新型コロナウイルス(新型肺炎)特集

佐賀県内 患者発生・検査状況

※4月5日9時30分現在(佐賀県発表)

患者発生状況 8人
検査状況 207人(うち陽性 8件、陰性 199件)

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)

世界保健機関(WHO)によると、感染から発症するまでの潜伏期間は1~12.5日。発熱やせきなどの症状が出て、肺炎を起こすことがある。感染しても症状が出ない人もいる一方、糖尿病などの持病がある人や高齢者は重症化しやすいとされている。

「クラスター」「オーバーシュート」って何?

 「クラスター」に「オーバーシュート」―。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、さまざまな専門用語が公的に使われている。ただ、国民の多くは聞き慣れておらず、正確な意味が伝わっていない恐れも。政府内からも分かりやすさを求める声が上がっており、日本語表現に変更される可能性もある。

正しい手洗いのポイント 30秒かけて念入りに

新型肺炎やインフルエンザは、ウイルスの付いた手で口や鼻を触ることで感染する可能性があるが、正しい手洗いでリスクを大きく減らせる。厚生労働省などの資料を基にポイントを紹介する。

マスクない時の予防策 顔は触らず、手を洗おう

 新型肺炎の感染者増加を受けて予防のためのマスク需要が高まり、売り切れや高額での転売も報じられている。マスクを入手できなかった場合、対策はどうすればいいだろう。

37.5度超4日以上、だるさ…感染したら? 保健事務所にまず相談

 

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が国内外で拡大する中、佐賀県は県内で患者が発生した場合に備えた基本的な手順を作成している。県健康増進課に取材し、感染を疑う場合の相談、診察、検査の流れをまとめた。

新型コロナウイルス感染症に係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-565-653(受付時間:9時~21時)
 

佐賀県電話相談窓口(コールセンター)

電話:0952(25)7485
ファクス:0952(25)7263
※受け付け:午前8時半から午後9時までで、土日祝日を含む
 

佐賀県内の相談窓口(症状がある場合)

  • 佐賀中部保健福祉事務所 0952-30-3622
  • 鳥栖保健福祉事務所 0942-83-2161
  • 唐津保健福祉事務所 0955-73-4186
  • 伊万里保健福祉事務所 0955-23-2101
  • 杵藤保健福祉事務所 0954-22-2104

※対応時間:平日 8時30分~17時15分。緊急時は、時間外でも警備会社経由で対応。

外国人相談窓口

 佐賀県は、新型コロナウイルス感染症に関する外国語の専用相談ダイヤルを運用している。電話すると通訳を介し県内の各保健福祉事務所などの相談窓口に三者通話でつながる。

 専用相談ダイヤルは電話092(687)5535。18言語で24時間対応(土日・祝日含む)。

Q:濃厚接触とは? A:同じ空間で長時間一緒

濃厚接触の例

  • 同居する
  • 車や航空機なども含め長時間一緒にいる
  • 防護なしの医療行為
  • 体液などに直接触れる可能性が高い環境にいる

現状と今後の予防策 青木洋介教授(佐賀大医学部)

 新型コロナウイルスの感染が国内で拡大している。感染症学が専門の佐賀大学医学部の青木洋介教授に、現状や今後の対策の在り方を聞いた。

 新型コロナウイルスの現状は、封じ込められる可能性がある段階と、封じ込められない段階の間にある。2009年に流行した新型インフルエンザは最初に若い世代が感染したが、今回は高齢者に多い。インフルエンザと比べると、重症化する人はやや多い印象がある。今後どのような感染症になるか分からず、感染対策に20年程度関わってきたが、初めてのタイプだ。

イベント中止・延期情報

新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止・延期される佐賀県内のイベント情報をまとめた。

施設休業情報

新型コロナウイルス感染拡大の影響により休業している施設の情報をまとめた。

臨時休校情報

佐賀県内の小中高校、特別支援学校の臨時休校情報についてのまとめ

学童情報

佐賀県内・各自治体の学童情報まとめ

イチオシ記事
 
おすすめコンテンツ