新型コロナウイルス 今後の見通し

新型コロナウイルス 今後の見通し

 新型コロナウイルスの感染が世界で拡大するなか、政府の感染症対策専門家会議は5月1日、国内の状況を分析した結果から今後の見通しを示しました。

感染リスクが高まる「5つの場面」

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が、感染リスクが高まる「5つの場面」とリスクを下げるための工夫を発表しました。

「GoToイート」何がお得?

 「Go To キャンペーン」4つの事業のうち、「Go To イートキャンペーン」について解説します。

「新しい生活様式」って何?

 厚労省は5月4日、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえ、感染症対策に基づいた「新しい生活様式」の実践例を示しました。

外食・買い物で気をつけること

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されました。政府は、「新しい生活様式」をもとに、国民に感染予防を心がけた行動を求めています。

人との接触を「8割減らす」には

 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、「人との接触を8割減らす、10のポイント」を発表。基本的な感染症対策として、手洗いや咳エチケット等の重要性や「3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)」の回避などを呼びかけています。
 これに加え、新たに以下の10のポイントが示されました。

家族が感染したら?注意と8つのポイント

 厚労省は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための指針をホームページで公開している。家族に感染が疑われる場合の注意と8つのポイントは以下の通り。

政府の段階的移行スケジュールとは

  政府は5月25日、新型コロナウイルス感染症対策のための緊急事態宣言を解除しました。基本的対処方針が改定され、「新しい生活様式」の定着などを前提として一定の移行期間を設けました。社会経済の活動レベルは段階的に引き上げられます。

10万円給付Q&A

 国は、全国民に一律10万円の給付を決定。総務省はこの特別定額給付金(仮称)事業について、いつ、誰に、どのような方法でなど、概要を発表しました。

施設や学校への影響

 緊急事態宣言で暮らしはどうなるのか、施設や学校の情報などをまとめています。

イベント中止情報

 イベントや行事の中止情報を随時更新しています。

新型コロナウイルス感染症に係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-565-653(受付時間:9時~21時)
 

佐賀県 受診・相談センター

発熱等の症状がある方
電話:0954-69-1102

その他一般相談
電話:0954-69-1103
※受付時間:年中無休 午前8時半から午後8時まで
 

外国人相談窓口

 佐賀県は、新型コロナウイルス感染症に関する外国語の専用相談ダイヤルを運用している。電話すると通訳を介し県内の各保健福祉事務所などの相談窓口に三者通話でつながる。

 専用相談ダイヤルは電話:092(687)5535
18言語で24時間対応(土日・祝日含む)。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等情報(ガイドブック)

佐賀行政監視行政相談センター
https://www.soumu.go.jp/kanku/kyusyu/saga.html
 

イチオシ記事
 
おすすめコンテンツ