じっくり

<佐賀県高校総体2022>テニス・佐賀商男子、粘って初優勝

伊藤・手塚組、歓喜の抱擁
相手の返球がネットに掛かると、佐賀商3年の伊藤旭飛・手塚優斗組はコート上で抱き合って喜びを爆発させた。テニス男子団体決勝は佐賀商が佐賀西に2―1で競り勝ち初優勝。伊藤は「みんなの応援がなかったらくじけていた。

<佐賀県高校総体2022>全国懸け若人熱戦 3年ぶりに開会式も

高校スポーツの祭典、第60回佐賀県高校総合体育大会が27日、開幕した。新型コロナウイルスの影響で、2年連続中止となっていた総合開会式を実施。

<佐賀県高校総体2022>テニス・佐賀商女子3大会連続制覇 「強気」合言葉、重圧はね返す

○…テニス女子団体は、佐賀商が「強気」を合言葉に3大会連続5度目の優勝を飾った。白武稔康監督は「優勝を続けるプレッシャーがあったと思う」と選手をおもんぱかり、健闘をねぎらった。 迎えた決勝戦。

<佐賀県高校総体2022>新体操 佐賀女子、ノーミスで栄冠

○…ノーミスで演技を終えた佐賀女子のメンバーは安どの表情見せた。新体操女子団体は佐賀女子が29・700点をマーク。チームリーダーの松本愛美は「今日の演技は今やれることはすべて出し切った。

<佐賀県高校総体2022>新体操男子・神埼清明優勝、息ぴったり

○…新体操男子団体は、全国選抜を制した神埼清明が16・600点で優勝。主将の川内珠羅は「選抜ではミスがいくつかあったが、今回は大きなミスなくやれた」と振り返った。

<佐賀県高校総体2022>自転車・小林(龍谷)スプリントで優勝

○…自転車男子スプリント決勝は龍谷1年の小林優太が11秒81で優勝した。小林は「1位を取れてうれしいが、ラストがあまり良くなかった」と喜びと反省が相半ばした表情を見せた。 決勝は2年の松尾研司との龍谷勢対決。

<佐賀県高校総体2022>バドミントン女子団体・佐賀女子が完全優勝

○…「最初からガツガツいけた」「向かう気持ちで打てた」―。バドミントン女子団体決勝は、佐賀女子が唐津南をストレートで下し、3大会連続の優勝を飾った。

<佐賀県高校総体2022>柔道男子団体・佐賀商男子4連覇 チーム一丸再び全国に

優勝が決まると選手たちからはうれし涙があふれた。佐賀商が“四つ巴”の熾烈(しれつ)な優勝争いを制し、柔道男子団体4連覇を達成。
記事一覧
イチオシ記事