創刊140周年 感謝を込めて ワクワクと感動を 記念事業多彩に

佐賀新聞社は明治17(1884)年8月1日の創刊から今年、140周年を迎えます。
スポーツ、文化、芸術をはじめ多彩な記念事業を展開します。大学ラグビー伝統の一戦「早慶戦」や、ピアニスト辻井伸行さんと英国最古の名門管弦楽団との共演、桃山時代の都の世界観を体感できる展覧会など主な記念事業を紹介します。
140年の歴史を胸に、この他にも新たな事業を企画、随時発表していきます。

各イベントの詳細は決まり次第お知らせします。

 大学ラグビー早慶戦

 2024年5月5日(日祝)SAGAスタジアム

大学ラグビー伝統の一戦「早稲田大学vs慶応義塾大学」が佐賀で実現します。改修されたSAGAスタジアムで初めて行う有料試合では、来場者に両校を応援できるクラップバナーのプレゼントや、子ども向けのラグビー体験会の実施、キッチンカーエリアも設けて、親子連れやビギナーもラグビーを存分に楽しめます

【チケット発売開始】2月21日
SS席3,000円、SS席ペア5,000円
S席一般2,000円、S席中高生1,000円
A席一般1,500円、A席中高生500円
ピッチサイドシート限定100席5,000円
※SS席~A席は自由席、ピッチサイドシートは指定席
※いずれも前売り価格

※詳細は 特設ウェブサイトから
 

 辻井伸行さん公演

 2024年5月11日(土)佐賀市文化会館

辻井伸行
ⓒYuji Hori

セキスイハイム presents ドミンゴ・インドヤン指揮
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
ピアノ:辻井伸行
ピアニスト辻井伸行さんが、英国最古の歴史を誇る名門ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の3度目の来日ツアーに共演します。辻井さんはラフマニノフピアノ協奏曲第3番を演奏。ツアーは佐賀をスタートし、サントリーホールなど5会場6公演が行われます。

※読者先行予約1月4日~10日、一般発売1月21日から。
 SS席:23,000円 S席:20,000円
 A席:17,000円 B席:14,000円
 高校生以下はSS席を除く各席より半額

※詳細は 特設ウェブサイトから
 

 立体切り絵SouMaの世界展

2024年7月4日(木)~8月4日(日) 佐賀県立美術館

立体的に幾重にも重なった複雑で繊細な美しい作品を生み出す立体切り絵作家SouMaさん(島根県在住)。描線を紙から切り抜いてつくる従来の切り絵を超え、切り絵とは思えない目を見張る作品ばかりです。嬉野市鍋野の手漉き和紙を使った作品や佐賀から着想した作品も含む80~100点を展示します。
 

 桃山三都 -京都・大坂・名護屋-

 2024年12月6日(金)~2025年1月29日(水) 佐賀県立美術館

写真提供:佐賀県

桃山時代の都の世界観を体感できる展覧会で、豪華絢爛な図屏風や名護屋城博物館の黄金の茶室のほか、複製文化財や映像文化財も取り入れて、豊臣秀吉の理想郷とも言える三つの都を40点ほどの作品で追体験します。
※詳細発表は4月以降
 

 140周年イベント実施

創刊140周年を記念して、11月に佐賀新聞社周辺(どん3の森など)で、マルシェや野外コンサートのほか、140年の歴史を刻んできた紙面を使った催しなどを計画。家族で楽しめる子育て支援イベント「ばぶばぶフェスタ」と同時開催する予定です。

読者限定企画も盛りだくさん

■ご愛読感謝懸賞ボリュームアップ!

 日ごろのご愛読に感謝し、これまでの「選べるおいしい佐賀」「選べるさがタビ」をさらにボリュームアップし、オリジナル景品や読者参加型賞品が当たる懸賞企画を実施します。創刊記念に合わせ、読者の皆さまにお楽しみいただけるお得なプレゼントをお贈りします。

■スポーツ観戦ご招待などグレードアップ!

 県内トップチームをはじめとしたスポーツ観戦ご招待企画などをグレードアップします。今年は国民スポーツ大会が県内で開かれる記念の年。スポーツをメインに、読者の皆さまと一緒に盛り上がれる多彩な体験型企画を計画しています。

■140周年地域貢献事業を展開

 佐賀新聞販売店(県内80店)でつくる販売店会佐賀会では、周年事業の地域貢献活動として1976年の佐賀国体以来、テントや佐賀の民話紙芝居の贈呈を行ってきました。140周年の今年も、贈呈事業など地域にお役にたてる各種イベントを展開していきます。

 

☎イベントに関するお問い合わせ
佐賀新聞プランニング 電話0952-28-2151(平日9:30~17:30)※年始は1月4日から営業します。

☎ご購読に関するお問い合わせ
佐賀新聞社販売局 フリーダイヤル0120-0845-34(9:00~18:00)