新型コロナウイルス(新型肺炎)特集

佐賀県のワクチン接種状況

※9月23日時点

 1回接種:61.0%
 2回接種:52.8%
 ※政府のデータより。医療従事者は含まれていない。接種率は住民基本台帳(2020年1月)の人口で算出。

感染状況「ウイルスボード」

 佐賀県内での新型コロナウイルスの感染状況を県がまとめた「ウイルスボード」のデータです。県のウェブサイトで公開されています。直近1週間の感染者数や検査状況が確認できます。通常背景は青色で、状況に応じて色が変わります。

佐賀県新型コロナウイルスボード

佐賀県内 患者発生・検査状況

※9月24日(佐賀県発表)
検査陽性者の状況
本日の感染確認 5人
検査件数 119件
病床使用数(率)  38/434 床(8.8%)
うち重症者用病床(率)  1/48 床(2.1%)
ホテル使用数(率)  37/495 室 (7.5%)
自宅療養者 0人
重症者 1 人
中等症 22人
県内感染状況(累計)
感染者(※1) 5,697人
総検査数   97,989人 
陽性率  5.8%
死亡者 29人
  • ※1:再陽性者5人(男性3人、女性2人)を含む延べ人数。

 

感染状況を判断するステージとは(COVID19)

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が2020年8月に提言した、各都道府県が感染状況を判断する目安。

 ステージ1 :感染者の散発的発生、及び医療提供体制に特段の支障がない
 ステージ2 :感染者の漸増、及び医療提供体制への負荷が蓄積する段階
 ステージ3 :感染者の急増、及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階
 ステージ4 :爆発的な感染拡大、及び深刻な医療提供体制の機能不全を避けるための対応が必要な段階

 ステージが変わる目安として、
①病床のひっ迫具合
②療養者数
③PCR陽性率
④新規報告数
⑤直近1週間と先週1週間の比較
⑥感染経路不明割合
 上記6つの指標が提示されている。

ワクチンについて

 新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、接種が受けられる時期や受けられる場所、対象者と優先順位などについてまとめました。

3つの「密」 「三密」なぜ駄目? 集団感染起きやすい

 密閉、密集、密接。新型コロナウイルス感染症の予防を巡り、政府や自治体はこれら三つの「密」を避けてほしい、と繰り返し呼び掛けている。

「クラスター」「オーバーシュート」って何?

 「クラスター」に「オーバーシュート」―。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、さまざまな専門用語が公的に使われている。ただ、国民の多くは聞き慣れておらず、正確な意味が伝わっていない恐れも。政府内からも分かりやすさを求める声が上がっており、日本語表現に変更される可能性もある。

まん延防止等重点措置

相談窓口

新型コロナウイルス感染症に係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-565-653(受付時間:9時~21時)
 

佐賀県 受診・相談センター

発熱等の症状がある方
電話:0954-69-1102

その他一般相談
電話:0954-69-1103
※受付時間:年中無休 午前8時半から午後8時まで
 

外国人相談窓口

 佐賀県は、新型コロナウイルス感染症に関する外国語の専用相談ダイヤルを運用している。電話すると通訳を介し県内の各保健福祉事務所などの相談窓口に三者通話でつながる。

外国語の専用相談ダイヤル
電話:092(687)5535
18言語で24時間対応(土日・祝日含む)。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等情報(ガイドブック)

佐賀行政監視行政相談センター
https://www.soumu.go.jp/kanku/kyusyu/saga.html
 

イチオシ記事
 
おすすめコンテンツ