新型コロナウイルス 相談・治療

佐賀県内 患者発生・検査状況

37.5度超4日以上、だるさ…感染したら? 保健事務所にまず相談

 

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が国内外で拡大する中、佐賀県は県内で患者が発生した場合に備えた基本的な手順を作成している。県健康増進課に取材し、感染を疑う場合の相談、診察、検査の流れをまとめた。

 

 

家族が感染したら?注意と8つのポイント

 厚労省は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための指針をホームページで公開している。家族に感染が疑われる場合の注意と8つのポイントは以下の通り。

新型コロナウイルス感染症に係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-565-653(受付時間:9時~21時)
 

佐賀県電話相談窓口(コールセンター)

電話:0952(25)7485
ファクス:0952(25)7263
※受け付け:午前8時半から午後9時まで、土日祝日を含む
 

佐賀県内の相談窓口(症状がある場合)

  • 佐賀中部保健福祉事務所 0952-30-3622
  • 鳥栖保健福祉事務所 0942-83-2161
  • 唐津保健福祉事務所 0955-73-4186
  • 伊万里保健福祉事務所 0955-23-2101
  • 杵藤保健福祉事務所 0954-22-2104

※対応時間:平日 8時30分~17時15分。緊急時は、時間外でも警備会社経由で対応。

外国人相談窓口

 佐賀県は、新型コロナウイルス感染症に関する外国語の専用相談ダイヤルを運用している。電話すると通訳を介し県内の各保健福祉事務所などの相談窓口に三者通話でつながる。

 専用相談ダイヤルは電話092(687)5535。18言語で24時間対応(土日・祝日含む)。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等情報(ガイドブック)

佐賀行政監視行政相談センター
https://www.soumu.go.jp/kanku/kyusyu/saga.html
 

イチオシ記事
 
おすすめコンテンツ