500人全員に配布しました。また、「かんたん!免疫力アップ料理」の月別のレシピを載せるなど、子どもたちの健やかな成長とともに、食卓を通して家族の絆も深まればと願っています。

 

お問い合わせ

〒840-8585 佐賀市天神3-2-23
佐賀新聞社営業局広告部
電話:0952-28-2141 FAX:0952-29-4709
メール:dan-ran@saga-s.co.jp